ホーム > 企業情報 > CSRの取り組み > CSR基本方針

CSR基本方針

富士ゼロックスは、理念「私たちが目指すもの」を実現するために企業が備えるべき「企業品質」の追求が、私たちのCSRであると考えています。2007年7月に、CSRへの考え方を整理し、富士ゼロックスおよび関連会社が一丸となって活動を推進するためにCSR基本方針を策定しました。

CSRの基本方針

  1. 基礎的企業品質の徹底
  2. お客様を最優先した活動
  3. 対象範囲の拡大

基礎的企業品質の徹底

富士ゼロックスは、企業品質を「基礎的企業品質」と「魅力的企業品質」の二つに分けて考えています。基礎的企業品質とは、法令遵守や利益創出など、社会からの要請に対して企業としての基本的な品質を満たすレベルの品格と能力です。魅力的企業品質とは、卓越した価値の提供を可能とする品格と能力です。魅力的企業品質を高いレベルで実現していても、コンプライアンスなど土台の部分が実現できていなければ、企業としての責任を社会に果たしているとは言えません。そのため、まず基礎的企業品質を徹底したうえで、富士ゼロックスならではの価値を創出する魅力的企業品質を追求していきます。

企業品質の向上がステークホルダーに価値を提供

お客様を最優先した活動

売上や利益の多くをアフターサービスに依存する富士ゼロックスにとって、お客様との永続的な関係性は事業基盤そのものです。また、富士ゼロックスのお客様である企業の企業品質向上(CSRの向上)をサポートすることにより、そのお客様の先のステークホルダーに対しても価値創出が可能だと考えています。環境配慮型商品をはじめ、社会の課題解決につながる商品やサービスの提供を通じて、私たちはすべてのステークホルダーに配慮しつつ、お客様を最優先して活動します。

お客様への価値提供がその先のステークホルダーへの価値提供につながる

対象範囲の拡大

企業品質の基本概念は、企業を社会の公器として認識することから始まっています。富士ゼロックスのCSRはその対象範囲を自社内にとどめず、取引先、そしてお客様から社会にまで広げて、社会に貢献する範囲の拡大を目指していきます。

CSRの対象範囲の拡大