ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します

デジタル複合機で最速
毎分75枚のネットワークスキャナーを装備

2000年6月13日

  • 「DocuCentre 705/605/505シリーズ」新発売
  • デジタル複合機のラインナップを強化
<DocuCentre 705CP>
DocuColor 1250 CP + Document Gate 2

富士ゼロックス株式会社(本社:東京都港区赤坂2-17-22、社長:坂本正元、資本金:200億円)は、デジタル複合機で最速のネットワークスキャナー機能と、従来機と比較して約40%*1生産性を向上させたネットワークプリンター機能を装備したデジタル複合機「富士ゼロックスDocuCentre 705/605/505シリーズ」(ドキュセンター705/605/505シリーズ)を開発。2000年7月21日から発売いたします。

「DocuCentre 705/605/505シリーズ」は、毎分70枚/60枚/50枚(A4ヨコ)のプリントスピードで、ネットワークスキャナー機能とネットワークプリンター機能を標準装備したデジタル複合機(DocuCentre 705CP/706CP/605CP/606CP/505CP/506CP)6機種と、スキャナー/プリンター機能をオプションにしたデジタル複写機 (DocuCentre 705/706/605/606/505/506) 6機種の合計12機種のラインナップです。毎分70枚の複写機としては機械占有寸法(幅1,293×奥行778mm)がコンパクトなため、フロアの共用機としてはもちろん、グループの身近なスキャナー/プリンターとしても活用できます。

スキャナー機能は、デジタル複合機として最速の毎分75枚(A4ヨコ)*2を実現しました。A3対応の高速スキャナーをネットワーク接続で共用できるため、書類の電子化が促進され情報の活用範囲が広がります。また、アプリケーションソフトウェア「DocuWorks(ドキュワークス)」や、オプションの「CentreWareスキャンサービス(センターウェアスキャンサービス) *3」を使うことで、スキャナーで読み込んだ情報を共有サーバーに自動的に格納して手軽に閲覧するような環境を容易に構築できます。

プリンター機能は高画質に加え、弊社が独自に開発した高速コントローラーの採用により、大量のプリントデータでも毎分70枚(A4ヨコ)*4で高速に処理することができます。プログラムの実行をROM上からより高速なRAMに変更したことや、内部データ転送の処理速度を向上させたことにより、従来のデジタル複合機「DocuCentre 600/550/450シリーズ」に比べ、プリント指示してからプリントアウトまでの時間を約40%*1改善しました。WindowsやMacintoshパソコンなどが混在したネットワーク環境でも利用できるマルチOSや、各プロトコルを利用できるマルチプロトコル機能のほか、遠隔地の「DocuCentre 705/605/505シリーズ」にインターネット経由でダイレクトにプリントできる IPP (Internet Printing Protocol)を装備しています。

コピー機能は、毎分70枚(A4ヨコ)*4の高速連続コピーにより高い生産性を発揮します。また、標準装備のトレイレス両面コピー機能により、AC100V・15Aの複写機としては最速の両面コピースピード毎分70ページ(A4ヨコ・片面原稿)*5を実現しました。また、ファーストコピーアウトプットタイムも、デジタル複写機では業界最速の2.7秒(A4ヨコ)*6で、オプションの大容量トレイにより最大7,300枚*7の大容量給紙が可能です。

エネルギー効率のよいOA機器の開発導入を目的とした「国際エネルギースタープログラム」への適合や、環境保全に役立つ商品として(財)日本環境協会に認定されたエコマーク商品です。また、当社独自の品質保証基準に基づいたリサイクルパーツを使用しており、リサイクルパーツ使用率、または使用可能率(質量比)45%以上、再資源化可能率(質量比) 95%以上など、当社独自の17項目にわたる基準をクリアした「資源循環型商品ラベル」適合商品です。さらに、有害な六価クロムを微量に含む亜鉛メッキ鋼板を使わない「環境対応型クロムフリー鋼板」を導入しております。

*1: JADE-J11(PowerPoint97の11枚の標準チャート)を当社環境で測定
*2: ITU-T No.1チャート 200/300dpi時
*3: 2000年8月対応予定
*4: DocuCentre 605CP/606CP/605/606は毎分60枚、DocuCentre 505CP/506CP/505/506は毎分50枚
*5: DocuCentre 605CP/606CP/605/606は毎分60ページ、DocuCentre 505CP/506CP/505/506は毎分50ページ
*6: プリンター/スキャナー機能を装備したDocuCentre 705CP/706CP/605CP/606CP/505CP/506CPは2.8秒
*7: DocuCentre 706/706CP/606606CP/506/506CPは7,050枚

◆ 本件に関するお客様からの問い合わせ先は、当社お客様相談センターまで。
   フリーダイヤル : 0120-274100 土・日・祝日を除く、9:30~12:00、13:00~17:00


【価格】

<毎分70枚機の本体>
商品名 価格(税別) 備考
DocuCentre 705 CP 3,170,000円 プリンター/スキャナー/コピー
4トレイタイプ
DocuCentre 706 CP 3,210,000円 プリンター/スキャナー/コピー
3トレイ+マルチトレイタイプ
DocuCentre 705 2,830,000円 4トレイタイプ
DocuCentre 706 2,870,000円 3トレイ+マルチトレイタイプ
トータルサービス契約
月額プリント料金
1000枚まで 8.5円/枚
1,001枚~5,000枚 7.0円/枚
5,001枚以上 6.5円/枚
最低プリント料金 15,500円
 

<毎分60枚機の本体>
商品名 価格(税別) 備考
DocuCentre 605 CP 2,650,000円 プリンター/スキャナー/コピー
4トレイタイプ
DocuCentre 606 CP 2,690,000円 プリンター/スキャナー/コピー
3トレイ+マルチトレイタイプ
DocuCentre 605 2,310,000円 4トレイタイプ
DocuCentre 606 2,350,000円 3トレイ+マルチトレイタイプ
トータルサービス契約
月額プリント料金
1000枚まで 8.5円/枚
1,001枚~5,000枚 7.0円/枚
5,001枚以上 6.5円/枚
最低プリント料金 8,500円
 

<毎分50枚機の本体>
商品名 価格(税別) 備考
DocuCentre 505 CP 2,250,000円 プリンター/スキャナー/コピー
4トレイタイプ
DocuCentre 506 CP 2,290,000円 プリンター/スキャナー/コピー
3トレイ+マルチトレイタイプ
DocuCentre 505 1,910,000円 4トレイタイプ
DocuCentre 506 1,950,000円 3トレイ+マルチトレイタイプ
トータルサービス契約
月額プリント料金
1000枚まで 8.5円/枚
1,001枚~5,000枚 7.0円/枚
5,001枚以上 6.5円/枚
最低プリント料金 8,500円
 

<主なオプション>
商品名 価格(税別) 備考
オフセットキャッチトレイ 100,000円  
パンチ付フィニッシャー 350,000円  
大容量トレイ 290,000円 給紙容量4,500枚
Printer/Scannerキット 340,000円 DocuCentre 705/706/605/606/505/ 506をプリンター/スキャナーに拡張するキット
10Base-T/ 100Base-TX対応ネットワークボード含む
増設SDRAMモジュール(64MB) 45,000円  
ハードディスク(プリンター/スキャナー用) 80,000円  
ハードディスク(スキャナー用) 80,000円  

※ 上記の価格、関連するサービスなどの料金には、消費税は含まれていません。別途消費税を申し受けます。

ページのトップへ

【主な特長】


[全機種共通]

  1. コピースピード70枚/分※1を実現

    DualSpotレーザー走査光学系技術と小直径ポリゴンミラーを備えた小型ベアリングモーターの採用により600dpi/256値で70枚/分(A4ヨコ)※1の高速コピーを実現しました。これにより大量コピー時も高画質で迅速な処理が可能です。また両面コピーは、多値圧縮/伸長技術によって複数ページを同時処理するため、機器内部で最大4枚(A4ヨコ)の用紙が走行して、1部目から70ページ/分※2の生産性を実現します。両面コピーによる用紙節約に威力を発揮し、省資源化に貢献します。

    ※1 DocuCentre 505CP/506CP/505/506は50枚/分、
       DocuCentre 605CP/606CP/605/606は60枚/分。
    ※2 片面→両面の場合。両面→両面の場合は2部目以降。
       DocuCentre 505CP/506CP/505/506は50ページ/分、
       DocuCentre 605CP/606CP/605/606は60ページ/分。

  2. デジタル機で最速※1FCOT 2.7秒※2

    デジタル複写機で最速※1のFCOT(ファーストコピーアウトプットタイム)2.7秒※2(A4ヨコ)を実現しました。さらに、使用頻度の高い自動原稿送り装置(DADF)からのFCOTも3秒台を実現しています。

    ※1 2000年6月13日現在
    ※2 プリンタースキャナー機能搭載機は2.8秒

  3. 原稿交換スピード75枚/分の高速読取り

    従来、コピーの原稿読取りスピードは、プリントスピードと以下でしたが、原稿読取りとプリントを非同期化することにより、DocuCentre 705/605/505シリーズ全機種の原稿読取りスピード(自動両面原稿送り装置使用時)で75枚/分(A4ヨコ)を実現しました。

    ※ ページメモリーが上限に達すると複写速度と同等になります

  4. 最大700頁の原稿を一括コピー処理

    最大700頁の原稿読み込みが可能です。自動原稿送り装置にセットできない多枚数の原稿も順次読み込んで一括でプリントします。

  5. 画像処理技術 S-SPIRE の搭載による600dpi/256値の高画質

    画素ごとのきめ細かいエッジをデジタルフルカラー機並みに検出するSPIRE技術を、さらに進化させた画像処理技術S-SPIREを採用しました。このS-SPIRE技術は、文字と写真とを自動的に分離して検出、文字はエッジ部分を600dpi/256値の高解像度で、非エッジ部分は200dpiの解像度で再現します。

    ※ Super Scanned and Printing Image Resolution Enhancement

  6. 最大7,300枚※1の大容量給紙

    本体トレイ1には1,100枚の給紙が可能な大容量トレイを装備しているほか、 オプションで4,500枚の大容量トレイを追加することで、最大7,300枚※1の大容量給紙が可能です。給紙の手間を軽減し、大量出力にも余裕を持って対応することができます。また、最大8WAY給紙※2が可能なため、オフィスの応用用紙(OHPフィルム、カラーペーパーなど)も都度入れ替える必要がありません。

    ※1 DocuCentre 706/706CP/606/606CP/506/506CPの場合7,050枚
    ※2 DocuCentre 705/705CP/605/605CP/505/505CPの場合6WAY給紙

  7. 省スペース設計

    本体は幅620mm×奥行778mmのコンパクト設計です。また、オフセットキャッチトレイを装着すれば、大きな比重を占めていた機械式ソーターのスペースを約31%カットできます。オフィスの限られたスペースの有効活用が可能です。

    ※ 手差しトレイ含まず

  8. 充実したコピー機能

    両面コピーで原稿の向きを指定できるので、B4やA3原稿を両面コピーする時も、天地逆になるといったミスコピーが低減します。また、まとめて1枚(4アップ、8アップ)、鏡像、配布コピー、表紙付け、画像繰り返し、ブック両面、ネガポジ反転といった便利な機能も標準搭載しました。

  9. 環境対応

    エネルギー効率のよいOA機器の開発導入を目的とした「国際エネルギースタープログラム」への適合や、環境保全に役立つ商品として(財)日本環境協会に認定されたエコマーク商品です。また、当社独自の品質保証基準に基づいたリサイクルパーツを使用しており、リサイクルパーツ使用率、または使用可能率(質量比)45%以上、再資源化可能率(質量比) 95%以上など、当社独自の17項目にわたる基準をクリアした「資源循環型商品ラベル」適合商品です。さらに、有害な六価クロムを微量に含む亜鉛メッキ鋼板を使わない「環境対応型クロムフリー鋼板」を導入しております。

[DocuCentre 705CP/706CP/605CP/606CP/505CP/506CP]

  1. 高速ネットワークスキャナー

    読み込んだ文書を、ネットワークを経由してパソコンに転送するネットワークスキャナー機能を装備しました。デジタル複合機としては最速の75枚/分(A4ヨコ、200dpi/300dpi時)の高速読取りと、イメージ転送の高速化により、従来機(DocuCentre450/550/600シリーズ)と比較して約1.4倍(ITU-T No.1チャート、600dpi時)の生産性を発揮します。

  2. 70枚/分(A4ヨコ)の高速プリントを実現

    コントローラーのCPUに、高速処理を実現するPowerPCプロセッサMPC8240 (200MHz)を採用しました。このほか、RAMによるプログラムの実行や、イメージの多値処理化、イメージ転送処理速度に向上により、容量の大きなプリントデータも高速でプリントできます。JADEのJ11チャートを使い当社環境で測定した結果、従来機(DocuCentre 600/550/450シリーズ)と比較して約40%の生産性向上を実現しました。

  3. 100MHz SDRAMの採用

    プリンターコントローラーのメモリーに、100MHzで動作するSDRAMを採用しました。このSDRAMは従来の非同期型DRAMと違い、アクセススピードが格段に速くなっているため、従来機(DocuCentre 600/550/450シリーズ)に比較して、内部処理が論理値で約1.5倍になりました。

  4. 高速ネットワークインターフェイスを標準装備

    10Base-Tおよび100Base-TXに対応したネットワークインターフェイスを標準で装備しています。ネットワークの通信速度など難しい設定は自動的におこないます。

  5. IPP(Internet Printing Protocol)対応により、遠隔プリントを実現

    IPP(Internet Printing Protocol)に対応しました。インターネットを経由して遠隔地の「DocuCentre 705/605/505シリーズ」にプリントが可能です。

ページのトップへ

【主な仕様】

■DocuCentreの主な仕様
  DocuCentre
705/706/605/606/505/506
DocuCentre
705CP/706CP/605CP/606CP/505CP/506CP
形式 床上型(コンソールタイプ)
原稿台方式 固定式
感光体種類 OPC(有機感光体)
読取り方式 CCDイメージセンサーによる固体走査
解像度 読取り部 :400ドット/25.4mm(400dpi)・256値
記録部:600ドット/25.4mm(600dpi)・256値
定着方式 ヒートローラー
複写原稿サイズ シート・ブック原稿とも最大A3
複写(用紙)サイズ
トレイ1 :A5、A5ヨコ、5.5×8.5インチ、B5ヨコ、A4ヨコ、8.5×11インチヨコ
トレイ2~トレイ4共通 :A5、A5ヨコ、5.5×8.5インチ、B5、B5ヨコ、A4、A4ヨコ、8.5×11インチ、8.5×11インチヨコ、8.5×13インチ、8.5×14インチ、B4、八開、A3、11×17インチ
マルチトレイ(DocuCentre 706/706CP/606/606CP/506/506CPのみ)
2-1(1段目) :A5~A4ヨコ、8.5×11インチヨコ、148×140mm~216×297mm
2-2(2段目) :A5~B4、148×140mm~297×364mm
2-3(3段目) :A5~A3、11×17インチ、148×140mm~297×432mm
多重手差し :官製ハガキ~A3、11×17インチ
像欠け幅
標準 :先端4mm以内、後端4mm以内、両端4mm以内
全面コピー :先端4mm以内、後端2mm以内、両端2mm以内
給紙方式/容量<当社L紙> 4トレイ、多重手差し(DC705/705CP/605/605CP/505/505CP)
   2,800枚=1,100+550×3+50
3トレイ、マルチトレイ、多重手差し(DC706/706CP/606/606CP/506/506CP)
   2,550枚=1,100+100×3+550×2+50
排紙方式(当社L紙) フェイスダウン、フェイスアップ(500枚)
ウォームアップタイム 180秒以内
ファーストコピータイム 2.7秒2.8秒
最大連続複写枚数 999枚
使用電源 AC100V・15A(50/60Hz共通) AC100V・15A(50/60Hz共通)
最大消費電力 最大1.40kw 最大1.42kw
エネルギー消費効率 DocuCentre705/706 265wh/h DocuCentre605/606 230wh/h DocuCentre505/506 230wh/h 対象外
機械の大きさ 幅620×奥行780×高さ1,080mm(自動両面原稿送り装置までの高さ)
機械占有寸法 幅1,293×奥行778mm
質量 4トレイ:185kg、マルチトレイ:190kg 4トレイ:192kg、マルチトレイ:197kg
連続複写速度 DocuCentre705/706/705CP/706CP
    A4(ヨコ):70枚/分、A4:50枚/分、B4:42枚/分、A3:35枚/分、B5(ヨコ):70枚/分
DocuCentre605/606/605CP/606CP
   A4(ヨコ):60枚/分、A4:42枚/分、B4:35枚/分、A3:30枚/分、B5(ヨコ):60枚/分 DocuCentre505/506/505CP/506CP
   A4(ヨコ):50枚/分、A4:35枚/分、B4:30枚/分、A3:28枚/分、B5(ヨコ):50枚/分
複写倍率
<等倍>
<固定倍率>
<任意倍率>

1:1±0.8%(コピーガラス面使用時)
1:0.500、1:0.707、1:0.816、1:0.866、1:1、1:1.154、1:1.224、1:1.414
1:0.25~1:400(1%きざみ)

■自動両面原稿送り装置(DADF)の仕様
原稿給紙方式 スタック自動給紙
原稿サイズ/坪量 片面 A3、B4、A4、B5 質量:38~128g/m2 両面 A3、B4、A4 質量:50~105g/m2 ・ B5 質量:64~105g/m2
原稿収納枚数 70枚 (当社L紙換算)
原稿読取り速度 75枚/分 (A4ヨコ)*
電源/消費電力 本体より供給/116W
質量 15.5kg

*原稿の枚数と圧縮率により、ページメモリーが上限値に達すると複写速度と同等になります。


■ オフセットキャッチトレイ(オプション)の仕様
収容可能サイズ 官製ハガキ/A6~A3 ※170mm以下はオフセット出力不可
収容可能枚数 500枚(当社L紙換算)
電源/消費電力 本体より供給/3W
機械占有寸法 (幅)1,293×(奥行)778mm

■ パンチ付きフィニッシャー仕様(オプション)
オフセットキャッチトレイ 収容可能サイズ 官製ハガキ/A6~A3
※170mm以下はオフセット出力不可
収納可能枚数 500枚(当社L紙換算)
用紙坪量 56~220g/m2
ホチキス 可能サイズ A3、B4、A4、A4ヨコ、B5、B5ヨコ、A5ヨコ、11×17インチ、8.5×14インチ、8.5×13インチ、8.5×11インチ、8.5×11インチヨコ、八開
収容可能枚数(当社L紙換算)
ノンステープル時: [A4以下]1,500枚
[その他]750枚
ステープル時: [A4以下]最大100部または1,500枚
[その他]最大100部または750枚
最大ホチキス枚数 50枚(80g/m2以下)
用紙坪量 56~128 g/m2
位置 1ヵ所(手前/奥)、2ヵ所
パンチ 可能サイズ A3、B4、A4ヨコ、B5ヨコ、11×17インチ、8.5×11インチヨコ
用紙坪量 56~128 g/m2
位置 2穴
電源/消費電力 本体より供給/66W
質量 55kg
機械の大きさ (幅)700×(奥行)650×(高さ)1,100mm
機械占有寸法 本体占有寸法+356mm

■ 大容量トレイ(オプション)の仕様
用紙サイズ A4ヨコ、B5ヨコ、8.5×11”ヨコ
給紙容量 4,500枚(当社L紙換算)
電源/消費電力 本体より供給/21W
大きさ/質量 (幅)356×(奥行)652×(高さ)580mm /  39kg
機械占有寸法 (本体占有寸法)+77mm

■ プリンターの仕様
  プリンター仕様(下記モデルまたはプリンターモデルに拡張した場合)
  DC705CP/706CP DC605CP/606CP DC505CP/506CP
プリント方式 レーザーゼログラフィー方式
プリント速度(A4ヨコ)
同一原稿
異種原稿
両面
70枚/分
70枚/分
70ページ/分
60枚/分
60枚/分
60ページ/分
50枚/分
50枚/分
50ページ/分
解像度 600dpi
スムージング機能 2400dpi相当
対応用紙サイズ A3~A6、はがき
最大プリント枚数 999枚
両面印刷 標準装備
電子ソート 標準装備
PDL ART IV、PostScript®3(オプション)
対応OS Windows®95/98、Windows NT®4.0、Windows®2000
エミュレーション PC-PR201H、ESC/P、HP-GL2
プロトコル TCP/IP、Netware(IPX/SPX)、AppleTalk、NetBEUI、IPP
メモリー容量 標準32MB、オプション64MB、最大96MB
フォント
日本語 :平成明朝体TMW3*, 平成ゴシック体TMW5*
欧文 :17書体
HP-GL :ストロークフォント
インターフェイス
標準 :双方向パラレル(IEEE1284準拠)、 Ethernet 100Base-TX、10Base-T
オプション :LocalTalk

* この書体は(財)日本規格協会と使用契約を締結し使用しているものです。なお、フォントの一部には、弊社でデザインした外字を含みます。フォントとして無断複製することは禁止されています。

■ スキャナーの仕様
  スキャナー仕様(下記モデルまたはプリンターモデルに拡張した場合)
  DC705CP/706CP DC605CP/606CP DC505CP/506CP
読取りサイズ A3、B4、A4ヨコ、A4、B5ヨコ、B5、A5ヨコ、
A5、8.5×11インチ、8.5×14インチ
読取り方式 CCDイメージセンサーによる固定走査
インターフェイス TWAIN
圧縮方式 MH、MR、MMR
解像度 600dpi、400dpi、300dpi、200dpi
中間調 256階調(誤差拡散法)
読込み速度 75枚/分(200dpi/300dpi、ITU-Tチャート使用時。親展ボックスまで)
対応OS Windows®95/98、Windows NT®4.0、Windows®2000
プロトコル TCP/IP
読取りモード 文字、写真、文字/写真
両面 自動両面原稿送り装置で可
濃度 7段階
拡大/縮小 7段階(70%、81%、86%、100%、115%、122%、141%)
親展ボックスビューワー 読取り、表示、文書の削除、データ更新の告知
ページのトップへ

※ XEROX、The Document Company、および"デジタルX"のマークは、商標または登録商標です。
※ その他の社名または商品名等は、それぞれ各社の商標、または登録商標です。


[関連リンク]
DocuWorks
CentreWare
資源循環型商品ラベル

ここまで本文

このページのトップへ