ホーム > 企業情報 > 商品に関する重要なお知らせ > マイクロソフト社セキュリティ更新プログラム(2017 年 8 月のセキュリティ更新プログラム)の弊社プリンタードライバーとファクスドライバーへの影響について

マイクロソフト社セキュリティ更新プログラム(2017 年 8 月のセキュリティ更新プログラム)の弊社プリンタードライバーとファクスドライバーへの影響について

2017年10月30日

2017年8月9日にマイクロソフト社から公開されたセキュリティ更新プログラム(2017 年 8 月のセキュリティ更新プログラム)を適用した環境で、弊社製のプリンタードライバーまたはファクスドライバーをご使用のうえ、弊社製品から出力する場合、正常に出力されない不具合が発生することを確認しました。 なお、今回の不具合は9月以降公開のセキュリティ更新プログラムでも発生します。

現在、マイクロソフト社と情報交換し、原因の調査および対策の検討を行っております。原因の特定および対策の準備が整い次第、改めてお知らせいたしますので、何卒ご理解のほど、お願い申し上げます。

対象ドライバー

不具合の概要

【環境条件】

Windows 7、Windows Server 2008 R2 以降のOSにおいて、2017年8月9日にマイクロソフト社から公開されたセキュリティ更新プログラムを適用した環境

【対象ドライバー】

上述のプリンタードライバーまたはファクスドライバー

【発生する不具合】

余白領域に画像データを含むデータの印刷やファクス送信をすると、以下の不具合が発生する場合がある。

回避策 その1

弊社のダウンロードページ (http://www.fujixerox.co.jp/download/software/mm_prt_drv/) から11月上旬に公開を予定している不具合回避版(Ver.2.7.13以降) のMulti-model Print Driver 2をダウンロードしてご利用ください。本ドライバーのご利用にあたっては、前記ダウンロードページの「ご利用に際して」記載の注意事項をご確認ください。

なお、上記ドライバーでは、調査の過程で判明した不具合の発生条件を、ドライバー側で回避することによって、不具合の発生を抑止しております。

回避策 その2

後述する副作用が発生する場合がありますが、上下左右の余白の設定を4.2mm以上の値にすることで、制限付きながら今回の障害を回避することが出来ます。

余白の設定を変更していないお客様については、下記の手順が回避策となります。この操作を行うことで、上下左右の余白の設定が4.6mmになります。ご利用の機種により、ドライバーの画面イメージは下記の説明に使用した画面イメージとは異なります。

  1. [デバイスとプリンター] ウィンドウを開く。
  2. 印刷するプリンターのアイコンを右クリックし [印刷設定] をクリックする。
  3. [印刷設定] ダイアログの [基本] タブの [とじしろ/プリント位置] ボタンをクリックする。

  4. [とじしろ/プリント位置] ダイアログの [余白] タブをクリックする。
  5. [余白を指定する] チェックボックスをオンにする。

  6. [とじしろ/プリント位置] ダイアログの [OK] ボタンをクリックしダイアログを閉じる。
  7. [印刷設定] ダイアログの [OK] ボタンをクリックしダイアログを閉じる。
  8. [デバイスとプリンター] ウィンドウを閉じる。
  1. [デバイスとプリンター] ウィンドウを開く。
  2. 印刷するプリンターのアイコンを右クリックし [印刷設定] をクリックする。
  3. [印刷設定] ダイアログの [レイアウト] タブの [とじしろ/プリント位置] ボタンをクリックする。

  4. [とじしろ/プリント位置] ダイアログの [余白] タブをクリックする。
  5. [余白を指定する] チェックボックスをオンにする。

  6. [とじしろ/プリント位置] ダイアログの [OK] ボタンをクリックしダイアログを閉じる。
  7. [印刷設定] ダイアログの [OK] ボタンをクリックしダイアログを閉じる。
  8. [デバイスとプリンター] ウィンドウを閉じる。

余白を4.1mm以下の値に設定しているお客様は、上下左右の余白の設定を4.2mmに変更することで、今回の問題を回避出来ます。

副作用

本回避策を適用した場合、印刷結果に下記の問題が発生する場合があります。

問い合わせ先

富士ゼロックスお客様相談センターへお問い合わせください。