ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します

ファクシミリ(FAX)をより安心してお使いいただくための
お知らせ(その2)

2005年4月28日

富士ゼロックス株式会社

  • お客様各位


2005年4月1日より個人情報保護法が施行されたことから、個人情報を保護することに対する社会の関心が高まっており、企業においても情報セキュリティがいっそう重要な課題になってきております。重要な情報通信手段であるファクシミリに関しまして、弊社は、すでに2004年9月28日付で弊社のホームページに「ファクシミリを安心してお使いいただくためのお知らせ」を掲載しておりますが、ファクシミリ端末には問題がないにもかかわらず、極めて稀な例ですが、ファクシミリの接続環境、交換機の動作など、複数の要因が組み合わさる場合に、意図しない相手に回線が接続され、そのまま通信を開始してしまう事例が存在し、弊社製品に限らずファクシミリ一般の現象として報告されております。
ファクシミリは、電話回線を用いて電話番号をダイヤルするだけの簡単な操作によって通信できるという利便性があることから、現在の高度情報化社会においても日常的に幅広く使用されておりますが、個人情報や企業の重要な情報を通信する場合、間違った相手に送信してしまうことによる情報の漏洩を防止する必要性が高まっています。しかしながら、ファクシミリ通信においては、漏洩を防止する為の機能を搭載していたとしても、電話番号によって相手機と接続される基本機能のために、意図しない相手と接続されて送信者が情報を送信してしまう場合があり得ます。
通信環境が複雑化してきておりますので、このような現象を予防するためには、ファクシミリ通信においても環境に合わせた設定や操作が必要となってきております。つきましては、ファクシミリが意図しない相手に送信されることを防ぐために、お客様へのお願いをお読みいただき、情報通信の安全性を高める方法でファクシミリをご使用いただきますようお勧めいたします。

ページのトップへ




お客様へのお願い
ファクシミリが意図しない相手に送信されることを防ぎ、確実に意図した相手に送信するために、以下の操作方法にご注意いただき、ファクシミリをご使用くださることをお勧めいたします。
  1. 相手先のファクシミリ番号、ワンタッチダイヤルまたは短縮ダイヤルの番号については、取扱い説明書を参照いただき、画面表示等でご確認のうえご使用ください。
  2. 短縮ダイヤルまたはワンタッチダイヤルなどをご使用される場合は、お客様の回線環境をご確認のうえ、取扱い説明書を参照いただき、正しい相手と接続されるように登録していただきますようお願いいたします。
  3. お客様の回線環境やご使用のファクシミリ機種によって設定は異なりますが、弊社ファクシミリでは誤通信を防止するための機能を搭載しております。幾つかの例を記載いたします。ご利用いただける機能およびご使用方法につきましては、該当機種の取扱い説明書または弊社ホームページの関連リンク(PDF)先をご覧ください。
  • 受話器を持ち上げる、またはオンフックボタンを押すと、「ツ、ツ、ツ…」と断続音が聞こえる回線(構内交換機に接続されている場合など)では、外線番号(0など)に続けて「=(イコール)」または「!」記号を登録します。「=」を使う機種、または「!」を使う機種については、説明書をご覧ください。
  • 登録例 1 0=044812xxxx
    登録例 2 0!044812xxxx
  • 上記のように「ツ、ツ、ツ…」と断続音が聞こえる回線でも、外線番号(0など)を押した後は無音になる回線環境では、「=」および「!」記号はご利用いただけません(送信しなくなります)。このような場合は外線番号に続けて「−(ポーズ)」をご使用いただく必要があります。
  • 登録例 3 0−044812xxxx
  • パスワードを使用した送信機能を利用すると、指定した相手機にだけ送信する事ができます。但し、相手機での登録が正しく行なわれている必要があります。この機能をご利用いただける機種については該当機種の説明書をご覧ください。

以上

ページのトップへ

ここまで本文

このページのトップへ