ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します

お詫びとお知らせ

2004年4月13日

富士ゼロックス株式会社

  • お客様各位


この度、当社が製造した商品の一部で、FAX送信またはスキャンしてeメール送信した内容が別の画像に置き換わって送信されるという現象が発生しました。この現象は、複数の事象が重なったとき(*下記参照)に発生する極めて稀な現象ではございますが、下記の商品で発生する可能性があります。

そこで、当社といたしましては、全対象商品について、当月中に修正作業を実施いたします。

つきましては、お客様にはご不便をおかけいたしますが、作業時間は1台あたり30分ほどを予定しておりますので、エンジニアが訪問のうえ修正ソフトウェアをインストールさせていただきたく、ご理解ご協力を賜りますようお願い申し上げます。なお、ご質問やご要望につきましては、担当の営業部門ほか下記お問い合わせ窓口においても承っております。

お客様には多大なご迷惑をおかけしますことを深くお詫び申し上げます。今後こうした事態が再発することのないよう、品質管理を一層強化してまいりますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

[対象商品]
DocuCentre Color 160 CP DocuCentre Color 240 CP DocuCentre Color 320 CP
DocuCentre Color 400 CP DocuCentre 507/508CP DocuCentre 507 CP-MD
DocuCentre 607/608CP DocuCentre 707/708CP DocuCentre 559 CP
DocuCentre 659 CP DocuCentre 719 CP DocuScan Color 1950NW


 
[お問い合わせ窓口]
 
本事象の対応はすべて終了いたしましたので、お問い合わせ窓口を閉鎖いたします。

以上


ページのトップへ

* 本現象発生のメカニズム

送信した内容が別の画像に置き換わって送信されるという現象が発生するメカニズムをFAX送信の場合を例にとって説明します。なおScan機能(Scan to E-Mail, Scan to PC、Scan to Server)時の文書違い発生メカニズムもFAX送信と同様です。

  まず
(1) 以前にFAXを使用されたときに、
(2) 原稿が2枚以上ある場合で、
(3) 2枚目以降の原稿読込時に停電や電源瞬断などが起こった場合に、ハードディスクに送信画像が不完全な状態で残ることがあります。
その状態で、
(4) その後、FAX操作やコピー操作などを9,999回以上行った後、内部カウンター(*1)が一巡して、(1)の時と同じカウンター番号になり、
(5) FAX(コピーなどではなく(1)と同じFAX操作)を利用したときに、
発生します。
つまり上記の5つの条件が全て重なった場合にのみ発生します。
  (*1) 例えばスタートボタンを1回押すごとに、機械の内部に持っているカウンター(メーターカウンターではありません)が1つ上がり、9,999を超すと1に戻ります。
  これは、当社の算定によれば
1日あたり10回のFAX送信(Scan機能含む)する場合、5年間で発生する確率は0.0006件です。


ページのトップへ

 

ここまで本文

このページのトップへ