ホーム > 企業情報 > イベント情報 > 横浜美術館「複製技術と美術家たち」展

横浜美術館「複製技術と美術家たち」展

富士ゼロックス版画コレクション×横浜美術館
「複製技術と美術家たち ― ピカソからウォーホルまで」

富士ゼロックスは、横浜美術館で開催される企画展「富士ゼロックス版画コレクション×横浜美術館 複製技術と美術家たち ― ピカソからウォーホルまで」に協賛し、版画コレクションの作品 約300点を出品いたします。

会期 2016年4月23日(土)から6月5日(日)
休館日 毎週木曜日(ただし5月5日(木・祝)は開館)、5月6日(金)
開館時間 10:00-18:00(入館は17:30まで)

チケット料金、ならびに企画展の詳細は横浜美術館ウェブサイトをご参照ください。
http://yokohama.art.museum/

富士ゼロックスは社会貢献・文化活動の一つとして、事業の根幹をなす印刷・複製技術「ゼログラフィー」とも関係の深い版画を中心とした美術作品の蒐集を1988年から始めました。所蔵作品950点余のうち、このようにまとまった形で作品が展示されるのは、「複製技術と美術家たち」展が初めてとなります。
また、本展では富士ゼロックスが提供するクラウド発信型音声ガイドサービス「SkyDesk Media Trek」を活用し、来場者自身のスマートフォンやタブレット端末で作品解説を楽しむことができる音声ガイド(無料)を提供します。
さらに、会期中に横浜美術館 子どものアトリエ・市民のアトリエで開催されるワークショップでは、富士ゼロックスの最新のデジタルカラー印刷と手仕事を融合した作品づくりを参加者に楽しんでいただく企画も用意しています。

富士ゼロックスが提供するサービスについては こちらをご参照ください。

横浜美術館企画展への出品とサービス提供についてのお知らせ