ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します

新開発1インチヘッド搭載のA3対応
ビジネス向け高速インクジェットプリンター

2002年7月2日

  • 「WorkCentre B900/ B900N」新発売
  • 高速モードでA4カラー5円/枚*1の低ランニングコスト
WorkCentre B900N
<WorkCentre B900N>
* オプションのトレイモジュール1段と
トレイモジュール2段を装着時

富士ゼロックス株式会社(本社:東京都港区赤坂2-17-22、社長:有馬 利男、資本金:200億円)は、幅広の1インチ・インラインヘッドや高速画像処理テクノロジーD-Rasterの採用により、高速モードでカラー毎分10.9枚(A4タテ)*2の高速プリントが可能なA3ノビ対応のビジネス向けインクジェットプリンター「富士ゼロックスWorkCentre B900 (ワークセンター ビー900)」と同ネットワーク標準対応モデル「富士ゼロックスWorkCentre B900N (ワークセンター ビー900エヌ)」の2機種を開発。7月23日から首都圏より順次発売いたします。

「WorkCentre B900/B900N」は、A4原稿をわずか5回*2のヘッド往復で印字できる幅広の1インチ・インラインヘッドと、高性能コントローラーと画像処理チップを組み合わせた高速画像処理テクノロジーD-Rasterの採用によって、高速モードでカラー毎分10.9枚*2(標準モード7.1枚*3、モノクロ毎分11.7枚*4(標準モード8.8枚*5の高速プリントを実現しました。しかも高速モードでの消耗品コストは、用紙代を除きカラー5円/枚*1、モノクロ1.5円/枚*1と安価です。

新開発の1インチ・インラインヘッドは、最高印刷解像度3,200×1,600dpi(リアル800dpi)の高画質出力が可能です。また印刷データの画像密度の違いや色の重なり具合を事前に解析して、インク量やヘッドの走査回数を自動調整する独自のプリント技術により、普通紙高画質を実現しました。さらにデジタルカメラで撮影した画像の明るさやコントラスト、カラーバランスを自動補正して、手軽にきれいな写真画質を再現します。

インクカートリッジは各色を別々に交換できる独立型で、分離したヘッドカートリッジのサブインクタンクに必要量のインクを自動的に供給するオートマティック・インクリフィル・システムにより、ヘッドの軽量化を図り、ヘッド走査の高速化とインクカートリッジの大容量化(印刷可能枚数各色3,000枚*6を同時に実現しました。

用紙サイズは、A6からトンボ印字が可能なA3ノビサイズに対応*7するほか、インクジェット用官製はがき、封筒、長尺紙にもプリントできます。また給紙容量は、標準の250枚とオプションのトレイモジュール(250枚給紙トレイを3段まで増設可能)により最大1,000枚の給紙が可能で、用紙サイズ別の給紙はもちろん用紙の種類によってトレイを使い分けることも可能です。

インタ-フェイスは、USB1.1、USB2.0、パラレルのほか、100BASE-TX/10BASE-TやTCP/IPプロトコル、IPP等のネットワーク*8にも対応します。さらに、オプションの3プロトコル拡張カードの追加により、SMB(TCP/IP、NetBEUI)、IPX/SPX(NetWare)、AppleTalk®(EtherTalk®が混在するマルチプロトコル環境でも活用できます。

万が一の故障の際は、宅配便業者が梱包箱を持ってプリンターを引き取るピックアップレスキューか、または富士ゼロックスグループのエンジニアが直接訪問修理する年間訪問保守サービスをご用意しています。

なお「WorkCentre B900/B900N」は、最大95Wの低消費電力設計で「国際エネルギースター・プログラム」の基準に適合しています。またグリーン購入法の「プリンタ/ファクシミリ兼用機に対する判断基準および配慮事項」に適合すると同時に、財団法人日本環境協会エコマーク事務局によりエコマーク商品(商品類型:No.122《プリンター》、認定番号:第02122003号)として認定されています。

*1 A4データ密度各色5%原稿、普通紙/高速モード連続印刷時(用紙コスト含まず)
*2 JEIDA標準パターンJ6チャートを普通紙A4サイズ「高速モード」連続印刷時
*3 JEIDA標準パターンJ6チャートを普通紙A4サイズ「標準(速度優先)モード」連続印刷時
*4 JEIDA標準パターンJ1チャートを普通紙A4サイズ「高速モード」連続印刷時
*5 JEIDA標準パターンJ1チャートを普通紙A4サイズ「標準(速度優先)モード」連続印刷時
*6 A4データ密度各色5%原稿、普通紙/標準(速度優先)モード連続印刷時(用紙コスト含まず)
*7 標準トレイ使用時
*8 「WorkCentre B900」はオプションのネットワークカードが必要となります

本件に関するお客様からのお問い合わせは、当社テクニカルサポートダイヤルまで。
フリーダイヤル:0120-71-2209 (土・日・祝日を除く、9時~12時、13時~17時)
        ※携帯電話・PHSからは 048-791-3380
(印刷用の商品画像データも格納しています)
bStore(ビー・ストア)」(富士ゼロックスのインクジェットプリンター総合情報サイト)
ページのトップへ

標準価格】

<本体>
商品名 標準価格(税別) 備考
WorkCentre B900 178,000 円  
WorkCentre B900N 198,000 円 ネットワークカード同梱

<主なオプション>
商品名 標準価格(税別) 備考
増設メモリー(256MB) 50,000 円  
ネットワークカード 30,000 円 TCP/IP
3プロトコル増設カード 20,000 円 IPX/SPX(NetWare)、
AppleTalk®(EtherTalk®)、
SMB(TCP/IP、NetBEUI)
トレイモジュール(1段) 50,000 円 250枚給紙
トレイモジュール(2段) 90,000 円 250枚給紙×2段
専用キャビネット 35,000 円  

<消耗品>
商品名 標準価格(税別) 備考
ブラックヘッド K90 7,900 円 約24,000枚プリント可能
シアンヘッド C90 7,900 円 約24,000枚プリント可能
マゼンタヘッド M90 7,900 円 約24,000枚プリント可能
イエローヘッド Y90 7,900 円 約24,000枚プリント可能
ブラックインク K90L 7,900 円 約3,000枚プリント可能
シアンインク C90L 6,100 円 約3,000枚プリント可能
マゼンタインク M90L 6,100 円 約3,000枚プリント可能
イエローインク Y90L 6,100 円 約3,000枚プリント可能
インク回収BOX 3,000 円 約70,000枚プリントで交換

A4データ密度各色5%原稿、普通紙/標準(速度優先)モード連続印刷時
同梱のインクカートリッジは各色約1,000枚、同梱のヘッドカートリッジのカラーはC/M/Y各色約10,000枚、ブラックは約24,000枚プリントできます(A4データ密度 各色5%原稿、普通紙/標準(速度優先)モード連続印刷時)

上記の価格には、消費税は含まれていません。別途消費税を申し受けます。

ページのトップへ

主な特長】

  1. 標準でカラー毎分7.1枚*1、最高毎分10.9枚*2の高速プリント

    1インチ・インラインヘッドの採用により、1回のヘッド走査時にプリントする幅が広くなったことに加え、データ処理からヘッド駆動、用紙送りにいたるプロセスのスピードを向上しました。普通紙でのカラー文書も標準(速度優先)モードで毎分7.1枚*1、高速モードならば毎分10.9枚*2の高速カラープリントが可能です。

    *1 JEIDA標準パターンJ6チャートを普通紙A4サイズ「標準(速度優先)モード」連続印刷時
    *2 JEIDA標準パターンJ6チャートを普通紙A4サイズ「高速モード」連続印刷時 

  2. 高性能チップコントローラー搭載によるプリント処理の負荷分散と高速化

    画像データの処理を、パソコンとプリンター搭載のコントローラーおよび画像処理専用チップで並列処理する「D-Raster」テクノロジーにより、パソコン側の処理能力が低い場合でもプリントスピードの低下が少なく、ネットワーク環境でのデータ転送も高速です。

  3. ウォームアップ・タイム28秒以下*で最大95Wの低消費電力

    レーザープリンターのウォームアップ・タイム短縮と消費電力低減で課題とされるトナーを加熱して圧着するためのフューザー(定着器)が不要なため、ウォームアップ・タイム28秒以下*で最大95Wの低消費電力を実現しました。

    * 電源投入時、室温20℃

  4. オートマティック・インクリフィル・システムを採用

  5. ビジネス用プリンターに要求されるインクの大容量化とプリントの高速化を、「オートマティック・インクリフィル・システム」の採用により両立しました。これは、ヘッドカートリッジとインクカートリッジを完全に分離して、ヘッド部に搭載されたサブインクタンクのインク残量が規定値以下になると、自動的にインクカートリッジ(メインインクタンク)からヘッドカートリッジにインクを充填するシステムです。これにより、大容量インクカートリッジを持ちながらヘッド部分の軽量化を実現し、高速ヘッド走査を可能にしました。

  6. 最高印刷解像度3,200×1,600dpiの高品位プリント

    高密度リアル800dpiヘッドにより、最高印刷解像度3,200×1,600dpiの高品位プリントを実現しました。また、ノズル数は4色計3,328個(各色832個)で、粒状感を押え階調表現に優れたプリントが可能です。さらにコート紙や光沢紙に出力することで、写真などをより質感豊かにプリントすることができます。

  7. 普通紙にもクリアな画質

    富士ゼロックス独自のHigh Quality Fast Dryタイプの高濃度顔料系ブラックインクを採用しました。高濃度でありながら優れた速乾性を持つため、高速プリントでありながら普通紙にもにじみをおさえたクリアな画質で小さな文字や細い線をクッキリと再現します。

  8. 100BASE-TX、マルチプロトコル対応

    TCP/IPプロトコル、IPPに対応した100BASE-TX/10BASE-Tのネットワーク・インターフェイス・カードを装備*しており、オプションの3プロトコル拡張カードの追加により、SMB(TCP/IP、NetBEUI)、IPX/SPX(NetWare)、AppleTalk®(EtherTalk®)が混在するマルチプロトコル環境にも対応します。

    * 「WorkCentre B900」はオプション対応

  9. Webブラウザーでプリンター状態を管理*

    EWS(Embedded Web Server)を利用した「CentreWareTM Internet Service」により、「WorkCentre B900N」のIPアドレスを指定するだけで、Webブラウザー上からプリンターの状態管理、設定、印刷ジョブの状態把握が可能です。

    * 「WorkCentre B900」はオプション対応

  10. オフィスの経費削減をサポート

    インクカートリッジの大容量化とインクの消費量を抑える高速モードにより、ランニングコストを低減しました。用紙代を除いた出力コストは、「高速モード」で1枚当りカラー5円*1、モノクロ1.5円*1、「標準(速度優先)モード」でカラー10円*2、モノクロ3円*2と安価です。また、国際エネルギースター・プログラムに適合した低消費電力設計ですので、オフィスの省エネルギーと経費削減に貢献します。

    *1 A4データ密度各色5%原稿、普通紙/高速モード連続印刷時
    *2 A4データ密度各色5%原稿、普通紙/標準(速度優先)モード連続印刷時

ページのトップへ

主な仕様】

  WorkCentre B900 WorkCentre B900N
形式
デスクトップ
プリント方式
サーマルインクジェット
印字ヘッド
ブラック:832ノズル、カラー:2,496ノズル(各色832ノズル)
ウォームアップ・タイム
電源投入時から 28秒以下(室温20℃)
印刷解像度
最高3,200×1,600dpi
階調
各色256階調(1,670万色)
連続プリント速度*1
モノクロ:8.8枚/分、カラー:7.1枚/分
用紙サイズ 標準トレイ
A3ノビ(329×483mm)、A3、B4、A4、B5、A5、A6、
8.5×13"、8.5×11"、11×17"、
官製はがき、封筒(洋形2号/4号)、
ユーザー定義(98~330.2×146.1~483mm)
印字可能領域:先端/後端/左右両端 3mmを除く領域
手差しトレイ
長尺紙(210×1,188mm)、
ユーザー定義(98~330.2×146.1~1040.3mm)
印字可能領域:先端/後端/左右両端 3mmを除く領域
オプショントレイ
A3、B4、A4、B5、8.5×14"、8.5×13"、8.5×11"、11×17"
印字可能領域:先端/後端/左右両端 3mmを除く領域
用紙種類 標準トレイ
普通紙(坪量60~135g/m2)、再生紙、コート紙、光沢紙
インクジェット用官製はがき、光沢はがき、コートはがき、専用OHPフィルム、封筒 
手差しトレイ
長尺紙、厚紙(0.3mmまで)
オプショントレイ
普通紙(坪量60~135g/m2)、コート紙 
給紙容量 標準トレイ
普通紙:250枚
手差しトレイ
1枚
オプショントレイ
普通紙:250枚(1段もしくは2段、1段+2段の構成が可能)
出力トレイ容量
普通紙:250枚
CPU
RISC CPU 64bit 200 MHz
メモリー容量
標準:8MB、メモリースロット数:1、オプション:256MB(最大264MB)
対応OS
日本語版Windows® XP/Me/98/95/2000、Windows NT®4.0
Mac®OS 8.6~9.2.2、Mac®OS X10.1~10.1.5
インターフェイス 標準
USB*2(2.0/1.1)、双方向パラレル
Ethernet 100BASE-TX/10BASE-T、
USB*2(2.0/1.1)、双方向パラレル
オプション
Ethernet 100BASE-TX/10BASE-T
対応プロトコル 標準
TCP/IP
オプション
TCP/IP*3、SMB(TCP/IP、NetBEUI)*4、EtherTalk®(AppleTalk®*4、IPX/SPX(NetWare)*4
SMB(TCP/IP、NetBEUI)*4
EtherTalk®(AppleTalk®*4
IPX/SPX(NetWare)*4
電源
AC100V、50/60Hz使用
稼働音
稼働時:6.2B(A)/48dB(A)以下 待機時:2.8B(A)/15dB(A)以下
消費電力
最大:95W以下、スリープモード時:5W以下
平均:待機時25W以下、稼働時48W
大きさ
530幅×593奥行×333高さmm
質量
約24Kg(同梱用消耗品含む)

*1:
測定チャートは、モノクロ測定サンプル(JEIDA標準パターンJ1)、カラー測定サンプル(JEIDA 標準パターンJ6)プリントモードは、普通紙/標準(速度優先)モード、各々A4タテ同一原稿出力時
*2:
Windows® XP/Me/98/2000プレインストールモデル、ならびにWindows® 98プレインストールモデルからWindows® XP/Me/2000にアップグレードした場合、およびUSBインターフェイスを標準搭載したMacintosh®に対応します。(但し、USB対応機器全ての動作を保証するものではありません。)
*3:
ネットワークカード増設時
*4:
3プロトコル拡張カード増設時(WorkCentre B900はネットワークカードが増設されている必要があります。)

  • Microsoft®、Windows®、Windows NT®は、米国マイクロソフトコーポレーションの米国およびその他の国における登録商標です。
  • Macintosh®、Mac® OS、EtherTalk®、AppleTalk®は、米国アップルコンピュータ社の登録商標です。
  • NetWareは、米国ノベル社の米国における登録商標です。
  • その他の社名または商品名等は、各社の登録商標または商標です。
  • XEROX、The Document Company、および“デジタルX”のマークは、商標または登録商標です。
ページのトップへ
ここまで本文

このページのトップへ