ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します

テレビCMイメージキャラクターに“AFRA”起用

2004年2月6日

  • ニューヨークで注目の日本人青年ミュージシャン
  • 多彩な機能を持つ新商品のイメージをプロモーション


富士ゼロックス株式会社(本社:東京都港区赤坂2-17-22、社長:有馬利男、資本金:200億円)は、新デジタルカラー複合機販売プロモーションのため、テレビCMイメージキャラクターに“AFRA”を起用いたします。

当社は1月30日より、基本性能を強化したデジタルカラー複合機「富士ゼロックスDocuCentre Color a450 / a360 / a250(ドキュセンターカラー エー450 / エー360 / エー250)」 3機種と、さらにソリューション対応機能を強化したデジタルカラー複合機「富士ゼロックスDocuCentre Color f450 / f360 / f250(ドキュセンターカラー エフ450 / エフ360 / エフ250)」 3機種を販売開始いたしました。

これらの商品は、「コピー」「ファクス」「プリンター」「スキャナー」など1台で複数の機能を有し、さらに個々の機能について従来の基本性能を強化し、これらの機能を同時に活用することによってお客様の業務の生産性を高めることを狙いとして設計されています。

今回この商品に特化したテレビCM用イメージキャラクターとして起用する “AFRA”は、米国ニューヨークのミュージックシーンで活躍するヒューマン・ビート・ボクサーと呼ばれる日本人青年ミュージシャンです。彼は楽器を使わずに色々な音を口で発することができ、これらの音をアレンジしてラップ音楽として表現することができます。この音楽はヒューマン・ビート・ボックスと呼ばれ、一人で自在に表現するHOTな音楽として今注目されています。“AFRA”はこのジャンルのミュージシャンの中でも、その特徴的なサウンドによってニューヨークや日本の若者の中で急速に人気を集めている一人です。

今回のテレビCMでは、彼の発する多彩な音を当社新商品の持つ多彩な機能の一つ一つに重ねあわせ、またリズム感のある調和の取れた演奏とそれを初めて目の当たりにする新鮮な驚きを、複数のことを同時に処理でき業務の生産性を意識した新しいコンセプトの商品のイメージに重ねて訴求しております。

さらに先進的でかつ未知なる才能とその可能性が、この新商品カラーデジタル複合機から拡がる今後の当社デジタルカラー複合機の可能性を表現しています。

今後これらの商品について、当社は全社を上げた大々的な販売活動を展開する予定で、その一環として今回の商品に特化したテレビCMを製作いたしました。

これに連動する商品プロモーション活動として、ひとつは全国での商品紹介イベント(東京、大阪、愛知、神奈川、宮城、福島、新潟、石川、福井、千葉、静岡、岐阜、福岡、熊本、鹿児島、沖縄など)の開催を予定いたしております。

また、新聞各紙へのシリーズ形式の広告、交通広告、さらに当社公式ホームページでの紹介など、「富士ゼロックスDocuCentre Color a450 / a360 / a250」、「富士ゼロックス DocuCentre Color f450 / f360 / f250」に関する総合的なプロモーション活動を展開する予定です。

テレビCMに関しては、当社特別協賛の2004年3月6日(土)13:30 キックオフ予定(東京・国立霞ヶ丘競技場)の “ゼロックススーパーカップ”放送時間内にも配信予定となっております。

[CM配信スケジュール]
○テレビCM開始予定日: 2004年2月9日(月)

“AFRA”出演のテレビCMの1シーン
<“AFRA”出演のテレビCMの1シーン>

ページのトップへ

ここまで本文

このページのトップへ