ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します

弊社ネットワークスキャナードライバーを
お使いのお客様へ

2002年11月8日

お客様各位

富士ゼロックス株式会社


マイクロソフト社のWindows® 95/98/Me/2000に標準でインストールされている Imaging for Windows® および Imaging for Windows® 95 (以下Imagingと表記)から、弊社ネットワークスキャナードライバーをもちいて親展ボックス中の文書を取り出すときに、Imagingの制限により、文書が消失する現象 (2002/1/29掲載)をネットワークスキャナードライバーVer.3.3.0以降のバージョンで改善しました。

ネットワークスキャナードライバーVer.3.0.5以前のバージョンをご使用のお客様につきましては、ネットワークスキャナードライバーVer.3.3.0以降をインストールして、ご使用くださいますよう、お願いいたします。

(1) Imagingの制限によりスキャンに影響を受ける文書

Imagingの制限による影響が確認されているのは、次の2つの場合です。

  1. 白黒ページとカラーページが混在する文書を読み込んだ場合

  2. 白黒の文書とカラーの文書を一度に複数選択し、読み込んだ場合

(2) ネットワークスキャナードライバーVer.3.3.0以降の動作と読み取り方法

Imagingを使用した場合、弊社ネットワークスキャナードライバーVer.3.3.0以降においては、正しく読み取れたページまでをアプリケーションに取り込み、読み取り中止ダイアログを表示し、読み取りを中止します。
残りのページについては、以下の方法により、継続してスキャンすることが可能です。

  1. 読み取りを行なったコンピューターから、同一のスキャナー、親展ボックスを選択し、文書一覧を再度表示させる。

  2. 「設定ボタン」を押下して、設定ダイアログを開く。

  3. 「表示モード」を「ページ単位」に設定する。

  4. '*'が付いて表示される残りのページを、1ページずつ読み取る。

弊社で確認している各種アプリケーションの注意制限事項は、弊社ネットワークスキャナードライバーのReadmeに記載されています。また、最新のネットワークスキャナードライバーおよび「親展ボックスビューワー2」は、次のサイトから、無償でダウンロードすることができます。
http://www.fujixerox.co.jp/download/

以上

ページのトップへ
ここまで本文

このページのトップへ