ホーム > 企業情報 > イベント情報 > Fuji Xerox Art Space(版画ギャラリー) > 最新の展覧会

最新の展覧会

Fuji Xerox Art Space

ミシェル・ビュトールと美術家たちのアーティストブック展 2016.5.13(Fri)-2016.7.22(Fri)

今回の「ミシェル・ビュトールと美術家たちのアーティストブック展」では、戦後フランスを代表する作家の一人であるミシェル・ビュトールが、美術家たちと共同で制作したさまざまなアーティストブックを展示いたします。

ミシェル・ビュトールは「ヌーヴォー・ロマン」(新しい小説の意。戦後フランスの前衛的な小説群およびその作家たちを指す言葉)の旗手の一人と目され、小説『心変わり』(1957年)でフランスの最も権威ある文学賞のひとつであるルノドー賞を受賞しました。その後小説の著述から離れ、「書物(ブック)」という表現形態の新たな可能性を探求し、美術家たちと共同でアーティストブックを多数制作しました。作家と美術家の共同制作では作家の詩や文章に美術家がイメージを添えたものが多い中で、ビュトールは、そのようなコラボレーションのあり方にとどまらず、多彩な装いの「ブック」を作り出しました。美術家のコラージュ(貼り絵)にビュトール自身が手書きで文章を書き込み、蛇腹状に装丁した作品、ビュトールの文章を砂とともに瓶につめた作品、ビュトールが考案した言葉遊びのカード群にポスターを組み合わせた作品、文章とともに雑多なオブジェをボックスに収めた作品など、実験的な「ブック」に対する試みが随所に見られます。

ミシェル・ビュトールと美術家たちの手による多種多様なアーティストブックを、どうぞお楽しみください。

ミシェル・ビュトール
『春の巻物五本』
シルクスクリーン、デコパージュ
1984年
ミシェル・ビュトール/ピエール・アレシンスキー
『詩「ドン・ファン」のための素材』
シルクスクリーン、ミクスト・メディア
1977年

会場および日程

  • 会場:
    富士ゼロックス・アートスペース
    (Fuji Xerox Art Space)
    〒220-8668 神奈川県横浜市西区みなとみらい六丁目1番
    富士ゼロックス R&D スクエア 1F
    地図
  • 日程:2016年5月13日(金)~7月22日(金)
  • 開館時間:平日11:00~19:00(最終入館は閉館15分前まで)
  • 休館日:土・日・祝日
    • 5月14日(土)~6月5日(日)までの土・日・祝日は開館いたします
  • 入場料:無料

展示作品

制作者: ミシェル・ビュトールと美術家たち
作品名: 100の本・100の美術空間
制作年: 1962-1988年
技 法: アーティスト・ブック

Fuji Xerox Art Spaceの全景

ミシェル・ビュトール (1926- ) プロフィール

略歴

1926年 フランスに生まれる
1946年~49年 パリ大学文学部で哲学を学ぶ
1954年 小説『ミラノ通り』を発表
1957年 小説『心変わり』でルノドー賞を受賞
1962年 詩画集『出会い』を刊行し、この後、アーティストブックを数多く制作する
1989年 来日を機に、西武アート・フォーラムで「ミシェル・ビュトールとその画家たち 100の本・100の美術空間」展が開催(今回の展示作品と同一の作品が展示されました)

4月23日(土)から6月5日(日)まで横浜美術館で開催中の「複製技術と美術家たち」展に、富士ゼロックス版画コレクションから約350点を出品しています。
横浜美術館の企画展には出品していないミシェル・ビュトールと美術家たちが制作した作品、しかも企画展に出品されている他の作家のアーティストブックとは異なる多種多様で実験的なアーティストブックをあえて展示することで、富士ゼロックス版画コレクション収蔵作品の広がりと奥行きを感じ取っていただければと思います。

横浜美術館企画展については、右のURL参照。http://yokohama.art.museum/

富士ゼロックス版画コレクションについて

絵画・彫刻・版画等、美術作品は私たちの生活を豊かにし、観る者の心を高揚させ、あるいはその心を静謐な精神世界に導いてくれます。その一方で、今までの歴史を振り返ってみますと、洋の東西を問わず、その時代や地域、人々の生活、世界観、そしてその時代の進む方向を映す鏡ともなってきました。言いかえれば、美術作品はその時代固有の姿を眼に見えるかたちで伝えるドキュメントとして、後の人々に時代や歴史を検証する重要な手掛かりを与えてくれているのです。

1988年、富士ゼロックスは社会貢献・文化活動の一つとして、事業の根幹をなす印刷・複製技術「ゼログラフィー」とも関係の深い版画作品を中心とした美術作品の蒐集を始めました。コレクションの開始から25年以上が経ち、現在では900点を超える作品が収蔵されています。