ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します

ApeosWare Flow ServiceおよびCentreWare Flow Serviceの
不具合に関するお知らせ

2009年11月19日
2010年8月13日 更新
2010年9月10日 更新
2011年1月17日 更新注1




弊社ソフトウェア商品ApeosWare Flow ServiceまたはCentreWare Flow Serviceをご利用の際、ある特定の条件下においてのみ、入力された文書が消失し、さらに文書が本来処理されるべきルールで処理されずに別のルールで処理される不具合があることが分かりました。例えば、ルールにファクス送信機能が設定されていると、文書が本来送信されるべき宛先とは別の宛先にファクス送信されるという現象が発生します。つきましては、本不具合を修正したソフトウェアに更新してくださいますよう、お願い申し上げます。

お客様には大変ご迷惑をおかけしますことをお詫び申し上げますとともに、品質向上に努めて参りますので、ご理解を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

【不具合が発生するバージョン】
  • ApeosWare Flow Service 1.0~1.2.5(A009-01)
  • CentreWare Flow Service 1.0R1~2.2.1SP1(C009-01)
【不具合が発生する条件】
下記(1)~(3)の条件すべてに該当した場合、本不具合が発生する可能性があります。

(1)共存しているソフトウェアに関する条件
<現時点で判明しているソフトウェア>
ApeosWare Flow ServiceまたはCentreWare Flow Serviceが稼動しているPC上で次のいずれかのソフトウェアがインストールされ、かつ起動している場合。
  • Microsoft® SQL Server® 2005 SP3以降(すべてのエディション)
  • Microsoft® SQL Server® 2008以降(すべてのエディション)
  • Windows Media® Player
  • Adobe® Flash® Player
(2)ApeosWare Flow ServiceおよびCentreWare Flow Serviceのルールに関する条件
3種類の取り込み元の機能(親展ボックス入力、フォルダー入力、ジョブフロー連携)のうち、2種類以上の取り込み元の機能が、ひとつまたは複数のルールに設定され、稼働している場合。

(3)文書の入力条件
異なる種類の取り込み元の機能が設定されているルールで、ほぼ同時(約0.01秒以内)に文書が入力された場合。

【不具合の内容】
上記(1)~(3)のすべての条件に該当する場合、ほぼ同時(約0.01秒以内)に入力された2つの文書のうちのどちらかが消失します。この場合、消失しなかった方の文書が本来処理されるべきルールで処理されずに別のルールで処理されることがあります。

<具体例>
親展ボックス入力が設定されたルール(以下ルールA)とフォルダー入力が設定されたルール(以下ルールB)でほぼ同時(約0.01秒以内)に文書が入力された場合、ルールBで入力された文書が消失し、さらにルールAで入力された文書が、ルールAでは処理されずに、ルールBで処理されます。ルールBの配信先にファクス送信機能が設定されていた場合、ルールAで入力された文書が、本来送信されるべき宛先とは別の宛先にファクス送信されるという現象が発生します。

【解決方法】
以下のアップデートモジュールをダウンロードし、Readmeに記載された手順に従って、ApeosWare Flow Serviceまたは、CentreWare Flow Serviceを更新してください。
注1 ApeosWare Flow ServiceアップデートモジュールA009-03以降で本不具合は修正されています。
注2 CentreWare Flow ServiceアップデートモジュールC009-02をインストールするためには、CentreWare Flow Service 2.2.1 SP1以上である必要があります。これよりも古いバージョンの場合は、まず対象のアップデートパッケージをダウンロードして、CentreWare Flow Service 2.2.1 SP1以上にアップデートしてください。

◆ 本件に関する問い合わせ先
ソフトウェアサポート契約をご利用のお客様は、専用窓口までお問い合わせください。
ソフトウェアサポート契約について
注意
リリースやお知らせに記載しているリンク先は、予告なく閉鎖される場合がありますので、予めご了承ください。


ここまで本文

このページのトップへ