ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します

A0サイズ入力、A1サイズ出力に対応した
コピー/スキャナー/プロッター3役のデジタル複合機

2001年2月1日

  • 「DocuWide 2050シリーズ」新発売
  • A1サイズを毎分5枚で高速出力
DocuWide 2050
<DocuWide 2050>

富士ゼロックス株式会社(本社:東京都港区赤坂2-17-22、社長:坂本 正元、資本金:200億円)は、エンジニアリング環境における図面コピー業務と紙図面電子化業務、幅広出力業務を、一台で効率的に運用できるデジタル複合機「富士ゼロックス DocuWide 2050MF(ドキュワイド2050MF)」と、コピー単機能のデジタル複写機「DocuWide 2050EC」、A1サイズ対応プロッター「DocuWide 2050」を開発。2001年3月より発売いたします。

建設業など図面管理の現場では、CADの電子データとサイズの異なる紙図面の混在が、図面の迅速な検索/閲覧を困難にすると同時に、保管スペースを増大させる原因になっています。富士ゼロックスは、当社ドキュメントハンドリングソフトウエア「DocuWorks(ドキュワークス)」と「DocuWide 2050シリーズ」を組み合わせることで、従来からのコピー業務/出図業務に加えて、全ての図面を電子化して一元管理することで、図面管理業務全体の効率化を提案します。

「DocuWide 2050シリーズ」は、最大A0サイズの原稿を毎秒76mm、解像度400dpiで読み取るスキャナー機能と、最大A1サイズを毎分5枚出力するプロッター機能、さらにコピーとしても使える「DocuWide 2050MF」を最上位機種とした、エンジニアリング市場向け入出力機です。出力部は、1段ロールと手差しを標準で装備しているほか、1段ロール、A3トレイ、A4トレイを装備したオプションの追加給紙装置により、5way給紙にも対応します。シリーズにはこのほか、コピー専用モデル「DocuWide 2050EC」と、プロッター専用モデル「DocuWide 2050」を用意しているため、ユーザーの業務内容に応じた機種選定が可能です。

「DocuWide 2050MF」と「DocuWide 2050EC」は、入力部と出力部を一体化することで、A0サイズの入力に対応しながら、A1サイズ対応の当社アナログ複写機「2060」並みの本体サイズを実現しました。コピーは、毎分5枚(A1タテ)のスピードで、操作パネルから、倍率設定や、用紙カット、濃度調整、自動地肌調整、参照プリント、追加コピー、各種編集など、各種の機能が簡単に利用できます。

「DocuWide 2050MF」と「DocuWide 2050」のプロッター機能は、最新のCPUを採用することで高速処理を実現したコントローラーにより、最大A1サイズのCADデータや文書データを400dpi×800dpiの高解像度で毎分5枚出力できます。インターフェイスは、RS232C、イーサネット(100Base-TX)を標準装備しており、オプションでセントロニクスを増設できるほか、マルチフォーマット/マルチインターフェイス対応により複数システムでの共有が可能です。

「DocuWide 2050MF」のスキャナー機能は、最大幅914mmで最長5mまでの原稿を、256階調、400dpi×400dpiの解像度で読み取ります。Windows®95/98/Me、WindowsNT®4.0/Windows®2000を搭載したパソコンとSCSI接続することで、TWAIN対応アプリケーションにスキャンデータを取り込んで編集できるほか、別売りの「DocuWorks」を活用することで、電子化による図面データの一元管理に効果を発揮します。

本件に関するお客様からの問い合わせ先は、当社お客様相談センターまで。
フリーダイヤル:0120-274100 土・日・祝日を除く、9:00~12:00、13:00~17:00
(印刷用の商品画像データも格納しています)
ページのトップへ

【価格】

<本体>
商品名 DocuWide 2050 MF (複合機)
本体価格(税別) 2,380,000 円
トータルサービス
契約/月額
サイズ換算方式*
1 ~  300カウント 17.5 円/カウント
301 ~ 1,000カウント 13.0 円/カウント
1,001カウント以上    10.0 円/カウント
最低プリント料金 5,250 円

商品名 DocuWide 2050 EC (単体複写機)
本体価格(税別) 1,980,000 円
トータルサービス 契約/月額 サイズ換算方式*
1 ~  300カウント 15.0 円/カウント
301 ~ 1,000カウント 13.0 円/カウント
1,001カウント以上    10.0 円/カウント
最低プリント料金 4,500 円

商品名 DocuWide 2050 (プロッター)
本体価格(税別) 1,780,000 円
トータルサービス

契約/月額

サイズ換算方式*
1 ~  300カウント 15.0 円/カウント
301 ~ 1,000カウント 13.0 円/カウント
1,001カウント以上    10.0 円/カウント
最低プリント料金 4,500 円

※ トータルサービス契約には、用紙代を除く感光体/トナー、消耗品類、および保守サービス料金が含まれています。
※ また、『カウント』とは、A4サイズを基準とした換算値です。A4/A3は「1」、A2は「2」、A1は「3」での換算となり、プリント一枚あたりのトータルサービス料金は、サイズによって異なります。

<「DocuWide 2050 MF/2050 EC」の主なオプション(コピー機能関連)>
商 品 名 価 格 ( 税別)
DW2050 RFC&トレイ(追加給紙装置) 348,000 円
ブックハンドラー 80,000 円
電子ソーターキット 65,000 円
増設メモリー(64MB、最大2枚まで)   48,000 円
スキャンキット
(2050ECにスキャナー機能追加)
100,000 円
DW2050コントローラーキット
(2050ECにプロッター機能追加)
400,000 円

<「DocuWide 2050」の主なオプション(プロッター機能関連)>
商 品 名 価 格 (税別)
DW2050 RFC&トレイ(追加給紙装置) 348,000 円
増設メモリー(128MB) 80,000 円
セントロインターフェイスキット 75,000 円

※販売価格、および関連するサービスなどの料金には、消費税は含まれていません。 別途、消費税を申し受けます。

ページのトップへ

【主な特長】

1.ドキュメントハンドリングソフトウエアとの組み合わせで図面の電子化を効率化
(DocuWide 2050 MFのスキャナー機能)
  • 本体に接続したWindows®パソコンで、別売りのドキュメントハンドリングソフトウエア「DocuWorks」を使用すれば、スキャニングしたJIS A0サイズからJIS A4サイズまでの紙図面や技術情報などを、電子化して一元管理することが可能です。
  • 「DocuWorks」は最大A3サイズまでの文書を、視認性の高いサムネイル形式で閲覧できるなど、文書管理を容易にするソフトウエアです。A3サイズ以上のデータは、オリジナルの情報を保持しながら、サムネイルのサイズなど操作サイズをA3サイズに縮小して処理できます。データサイズはそのままなので、プロッター機能によりオリジナルサイズの出力が可能です。
2.プロッター機能に高性能コントローラ-を搭載
(DocuWide 2050 MFとDocuWide 2050のプロッター機能)
  • プロッター機能に搭載したコントローラーは、高速処理、マルチインターフェイス、複数ジョブの同時受信、多彩なデータフォーマットのサポートで、A1タテ毎分5枚、A2ヨコ毎分8枚、A3ヨコ毎分10枚と高い生産性を発揮します。また、コントローラーの設定や処理状況を、ネットワーク上のパソコンからWebブラウザーを利用して確認できるので、オフィスの生産性向上にも貢献します。
3.入力部と出力部を一体化したコンパクトなボディーで充実した基本性能を実現
(DocuWide 2050 MFとDocuWide 2050 ECのコピー機能)
  • 原稿の最大サイズはA0サイズより大きな914mm(36インチ)幅で、最長5mまでの長尺ものも読み取ります。コピーは最大A1サイズ幅×5m*までのサイズに出力できます。広域な25~400%の縮拡大率と組み合わせることで、A0長尺図面もハーフサイズでA1幅に出力できます。

      * 普通紙の場合。連続して複数枚コピーをする場合はメモリーの増設が必要です。

  • A1タテ毎分5枚、A2ヨコ毎分8枚、A3ヨコ毎分10枚と高い生産性を発揮します。図面のみならず技術資料や文書の出力にも威力を発揮します。
  • 20枚までの連続複写が可能で、オプションの電子ソーターキットを装備すれば、ページ数の多い原稿を複数部数コピーする際に高い生産性を発揮します。
  • 小粒径7ミクロンのトナーを採用することで、太文字や太線、ロゴ、デザイン画等のベタ黒部分をくっきりと再現します。出力も400×800dpiの高解像度ですから図面細線などもより忠実に再現します。
  • 完全に電源が切れている状態から、コピーを開始できる状態までのウォームアップタイムは、1分以内と短いため、使う時だけ電源を入れても待ち時間が短く、省エネルギーに貢献します。
4.背貼り製本原稿からのコピーも可能
(DocuWide 2050 MFとDocuWide 2050 ECのコピー機能)
  • オプションのブックハンドラーを入力部に装着すれば、厚手の原稿(1~15mm)や背貼り製本原稿(見開きでの厚さ1~15mm、綴じた状態で最大30mm)からのコピーが可能です。デジタル方式なので、複数枚のコピーがシート原稿と同じようにできるため高い生産性を発揮します。
5.ニーズに合わせて選べる標準2way給紙と5way給紙
(DocuWide 2050 シリーズの出力部)
  • 標準で、軽量な2インチコアロール紙をセットできる給紙装置と、手差しテーブルによる2way給紙を装備しました。ロール用紙のセットは、セミオートローディング&オートカット方式ですから手を煩わせず効率的です。
  • オプションの追加給紙装置を装着することで、量の多い出力に最適な3インチコアロール紙と、A3サイズカット紙、A4サイズカット紙が追加でセットできます。この5way給紙方式により、複数のサイズや、普通紙、トレーシングペーパー、フィルムなど種類の違う用紙を同時にセットできるようになり、作業の生産性が向上します。
6.国際エネルギースタープログラムに適合
  • 「DocuWide 2050シリーズ」は、「国際エネルギースタープログラム」の基準に適合した省電力設計です。
ページのトップへ

【主な仕様

  項目 仕様
DocuWide 2050 EC DocuWide 2050 MF DocuWide 2050



機能 コピー コピー/プロッター/スキャナー プロッター
電源 AC100V、15A
消費電力 ウォームアップ時 50W 75W 65W
動作時 1,090W 1,100W 1,095W
大きさ 幅1,100×奥行530×高さ490mm 幅1,100×奥行530
×高さ460mm
質量 105kg 106kg 100kg





感光体 OPC  
複写方式 LED+電子写真方式
ウォームアップタイム 1分以内
原稿サイズ A0~A4(最大有効幅914mm)
オプション:ブックハンドラー使用時 最大原稿厚15mm
コピーサイズ A1、A2、A3各長尺可能、定寸/シンクロ・カット
オプション:追加給紙装置使用時 A3/A4カット紙
最大イメージ幅:594mm、最大コピー長:5m
コピー倍率 任意倍率25~400%(0.1%刻み)
入力解像度 モノクロセンサー 256階調 400×400dpi
出力解像度 LEDヘッド 400×800dpi
1枚目コピー排出時間 20秒以内(A1サイズ、倍率100%、マニュアルスタート時)
連続コピースピート゛ A1: 5枚/分
A2: 6枚/分(タテ)  8枚/分
A3: 8枚/分(タテ) 10枚/分
A4:10枚/分(タテ) ←オプションの追加給紙装置装備時
連続コピー枚数 最大20枚
電子ソーター オプション
給紙方式 標準:1段ロール+手差し、オプション:1段ロール+2段カセット
原稿種類 普通、淡い原稿、濃い原稿、透過原稿
ハーフトーン(文字・写真/印画紙写真/印刷写真)
コピー機能 自動用紙選択、自動倍率選択、ミラー、枠消し
ネガポジ反転、読取開始位置調整、コピー位置調整
ヘッダー機能、参照プリント、画像回転、シャープネス
コントラスト、倍率微調整

 

  項目 仕様
DocuWide 2050 EC DocuWide 2050 MF DocuWide 2050






出力方式 オプションのDW2050コントローラーキットで右記機能を装備できます LED+電子写真方式
連続出力枚数 最大99枚
ウォームアップタイム 1分以内
出力解像度 400×800dpi
連続プリントスピード A1: 5枚/分
A2: 6枚/分(タテ)  8枚/分
A3: 8枚/分(タテ) 10枚/分
A4:10枚/分(タテ) ←オプションの追加給紙装置装備時
給紙方式 標準:1段ロール+手差し、オプション:1段ロール+2段カセット
用紙種類 普通紙、トレーシングペーパー、フィルム、再生紙
対応用紙サイズ A1、A2、A3各長尺可能、定寸/シンクロ・カット
オプション:追加給紙装置使用時 A3/A4カット紙
最大イメージ幅:594mm、最大コピー長:5m
最大出力長 標準:1,682mm/A1、オプションメモリー追加時:5,000mm
印字保証領域 先端3mm、後端7mm、左右3mmを除く領域
メモリー 標準:64MB、増設メモリー追加時:最大192MB
インターフェイス 標準:Ethernet 100BASE-TX/10BASE-T、RS232C
オプション:セントロニクス
ネットワークプロトコル TCP/IP(ftp,lpr)
データフォーマット 標準:HP-GL、HP-GL2、HP-RTL、TIFF、CALS、FX-MMR
オプション:VRF/VCGL







読取サイズ オプションのスキャンキットで右記機能を装備できます 定型サイズ(A4タテ~A0)
最大幅914mm
最大長5,000mm
 
読取解像度 256階調、400×400dpi
読取スピード 76.2mm/秒
対応クライアント DOS/V(Windows®95/98/Me WindowsNT®4.0/Windows®2000)
読取モード ふつう(文字・線画)、淡い原稿
濃い原稿、透過原稿、文字・写真印画紙写真
印刷写真単純2値
インターフェイス SCSI-2(50pin高密度ピンタイプ)、TWAIN準拠


  • Windows、WindowsNTは、米国マイクロソフトコーポレーションの米国およびその他の国における登録商標です。
  • XEROX、The Document Company、および“デジタルX”のマークは、商標または登録商標です。
  • その他の社名または商品名等は、それぞれ各社の商標、または登録商標です。
ページのトップへ
ここまで本文

このページのトップへ