ホーム > 企業情報 > お客様満足の向上を目指して > CSプログラム

CSプログラム

富士ゼロックスでは、お客様に提供する商品や営業活動などを評価いただく「CS調査」を1975年から継続しています。現在、CS調査は年間活動のレビューに使用する「企業比較CSプログラム」と、当社のユーザーから個別に評価いただく「富士ゼロックスユーザーCSプログラム」の二つのプログラムで構成しています。この二つのプログラムを、定期的かつ継続的に行うことにより、業務プロセスや仕組みを改善して、より高いCSの実現や長期的な信頼関係の構築に役立てています。

これらの調査結果は富士ゼロックスの活動や提供価値に対する率直なお客様の声であり、直接お客様を担当する営業部門や保守部門だけでなく、開発部門へもフィードバックし、新しい商品開発に反映しています。

主要なCSR指標一覧」も併せてご覧ください。

2015年度のお客様満足度調査実施状況
調査 件数
企業比較CSプログラム 約17,500件
富士ゼロックスユーザーCSプログラム 約55,000件

今後の方向性

当社が基盤とする複合機の領域だけでなく、ソリューション・サービス領域においても、ベストパートナーを目指し、スピードを上げてCS向上に取り組んでいきます。
具体的には、お客様との接点で働く当社の従業員に寄せられたお客様の声、公式ホームページに寄せられたお客様の声、さらに当社が独自に実施しているCS調査や外部機関のCS調査で明らかになった当社へのご意見やご要望などを、総合的に管理する基幹システム(iVOC)を仕組みとして活用しながら、商品開発、マーケティング、営業などの活動に反映していきます。
また、教育・研修や企業風土改革運動により、当社の従業員一人ひとりがお客様に向けた行動変革を進め、国内・海外を含めたお客様のベストパートナーとして、お客様のビジネス成長に貢献していきます。