ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します
現在地表示を省略する
ここから本文

DocuWorksに関する不具合のお知らせ

2008年5月19日

お客様各位



このたび、DocuWorksの機能の一部を使用中にデータ消失を伴う不具合が発生することがわかりました。つきましては、以下に説明いたします「不具合の内容」および、「発生するバージョン」をご確認のうえ、「解決方法」でご案内する方法により、DocuWorksを更新してくださいますようお願い申し上げます。

お客様には大変ご迷惑をおかけしますことをお詫び申し上げますとともに、品質向上に努めて参りますので、ご理解を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。


【不具合の内容】
  • DocuWorks Viewerで、[複製を開く]を実行し、新しく開いたDocuWorks Viewerウインドウで別のファイルを開いた後にファイルを閉じると、閉じたファイルが格納されているフォルダーとフォルダー内のファイルが消失します。
  • DocuWorks Deskで、ドラッグ&ドロップ操作でリンクフォルダーをまたがってフォルダーを移動するとき、移動処理に失敗すると、移動対象のフォルダー内のファイルが消失することがあります。
ページのトップへ

【発生するバージョン】

本不具合が発生する商品(バージョン)情報を以下に記します。

ソフトウェア名称 不具合 バージョン
4.x 以前 5.x 6.x
DocuWorks 日本語版
(商品版および体験版)
A 発生しません。 5.0.0~5.0.9のバージョンで発生します。 6.0.0~6.2.3のバージョンで発生します。
B 発生しません。 発生しません。 6.0.4~6.2.3のバージョンで発生します。
DocuWorks English
(商品版および体験版)
A 発生しません。 5.0.2~5.0.6のバージョンで発生します。 6.0.1~6.2.3のバージョンで発生します。
B 発生しません。 発生しません。 6.0.3~6.2.3のバージョンで発生します。

注:上記以外のDocuWorks無償ソフトウェア(DocuWorks Viewer Lightなど)では発生しません。


DocuWorksのバージョンは、以下の方法で確認することができます。
  1. DocuWorks DeskまたはDocuWorks Viewerを起動します。
  2. [ヘルプ]メニューから、[バージョン情報]を選択します。
  3. 表示された[バージョン情報]ダイアログで、バージョン情報を確認します。
  4. 確認したら、[OK]ボタンを押してダイアログを閉じます。
ページのトップへ

【解決方法】

以下のアップデートファイルをダウンロードし、リリースノートに記載された手順に従って、DocuWorksを更新することを強く推奨します。

ソフトウェア名称 バージョン
5.x 6.x
DocuWorks 日本語版
(商品版)
DocuWorks 5.0.10 以降にアップデートしてください。
(ダウンロードはこちら)
DocuWorks 6.2.4以降にアップデートしてください。
(ダウンロードはこちら)
DocuWorks English
(商品版)
DocuWorks 5.0.7以降にアップデートしてください。
(ダウンロードはこちら)
DocuWorks 6.2.4 以降にアップデートしてください。
(ダウンロードはこちら)
DocuWorks 日本語版
(体験版)
DocuWorks 6.2.4 以降の体験版をご利用ください。
(ダウンロードはこちら)
DocuWorks English
(体験版)
DocuWorks 6.2.4 以降の体験版をご利用ください。
(ダウンロードはこちら)

注: お客様のご事情により、更新ができない場合には下記の「制限事項」をご確認ください。


不具合Aの制限事項
  • DocuWorks Viewerの[ファイル]メニューの[複製を開く]は使用しないでください。DocuWorksファイルをDocuWorks Deskまたはエクスプローラーで手動にてコピーしてから開いてください。
  • もしくは、[複製を開く]を実行することで開いた複製モードViewer(タイトルに“複製”と表記されています)で別のDocuWorksファイルを開かないでください。複製DocuWorksファイルの参照が済み次第、複製モードViewerは閉じてください。

不具合Bの制限事項
  • DocuWorks Desk上で、ドライブやリンクフォルダーをまたがった「ドラッグ&ドロップ移動」を実行しないてください。
  • 常にCtrlキーを押しながら「ドラッグ&ドロップコピー」し(カーソルがプラス(+)表示になっています)、コピー完了確認後、手動で移動元を削除してください。
  • あやまって「ドラッグ&ドロップ移動」を実行してしまった場合、処理開始前に確認メッセージが出ますので、「いいえ」を押して「ドラッグ&ドロップ移動」をキャンセルしてください。

ページのトップへ

ここまで本文

このページのトップへ