ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します

電子ホワイトボード上に描く情報を
遠隔の2拠点で同時に共有

2005年8月15日

  • 遠隔型コラボレーションサービス「InteractiveWall」 新発売
  • テレビ会議システムとの連携によりコラボレーション機能を向上
 


  富士ゼロックス株式会社(本社:東京都港区赤坂2-17-22、社長:有馬利男、資本金:200億円)は、遠隔地との会議の際にテレビ会議システムと連携し、電子ホワイトボード上に考えをメモしたり図解したり、あるいはサーバーに格納された文書を取り出して表示したり、ネットワークを介して双方向で同時に情報を表示し共有できる遠隔型コラボレーションサービス「富士ゼロックスInteractiveWall(インタラクティブ・ウォール)」を開発、8月16日より販売開始いたします。  

  従来のテレビ会議システムは、映像や音声によって会場の様子をやりとりするに留まっていましたが、「InteractiveWall」はさらに、板書による手書きメモや電子文書を双方の会場に同時に表示して共有でき、遠隔地間でのコラボレーションを強力に支援します。離れた場所にいる複数のスタッフで議論を交わし検討を進める上で、ホワイトボードに書いたり消したり、ネットワーク上にある資料を取り出したり仕舞ったり、表示した文書にメモ書きしたりと、あたかもその場に同席しているかのような臨場感は、会議の生産性向上に大きく貢献します。  

  「InteractiveWall」の操作は、操作パネルからメニューを選んだり、タッチペンと指の動作で指示するだけの極めて簡単なものです。人の直感的な振る舞いの延長で操作でき、パソコンでは標準のキーボードやマウスといったものも必要ありません。さらに、ICカードとの組み合わせによって、システムのユーザー認証、ログイン、必要な資料へのアクセス、取り出しなどを制御できます。自分専用のICカードさえあれば、どこに設置された「InteractiveWall」であっても、すぐに自分の機器としての利用が可能になります。  

  このほか、ボードに書いたメモや表示した文書への書きこみなどを自動的に次々と記録しておくことができ、会議終了後、デスクに戻って自分のパソコンから議論の経過の振り返りなども簡単に行なえます。  

 
< 「InteractiveWallを使った遠隔会議」 >
「InteractiveWallを使った遠隔会議」
 


  【 「InteractiveWall」の利用を円滑にする支援サービス 】  

  「InteractiveWall」をより効率よく利用いただくためのサービスとして、利用環境の初期のセットアップ、会議の記録や会議資料の文書管理、機器やネットワークの障害切り分けと復旧など、3つの支援サービスを用意しました。  
    (1) 環境設定サービス  
      機器の設置場所に訪問し、ソフトウエアのインストールやネットワークへの接続など、「InteractiveWall」を利用できる状態に整備する、初期の環境設定サービスです。  
    (2) アクセスサービス  
      「InteractiveWall」を利用した会議の開始時の出欠記録、終了時までの会議の履歴、ファイルの格納と取り出し、メモや資料への加筆、資料の新規作成、終了後の会議履歴の共有化など、遠隔会議に付随する様々な周辺サービスを提供します。
また、サービスを利用するに際しての様々な問い合わせも、電話やメールなどによってサポートを行ないます。
 
    (3) サポートサービス  
      「InteractiveWall」サービスは、ハードウエア、ネットワーク、アプリケーション等の複合システムのため、万一障害が発生した場合は、お客様の要請に応じて設置先に訪問し、原因の特定や復旧を行ないます。  

    ◆ 本件に関するお客様からのお問い合わせ先は、当社お客様相談センターまで。  
    フリーダイヤル :0120-27-4100 土・日・祝日を除く、9:00~12:00、13:00~17:00  


  【 「InteractiveWall」のサービスメニューと標準価格 】  

 
◆ 環境設定サービス(初期の一括支払い方式)
  サービス商品名 主なサービス内容 金額
基本 サーバー環境
設定サービス
暗号化機能、認証機能など、インタラクティブウォール・サーバーの利用環境を設定 200,000 円
クライアント環境
設定サービス
インタラクティブウォール・クライアントを構成する機器の各種設定やサーバー接続 150,000 円
オプション 管理者用環境
設定サービス
インタラクティブウォール・サーバー管理者環境の増設 45,000 円 / 管理者あたり
会議体 / ユーザー
登録サービス
「会議体」(5個まで)の設定と、ユーザーの登録(50人分)
「会議体」とは、会議名称
180,000 円 / サーバーあたり
 

 
◆ アクセスサービス(月額支払い方式)
  サービス商品名 主なサービス内容 金額
基本 サーバー
アクセスサービス (10)
インタラクティブウォール・クライアントを通じた、会議資料の取り出しと格納
サーバー用ソフトウエア管理費用
1,000 円 / 月
サーバー
アクセスサービス (50)
3,500 円 / 月
サーバー
アクセスサービス (250)
16,000 円 / 月
サーバー
アクセスサービス (1000)
50,000 円 / 月
クライアント
アクセスサービス
インタラクティブウォール・クライアントを通じた、会議資料の取り出しと格納
クライアント用ソフトウエア管理費用
28,000 円 / 月
 

 
◆ サポートサービス(月額支払い方式)
  サービス商品名 主なサービス内容 金額
オンサイト サーバー
サポートサービス (A) 
インタラクティブウォール・サーバーに対する障害切り分け、復旧等 40,000 円 / 月
サーバー
サポートサービス (B) 
同サーバーに対する障害切り分け復旧、および会議資料用サーバー保守を含む 52,000 円 / 月
クライアント
サポートサービス 
インタラクティブウォール・クライアントに対する障害切り分け、復旧等 28,000 円 / 月
 

  < サービス利用の最小構成モデル >(2拠点間利用)  
 
初期の環境設定料 50万円~
(クライアント15万円×2+サーバー20万円)
アクセスサービス料 57,000 円 / 月~
(クライアント28,000 円 / 月 × 2+サーバー1,000 円 / 月)
サポートサービスは、オプション。
いずれの場合も、電子ホワイトボード用の表示ディスプレイなどは、別途必要です。
また、インタラクティブウォール・サーバーの会議資料の格納/共有機能として、別途「富士ゼロ ックス DocuShare」が必要です。
以上の価格、関連するサービスなどの料金には、消費税は含まれていせん。
別途 消費税を申し受けます。
 

  【 主な特長 】  

    1. 板書を中心にした遠隔のコラボレーション環境を提供  
      離れた拠点にある「InteractiveWall」同士がネットワークで接続されるため、板書を中心にした新しい遠隔会議の環境を実現します。従来のテレビ会議は、相手の姿を映像で確認し、お互いの顔を見ながら直接の会話によって会議を行なうことが最大のメリットでした。  
      「InteractiveWall」では、会議で利用するホワイトボードや、プレゼンテーションの資料などを中心にして、複数の人が通常の会議スタイルを変えることなく会議に参加ができるため、会議のための移動や日程調整に煩わされること無く、余裕が生まれます。  
    2. 多人数型会議における卓越したコストパフォーマンス  
      多人数によるコラボレーションを例えばWebカンファレンスで行なう場合、参加者数に応じた利用料金が必要となります。  
      「InteractiveWall」サービスは、複数人数の会議を対象に会議の場所単位での課金設計をしているため、3人以上の複数人数でリアルタイムにコラボレーションする場合には、コストパフォーマンスに優れています。  
    3. ICカードの利用によりユビキタスなワークスタイルを予見  
      ICカードを利用することで、オフィスにいる人たちのワークスタイルを変えていくことが可能です。会議の記録を機密性の高いネットワーク環境で共有できるほか、その資料をプリントする場合に認証印刷を行なったり、閲覧の許諾を自由に設定できるなど、個人の属性に合わせて様々なコンテンツの利用方法を提供します。  
      コンテンツや機器を持ち歩くのではなく、どこに居ても行った先々の場所にあるものをネットワークに接続して利用できる、まさにユビキタスな環境の第一歩を実現しました。  

  < システム利用のイメージ >  
  システム利用のイメージ  


ここまで本文

このページのトップへ