ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します
現在地侮ヲを省略する
 
18枚/分の白黒デジタル複合機
  • 「Able 1180 / 3180」新発売
  • コピー/ファクス/プリンターの1台3役

1999年3月25日

990325.jpg
<「Able 3180」>



 富士ゼロックス株式会社(本社:東京都港区赤坂2-17-22、社長:坂本正元、 資本金:200億円)は、 コピー/ファクス/プリンターの1台3役への拡張性を持つ白黒デジタル複合機「富士ゼロックスAble 1180(エイブル1180)」、 「同Able 3180」の2機種を開発。3月30日から発売いたします。

 「Able 1180 / 3180」は、コピー/ファクス/プリンターの複合機としてそれぞれ高い機能を備えることができ、 かつ省スペース化を実現しています。 出力部と原稿読み取り部を上下に分離し本体上部にプリント排出する方式を採用しているため、 側面に突き出る排出トレイが不要となり、幅56cmというコンパクトさを実現しました。 場所をとらず、壁際への設置が可能です。 連続コピースピードは18枚/分で、一枚目の排出時間もスピーディーな4.7秒(A4ヨコ)を実現しています。 ファクス送信時には1.5秒/枚の高速原稿読み取りができ、オフィス業務の生産性向上に役立ちます。

 コピー、ファクスの画質は、解像度400dpi、256階調と、 独自の画像補正技術により、さまざまな原稿を鮮明に忠実に再現します。プリンターの解像度400dpiで、 スムージング処理により1,600dpi相当の高画質を実現しています。 また、操作パネルにはバックライト付き大型液晶タッチパネルディスプレイを採用し、 優れた操作性を提供しています。コピーでは、両面コピー*、電子ソート*、オフセット排出*、 自動画像回転、2in1(2原稿の一枚どり)*、ファクスでは、短縮ダイヤル(最大200宛先)、 G3回線増設(最大3ポート)*、ISDN回線でのG4通信*、同報送信*、 親展送受信、プリンターでは、両面プリント*、2アップ/4アップなどの豊富な機能により便利な使い方が可能です。

 さらに、使用済み複写機を回収し、 余寿命のある部品を再び正規の部品や素材として再生して利用する、 資源循環型リサイクルシステムの対象商品です。このほか、省電力設計により国際エネルギースタープログラムにも適合しています。

 *印は、オプション品の装着が必要です。



【価格】

<本体>

商品名 価格(税別) 備考
Able 1180 668,000円 デジタル複写機(プラテンカバー、3段トレイ)
Able 3180 968,000円 複写機&ファクス機(自動両面原稿送り装置、3段トレイ)
トータルサービス契約
月額プリント料金
1枚目~1,000枚目  8.5円/枚
1,001枚目~3,000枚目  7.5円/枚
3,001枚以上  7.0円/枚
最低プリント料金  2,550円
 

<主なオプション>

商品名 価格(税別)
FAXユニット 140,000円
Printerキット 150,000円
自動両面原稿送り装置 210,000円
自動両面ユニットキット 155,000円
多重手差しキット 30,000円
オフセット出力キット 25,000円
電子ソートキットII 100,000円
ISDN/G4キット 150,000円
増設G3ポートII 100,000円

※ 上記の価格、関連するサービスなどの料金には、消費税は含まれていません。
別途消費税を申し受けます。



【Able 1180 / 3180の主な特長】

  1. 高機能と拡張性豊富なデジタル複合機

    「Able 1180」は高機能なデジタル白黒複写機で、「Able 3180」は高度なファクス機 能を備えた複合機です。オプションによりプリンターへの機能拡張が可能で、1台 3役の多機能機としてオフィス業務の効率化に貢献します。

  2. 幅56cm&ウイングレスの省スペース設計

    機械本体は幅56cmのコンパクト設計です。原稿読み取り部(スキャナー)の下にプリ ント出力する構造で、これまでのように機械の側面に突き出る排出トレイがありま せん(ウイングレス設計)。このため、コーナーにぴったりと寄せて設置でき、オフィス の限られたスペースの有効活用ができます。

  3. コピーもファクスもハイスピード

    連続コピースピードは18枚/分で、一枚目のコピー排出時間は4.7秒(A4ヨコ)とス ピーディーです。ファクス送信時の原稿読み込みも高速で、1枚を1.5秒で読み込 みます(A4ヨコ)。電送速度は、14.4kbpsの高速モデムによりG3:6秒*電送、オプ ションのISDN/G4キットによりG4:3秒*電送が可能です。70個所のワンタッチダ イヤル、200個所の短縮ダイヤルも利用でき、高生産性でオフィス業務をサポート します。

    * A4 700文字程度の原稿を普通モードで送信した場合。
    画像情報のみの電送時間で、通信の制御時間は含まれていません。

  4. 様々な原稿を忠実に鮮明に再現する高画質
    • コピー画質

      独自のデジタル画像処理技術と、400dpiの高解像度、1ドット当たり256値 処理のハイファイコピーにより、微細な文字や細かな階調のある原稿を忠実 に再現します。 また、電子ソートコピーや自動画像回転コピーなどメモリーを利用したコピー 画像でも、複数のドット単位での256階調の再現や、1ドットでの書き込み幅 を64段階とし位置を制御することで、優れた再現性を提供します。文字サイ ズに関わらず輪郭をくっきりと再現し、コピーからの再コピーも質感をほとん ど損なうこと無く忠実にコピーすることができます。写真原稿も、微妙なハー フトーンをより忠実に再現し、高い品質で美しくコピーできます。

    • ファクシミリ画質

      ファクスの通信画質も400dpiの高画質を実現し、さらに独自の画像処理に よって受信画質を補正します。また、粗い送信画質を受信した場合も、 400dpiに変換したうえで、エッジのギザギザを抽出しスムージング処理で補 正します。相手機のメーカー、機種を問わずに受信画像を高画質に再現しま す。

    • プリンター画質

      プリント画質は、400dpiと独自のスムージング技術により、1,600dpi相当の 高画質を実現しました。

    • 操作しやすい大型の液晶タッチパネルディスプレイ

      操作パネルは、大型画面で文字も読みやすい大きさで表示し、しかもバックライト 付きで見やすくなっています。また、初めての人でも理解しやすいように画面構成 にも配慮し、タッチ式で簡単に操作できます。さらに、「お好みコピー」「お好みファ クス」画面には、自分の使いやすいように、使用頻度の高い機能などを6種類ま で登録して使用することができます。

  5. ネットワーク対応のプリンター機能

    オプションのプリンターキットを取り付けることにより、「Able 1180 / 3180」とも に高速のレーザープリンターになります。エミュレーションとしては、PC-PR201H、 ESC/P(VP1000)、HP-GL(HP7550A)の3つのモードを標準で搭載し、またPDL(ページ 記述言語)には、富士ゼロックスの「ART?」を用意しています(ART?は解像度400dpi、 スムージングの使用、オプションの自動両面ユニット等に対応)。マルチエミュレーション機 能により、各モードをプリンター側で自動的に切り替え、またマルチプロトコル機能 により、NetWare(IPX/SPX)、TCP/IP(lpr)のネットワークプロトコルをプリンター側で自 動的に識別します。

  6. 豊富なオプション

    ・自動両面原稿送り装置を使用すれば、多枚数の原稿や両面原稿の場合で も、自動送りでコピーできます。(Able 3180は標準装備)

    ・自動両面ユニットキットを装着することによって、自動両面コピー、FAXの自 動両面受信、プリンターの両面出力が可能です。

    ・標準の3段トレイ(各500枚)に加えて多重手差しキット(50枚)の装着により、4 ウエイ給紙となります。多重手差しでは、ハガキコピーもできます。

    ・オフセットキャッチトレイはコピーを1セットづつずらして排出するので、多部 数のコピーに便利です。

    ・電子ソートキットを装着することで、ソートコピーが可能です。

    ・増設G3ポートや、ISDN/G4キットを装着すれば、マルチポートFAXとして一斉同報などが可能となり、FAX業務の効率が上がります。

  7. 環境に配慮した資源循環型リサイクルシステム設計

    環境にやさしいリサイクル設計を採用しました。富士ゼロックスでは、回収した複 写機の部品についてさまざまな解析手法を用いて余寿命を算出し、品質保証を 付与した上で再び生産ラインに投入し、正規の部品や素材として循環させる「ク ローズドループ方式」を確立しています。本体および部品の共通化はもちろん、リ サイクル可能な材料を採用するなど、資源循環型リサイクルシステムの設計思想 に基づき設計・生産されています。

※ Windowsは、米国Microsoft Corporationの登録商標です。
※ NetWareは、米国Novell Inc.の登録商標です。
※ その他の社名または商品名等は、各社の登録商標または商標です。
※ XEROX、The Document Company、および"デジタルX"のマークは、商標または登録商標です。

ここまで本文

このページのトップへ