ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します

オフィス市場向けから印刷市場向けまで
デジタル複合機/プリンター12機種を一挙に投入

2007年11月20日

  • 新プリント技術と業界初の環境技術採用(オフィス市場向け5機種)
 


富士ゼロックス株式会社(本社:東京都港区赤坂9-7-3、代表取締役社長:山本 忠人、資本金:200億円)は、オフィス市場向けに、フルカラーデジタル複合機6機種(ApeosPort-III C4400、DocuCentre-III C4400、ApeosPort-III C3300/C2200、DocuCentre-III C3300/C2200)、モノクロデジタル複合機3機種(DocuCentre-III 3000/2000、4112)、カラーページプリンター1機種(DocuPrint C2250)と、印刷市場向けモノクロパブリッシングシステム2機種(4112 Light Publisher、4127 Light Publisher)の計12機種を開発、11月21日より順次販売を開始注1いたします。

オフィス市場向け複合機ApeosPort-III C3300/C2200、DocuCentre-III C3300/C2200、およびプリンターDocuPrint C2250の5機種は、高解像・高画質なLED(発光ダイオード)方式を取り入れた新しいプリント技術を搭載した上に、業界初となる2つの環境技術を採用しています。
これらの5機種は、第4回「エコプロダクツ大賞 エコプロダクツ部門 『経済産業大臣賞』」を受賞(2007年11月15日エコプロダクツ大賞推進協議会事務局発表)いたしました。

  • 高解像・高画質なLEDプリントヘッド方式を搭載
    新開発のLED方式では、感光体ドラムに画像を書き込む装置として、従来のレーザー方式ではなく、LEDを光源に使ったLEDプリントヘッドを搭載しています。これまでLED方式の課題であった光量ムラによる画質の不安定さなどを改善しレーザー方式と同等以上の1200dpi×2400dpiの高画質を実現しました。
    同時に、LEDプリントヘッドは、ポリゴンミラーやミラーを回転させるためのモータ ーなどが不要なので小型化(レーザー方式と体積比で約1/40)でき、複合機については、広く確保した機械内部のスペースに、ホチキス止めが可能なフィニッシャーを装備することで、省スペース化を実現します。

  • 鉛「ゼロ」シャフトやバイオマス樹脂の使用など、環境性能を大幅に強化
    業界初となる環境技術としては、(1)機械本体出力部の紙送りなどの部品に特定有害物質である鉛を含まないシャフトを採用し、(2)本体可動部分(ドラムカバー部分)に植物由来成分30重量%以上のバイオマス樹脂を使用しています。
    このほか、消費電力の少ないコントローラーの採用や高効率ランプ・温度制御 技術などにより、スリープモード時の消費電力を従来機の10W以下から1.5W以下注2へと大幅に改善しています。「国際エネルギースタープログラム」の適合基準であるTEC値注3も1.69kWh/週注4で、従来機注5の約4分の1に低減しました。
    静粛性にも優れ、待機時20dB注6、稼動時47dB注7とモノクロ複写機並みの低騒音など、環境性能を大幅に向上しています。

    さらに、ApeosPort-III C3300/C2200、DocuCentre-III C3300/C2200は、ユニバーサルデザインに配慮しており、軽くて引き出しやすい給紙トレイや原稿読み取り部と出力部との分離設置が可能なタイプも用意しています。

  • ドキュメント環境をトータルに管理する機能を充実
    今回発売するラインナップには、ドキュメントのマネジメントやセキュリティ機能を強化した共通のソフトウエアを搭載しています。これにより、複合機だけでなく、プリンターも同じレベルのセキュリティ強化や出力時の管理・集計・運用が可能となることで、オフィスのドキュメント環境をトータルに管理することができ、TCO削減にも大きく貢献します。
    例えば、ICカードをカードリーダーにかざすだけで簡単に認証され、コピー・プリント出力ができます。また、この認証システム注8では、認証されないかぎり出力できないため、プリントの取り忘れや取り間違えによる持ち出しなどを防止することができます。さらに、プリント履歴管理も可能になり、複合機とプリンターの利用状況を一元的に管理できます。複合機もプリンターも一枚のICカードで作業できるので、使いやすくてセキュアなプリンティング環境を構築することが可能です。

印刷市場向けには、4112 Light Publisher、4127 Light Publisherの2機種を用意しています。新たに2機種を投入することで、競争力のあるラインナップ強化を図ります。上位機種4127 Light Publisherは、コピー・プリントスピード毎分125枚(A4ヨコ)の高速・大量出力に対応します。オフィス市場向け複合機と同等のセキュリティ機能などを維持しながら、高い生産性を発揮します。

注1: 4112、4112 Light Publisher、4127 Light Publisherのみ、12月4日より販売開始。
注2: Pモデル。PFモデル/PFSモデルは2W以下。ネットワーク接続時。DocuPrint C2250も1.5W以下で従来機は5W以下。
注3: 一週間の標準的な消費電力量の試算値。
注4: Pモデル、25枚機。35枚機では2.45kWh/週。
PFモデル/PFSモデルは25枚機で1.78kWh/週、35枚機で2.56kWh/週。
DocuPrint C2250は1.63kWh。
注5: ApeosPort-II C3300 / C2200、DocuCentre -II C3300 / C2200。
注6: ApeosPort-III C3300/C2200、DocuCentre-III C3300/C2200の場合。(ISO7779による音圧レベル)
注7: 25枚機。35枚機では、50dB(ISO7779による音圧レベル)。
注8: オプション(IC Card Gate 2または、IC Card Gate 2 for FeliCa)。

◆ 本件に関する問い合わせは、当社お客様相談センターまで。
フリーダイヤル:0120-274100 土・日・祝日を除く、9:00~12:00、13:00~17:00

ページのトップへ

◆ ApeosPort-III C4400 / DocuCentre-III C4400
ApeosPort-III C4400
ApeosPort-III C4400

【標準価格】

商品名 標準価格(税別) 備考
ApeosPort-III C4400 PFS 2,830,000 円 コピー・プリント・ファクス・スキャン機能搭載
ApeosPort-III C4400 PFST 2,890,000 円 コピー・プリント・ファクス・スキャン機能搭載
DocuCentre-III C4400 P 1,895,000 円 コピー・プリント機能搭載
DocuCentre-III C4400 PFS 2,380,000 円 コピー・プリント・ファクス・スキャン機能搭載
DocuCentre-III C4400 PFST 2,440,000 円 コピー・プリント・ファクス・スキャン機能搭載

<主なオプション>
商品名 標準価格(税別)
大型カラー操作パネル 200,000 円
フィニッシャーB 200,000 円
フィニッシャーC 450,000 円
中とじフィニッシャーC 500,000 円
スキャナーキット 100,000 円
ペーパーセキュリティキット 198,000 円

<トータルサービス契約(月額プリント料金)

ApeosPort-III C4400/ DocuCentre-III C4400
[黒モード] [カラーモード]
1,000枚まで
1,001枚~5,000枚
5,001枚以上
8.5 円
7.0 円
6.5 円
1,000枚まで
1,001枚~3,000枚
3,001枚以上
45 円
40 円
35 円
[最低プリント料金] 8,500円

注: 商品、関連するサービスなどの料金には、消費税は含まれていません。別途消費税を申し受けます。
注: システム価格に、ネットワークケーブルやハブなどの価格は含まれていません。

ページのトップへ

【主な特長】
  1. Apeosport-III C4400/DocuCentre-III C4400の特長
    • 高速プリント
      • マイクロ・タンデム・レーザーエンジンによりモノクロ45枚/分、カラー40枚/分を実現
        エンジンには、豊富な実績を重ね、これまで多くのお客様から高い評価をいただいてきた、マイクロ・タンデム・レーザーエンジンを採用。モノクロ45枚/分、カラー40枚/分の連続プリントを実現します。スピーディなビジネスを展開するお客様に、優れた生産性と信頼性を提供します。
        注: A4ヨコ。
    • 環境対応
      • 各種の法令や基準をクリア
        ApeosPort-III C4400/DocuCentre-III C4400は、環境への配慮を徹底し、国際エネルギースタープログラムの新基準や、グリーン購入法への適合、エコマーク商品の認定など、各種法令や基準をクリアしています。また、欧州連合(EU)が、電気・電子機器を対象に、2006年7月から開始した有害物質規制であるRoHS指令にも適合。鉛、六価クロム、カドミウム、水銀、ポリ臭化ビフェニール(PBB)、ポリ臭化ジフェニルエーテル(PBDE)は同指令に定める含有率以下となっています。
        注: オプションの一部には、適合確認中のものがあります。
    • ユニバーサル
      • カラーユニバーサルデザイン認証を取得
        NPO法人カラーユニバーサルデザイン機構による、「カラーユニバーサルデザイン認証」を取得。色覚の個人差に左右されること無く、多くの人に使いやすいよう配慮された商品と認定されました。
  2. ApeosPortの付加価値
    • サーバーを介さず、受信ファクスをPCに転送。
      • ペーパーレスファクス+ジョブフロー
        ファクス文書の電子化、いわゆる「ペーパーレスファクス」についてもジョブフローとして登録できます。ApeosPortの親展ボックスにジョブフローを設定することで、受信したファクス文書の電子化および配信が、本体のみで実現できるようになります。たとえば、受信と同時にDocuWorks文書やPDFに変換して自分のPCに転送するような一連の操作も自動処理できます。
    • 空いている複合機からプリント可能。
      • マルチモデルオンデマンドプリント
        PCから出力指示した後、空いているApeosPortを選んで出力することも可能です。別売ソフトウエア「DocuHouseオンデマンドプリント」を利用すれば、クライアントPCから送られたデータを一旦サーバーで保留し、対応する複合機やプリンター側からあらためて指示を出すことで出力を開始できます。蓄積されたデータを確認できるのでムダなプリントを抑えられるうえ、出力されたまま放置された文書を第三者に見られたり、持ち去られる危険性も低減できます。
        注: オプション。外部アクセスキット、増設システムメモリー(512MB)が必要。
        注: 2008年春対応予定。
  3. スキャン
    • 全文検索が可能なテキスト付き文書を生成できます
      スキャンデータのE-mail送信、SMB、FTP保存時に、本体内部でOCR処理し、テキスト情報を含むDocuWorks文書やPDFの生成が可能です。情報検索やドキュメント作成時の再利用に役立ちます。
      注: オプション。サーチャブルPDFキット、イメージ圧縮キット、増設電源キット、増設システムメモリー(512MB)が必要。
  4. セキュリティ
    • IPv6のほか各種の通信規格に対応します
      インターネットユーザーの増加にともない、標準化が進められてきた次世代のプロトコルIPv6注1のほか、インターネットをはじめとするネットワーク層で暗号化通信を行なうためのプロトコルIPsec注2に対応しました。また業界標準の通信プロトコルSNMPv3やユーザー認証プロトコルのIEEE802.1xなど、セキュリティの強化にも貢献する各種の通信規格に対応しています。
      注1: Internet Protocol Version 6
      注2: Security Architecture for Internet Protocol
    • ファクスの誤送信を抑止するさまざまな機能を充実させました
      ファクスの宛先を間違えて送ってしまうことは、誰もが身近にしてしまう可能性がある一方、取り返しのつかない事態に発展しかねない重要な問題です。そこでApeosPortには、以前にかけた相手先をリスト表示させ、ワンタッチでリダイヤルさせる「手動リダイヤル」をはじめ、ファクス誤送信を抑止する機能を充実させています。
      • 宛先再入力
      • 宛先表以外の送信禁止
      • 宛先確認画面表示
      • 手動リダイヤル
  5. エコロジー
    • エコマーク認定、グリーン購入法適合のほか、厳しい基準をクリアした資源循環型の商品です。
      • グリーン購入法に適合
      • 国際エネルギースタープログラムに適合
      • エコマーク事務局認定・エコマーク商品(認定番号:第07117008号、第07117008号)
      • 独自の厳しい基準をクリアした資源循環型商品

ページのトップへ

【主な仕様】 (ApeosPort-III C4400)

<基本機能/コピー機能>
項目 内容
形式 コンソールタイプ
メモリー容量 768MB (最大1024MB)
ハードディスク容量 40GB
カラー対応 フルカラー
読み取り解像度 600×600dpi
書き込み解像度 600×600dpi
階調/表現色 各色256階調(1,670万色)
ウォームアップ・タイム 45秒以下(室温20℃)
複写原稿 シート・ブック共に最大297×432mm(A3、11×17″)
複写(用紙)サイズ 最大 A3、11×17
[手差しトレイでは最大:12.6×17.7″(320×449.6mm)、12×18″(304.8×457.2mm)]
最小 A5
[手差しトレイでは郵便はがき(日本郵便製)、封筒(長形3号)(120×235mm)]
画像欠け幅 先端4mm以内、後端2mm以内、奥/手前2mm以内
複写用紙注1 トレイ 64~169g/m2
手差しトレイ 55~220g/m2
ファーストコピー・タイム モノクロ:4.6秒(A4ヨコ/モノクロ優先モード時)、
カラー:6.4秒(A4ヨコ/カラー優先モード時)
複写倍率 等倍 1:1±0.7%
固定倍率 1:0.500, 1:0.707, 1:0.816, 1:0.866, 1:1.154, 1:1.225, 1:1.414
任意倍率 1:0.25~1:4.00 (1%きざみ)
連続複写速度注2   〔モノクロ〕 〔カラー〕
A4ヨコ/B5ヨコ/A5ヨコ 45枚/分 40枚/分
A4/B5 34枚/分 30枚/分
B4 27枚/分 24枚/分
A3 22枚/分 20枚/分
給紙方式/
給紙容量注3
標準 560枚×4トレイ+手差しトレイ100枚
最大給紙量注4 2,340枚
連続複写枚数注5 999枚
出力トレイ容量注3 400枚(A4ヨコ)、200枚(A3)
電源 AC100V±10%、15A、50/60Hz共用
最大消費電力 1.5kW以下
スリープモード時:10W、低電力モード時:90W、待機時:230W
大きさ 幅666×奥行794×高さ1,141mm
質量 166 kg
機械占有寸法 幅967×奥行794mm(手差しトレイを最大に伸ばした時)

注1:当社推奨用紙をお奨めします。使用条件によっては正しく印刷できない場合があります。
注2:画質調整のため速度が低下することがあります。
注3:当社P紙。
注4:モデルPFSTは、標準560枚×2+980枚+1,280枚+手差し100枚=最大給紙量3,480枚です。
注5:画質安定化処理のため、機械の動作を一時的に中断することがあります。

<プリント機能>
項目 内容
形式 内蔵型
連続プリント速度 基本機能/コピー機能に準ずる
解像度 出力解像度 1,200×1,200dpi
データ処理解像度 標準:300×300dpi、高画質:600×600dpi、
高精細注1:1,200×1,200dpi
ページ記述言語 標準 ART EX、ART IV
オプション Adobe® PostScript® 3TM
対応プロトコル Ethernet(標準) TCP/IP(lpd、IPP、Port9100、SMB)、Novell®NetWare® (IPX/SPX)、NetBEUI(SMB)、EtherTalk注2
パラレル(オプション) Compatible、Nibble、ECP
対応OS注3 標準 Windows® 2000 日本語版・英語版、
Windows® XP 日本語版・英語版、
Windows Server® 2003 日本語版・英語版、
Windows Vista® 日本語版・英語版、
Windows® XP Professional x64 Edition 日本語版、
Windows Server® 2003 x64 Editions日本語版、
Windows Vista® 64 ビット 日本語版
オプション [Adobe® PostScript® 3TMキット]
Windows® 2000 日本語版・英語版、
Windows® XP 日本語版・英語版、
Windows Server® 2003 日本語版・英語版、
Windows Vista® 日本語版・英語版、
Windows® XP Professional x64 Edition 日本語版、
Windows Server® 2003 x64 Editions日本語版、
Windows Vista® 64 ビット 日本語版、
Mac OS 8.6/9.2.2日本語版、Mac OS X 10.3.9/10.4.10日本語版
内蔵フォント 標準 アウトラインフォント(平成明朝体TM W3、平成角ゴシック体TM W5、欧文17書体)、ストロークフォント(日本語書体、欧文書体:HP-GL用)
オプション [Adobe® PostScript® 3TMキット]
平成2書体版:日本語2書体(平成明朝体TM W3、平成角ゴシック体TM W5)、欧文136書体
モリサワ2書体版:日本語2書体(リュウミンL-KLTM、中ゴシックBBBTM)、欧文136書体
[エミュレーションキット]
欧文81書体、シンボル35セット
エミュレーション 標準 ESC/P(VP-1000)、BMLinks
オプション [エミュレーションキット]
PC-PR201H、HP-GL(HP7586B)、
HP-GL2/RTL(HP Design Jet750C Plus)、PCL5c/PCL6
インターフェイス 標準 Ethernet 100BASE-TX/10BASE-T
オプション 双方向パラレル(IEEE1284-B)、USB2.0注4

注1:高精細モードでプリント時、ドキュメントによっては、プリント速度が低下する場合があります。
注2:オプションのAdobe® PostScript® 3TMキットが必要。Mac OS 8.6/9.2.2日本語版、Mac OS 10.3.9/10.4.10日本語版に対応。
注3:最新の対応OSについては当社ホームページをご覧ください。
注4:Windows® 2000 日本語版・英語版、Windows® XP 日本語版・英語版、Windows Server® 2003 日本語版・英語版、Windows® XP Professional x64 Edition 日本語版、Windows Server® 2003 x64 Editions 日本語版、Mac OS 8.6/9.2.2日本語版、Mac OS 10.3.9/10.4.10日本語版に対応。

注:Linux OSについては、PDFダイレクトプリントを用いたオプションとして、弊社ダウンロードページからのみ、無保証のソフトウエアとして日本語版を提供します。

<スキャン機能>
項目 内容
形式 カラースキャナー
最大読み取りサイズ 基本機能/コピー機能に準ずる
読み取り解像度 600×600dpi、400×400dpi、300×300dpi、200×200dpi
読み取り階調 RGB各色10ビット入力、8ビット出力
原稿読み取り速度注1 モノクロ:50枚/分、カラー:45枚/分
[当社標準原稿(A4ヨコ)、200dpi、親展ボックスまで]
インターフェイス Ethernet 100BASE-TX/10BASE-T
ボックス保存 対応プロトコル TCP/IP(WebDAV、HTTP)
出力フォーマット モノクロ2値: TIFF、DocuWorks文書注2、PDF注2、XPS注2
グレースケール/フルカラー: TIFF、JPEG、DocuWorks文書注2、PDF注2、XPS注2
ドライバー TWAIN
ドライバー対応OS注3 Windows® 2000 日本語版・英語版、
Windows® XP 日本語版・英語版、
Windows Server® 2003 日本語版・英語版、
Windows Vista® 日本語版・英語版、
Windows® XP Professional x64 Edition 日本語版・英語版、
Windows Server® 2003 x64 Editions日本語版・英語版、
Windows Vista® 64 ビット 日本語版・英語版
PC保存 対応プロトコル TCP/IP(SMB、FTP)
対応OS注3 Windows® 2000 日本語版・英語版、
Windows® XP 日本語版・英語版、
Windows Server® 2003 日本語版・英語版、
Windows Vista® 日本語版・英語版、
Windows® XP Professional x64 Edition 日本語版、
Windows Server® 2003 x64 Editions 日本語版、
Windows Vista® 64 ビット 日本語版、
Mac OS X 10.2.x/10.3.8/10.3.9/10.4.2/10.4.4/10.4.8/10.4.9/10.4.10 日本語版・英語版、
NetWare® 5.11J/5.12J 日本語版注4
出力フォーマット モノクロ2値: TIFF(圧縮方式:MH、MMR)、
DocuWorks文書、PDF、XPS
グレースケール/フルカラー: TIFF(圧縮方式:JPEG)、JPEG、DocuWorks文書、PDF、XPS、
高圧縮DocuWorks文書注5、高圧縮PDF注5、高圧縮XPS注5
メール送信 対応プロトコル TCP/IP(SMTP)
出力フォーマット モノクロ2値: TIFF(圧縮方式:MH、MMR)、
DocuWorks文書、PDF、XPS
グレースケール/フルカラー: TIFF(圧縮方式:JPEG)、JPEG、DocuWorks文書、PDF、XPS、
高圧縮DocuWorks文書注5、高圧縮PDF注5
高圧縮XPS注5

注1:原稿によって読み取り速度は異なります。
注2:CentreWare InternetServices取り出し時。
注3:最新の対応OSについては当社ホームページをご覧ください。
注4:対応プロトコルはFTPのみです。
注5:オプションのイメージ圧縮キット、増設電源キット装着時。

<ファクス機能>
項目 内容
送信原稿サイズ 最大:A3、11×17″、長尺原稿可(最長600mm)
記録紙サイズ 最大:A3、11×17″、最小:A5
2秒台注1 2秒台注1
通信モード ITU-T G4注2、G3
走査線密度 標準 8×3.85本/mm、200×100dpi(7.9×3.9ドット/mm)
高画質 8×7.7本/mm、200×200dpi(7.9×7.9ドット/mm)
超高画質(400dpi) 400×400dpi(15.7×15.7ドット/mm)
超高画質(600dpi) 600×600dpi(23.6×23.6ドット/mm)
符号化方式 MH、MR、MMR、JBIG
通信速度 G3:33.6/31.2/28.8/26.4/24.0/21.6/19.2/16.8/14.4/12.0/9.6/7.2/4.8/2.4kbps
G4注2:最大64kbps
適用回線 加入電話回線、PBX、ファクシミリ通信網(PSTN)、ファクシミリ通信網(ISDN)注2、ISDN網注256k/64k、最大5ポート注3(G3-3ポート、G4-2ポート)

注1:A4判700字程度の原稿を標準画質(8×3.85本/mm)、高速モード(28.8kbps以上:JBIG)送信時。画像情報のみの電送時間で、通信の制御時間は含まれていません。なお、実際の通信時間は原稿の内容、相手機種、回線の状況により異なります。
注2:オプションのISDN-G3/G4増設ポート装着時。
注3:接続可能な回線数は最大3回線。ポートとは通信可能なチャネル数。

ApeosPort-III C4400の商品紹介ホームページへ
DocuCentre-III C4400の商品紹介ホームページへ
ページのトップへ

◆ ApeosPort-III C3300/C2200、DocuCentre-III C3300/C2200
ApeosPort-III C3300
ApeosPort-III C3300

【標準価格】

商品名 標準価格(税別) 備考
ApeosPort-III C2200 PFS 2,320,000 円 コピー・プリント・ファクス・スキャン機能搭載
ApeosPort-III C3300 PFS 2,570,000 円 コピー・プリント・ファクス・スキャン機能搭載
DocuCentre-III C2200 P 1,290,000 円 コピー・プリント機能搭載
DocuCentre-III C2200 PF 1,770,000 円 コピー・プリント・ファクス機能搭載
DocuCentre-III C2200 PFS 1,870,000 円 コピー・プリント・ファクス・スキャン機能搭載
DocuCentre-III C3300 P 1,540,000 円 コピー・プリント機能搭載
DocuCentre-III C3300 PF 2,020,000 円 コピー・プリント・ファクス機能搭載
DocuCentre-III C3300 PFS 2,120,000 円 コピー・プリント・ファクス・スキャン機能搭載

<原稿読み取り部と出力部の分離設置モデル>
商品名 標準価格(税別) 備考
ApeosPort-III C2200 PFS-UD 2,500,000 円 コピー・プリント・ファクス・スキャン機能搭載
ApeosPort-III C3300 PFS-UD 2,750,000 円 コピー・プリント・ファクス・スキャン機能搭載
DocuCentre-III C2200 PF-UD 1,950,000 円 コピー・プリント・ファクス機能搭載
DocuCentre-III C2200 PFS-UD 2,050,000 円 コピー・プリント・ファクス・スキャン機能搭載
DocuCentre-III C3300 PF-UD 2,200,000 円 コピー・プリント・ファクス機能搭載
DocuCentre-III C3300 PFS-UD 2,300,000 円 コピー・プリント・ファクス・スキャン機能搭載

<フィニッシャーA1 工場セット済み構成>
商品名 標準価格(税別) 備考
DocuCentre-III C2200 PFS 1,920,000 円 コピー・プリント・ファクス・スキャン機能搭載
DocuCentre-III C3300 PFS 2,170,000 円 コピー・プリント・ファクス・スキャン機能搭載

<主なオプション>
商品名 標準価格(税別)
フィニッシャーA1 120,000 円
フィニッシャーB1 260,000 円
フィニッシャーB1中とじユニット 130,000 円
フィニッシャーC1 450,000 円
中とじフィニッシャーC1 500,000 円
サーチャブルPDFキット 50,000 円
USBメモリープリントキット 15,000 円
ペーパーセキュリティキット 198,000 円

注: 2008年1月15日発売開始予定

<トータルサービス契約(月額プリント料金)

ApeosPort-III C3300/ DocuCentre-III C3300
[黒モード] [カラーモード]
1,000枚まで
1,001枚~3,000枚
3,001枚以上
8.5 円
7.5 円
7.0 円
1,000枚まで
1,001枚~3,000枚
3,001枚以上
45 円
40 円
35 円
[最低プリント料金] 6,800 円

ApeosPort-III C2200/ DocuCentre-III C2200
[黒モード] [カラーモード]
1,000枚まで
1,001枚~3,000枚
3,001枚以上
8.5 円
7.5 円
7.0 円
1,000枚まで
1,001枚~3,000枚
3,001枚以上
45 円
40 円
35 円
[最低プリント料金] 2,550 円

注: 商品、関連するサービスなどの料金には、消費税は含まれていません。別途消費税を申し受けます。
注: システム価格に、ネットワークケーブルやハブなどの価格は含まれていません。

ページのトップへ

【主な特長】

  1. Apeosport-III C3300/C2200、DocuCentre-III C3300/C2200の特長

    新エンジン「LEDプリントヘッド」の採用で、コンパクトかつ高い信頼性を実現。
    エンジンの露光装置には、LED(発光ダイオード)でイメージを描画する「LEDプリントヘッド」を採用しました。発光源として、1,200dpi自己走査型発光素子SLEDを搭載することで、高解像度を実現。光路長が短い特性を生かし、露光装置の小型・軽量化に成功しました。
    注: Self-Scanning Light Emitting Device…ドットを順次発光させる機能を内蔵したデバイス。
    • コンパクト
      • 本体に収まるフィニッシャーA1
        エンジン内の実装密度を高め、コンパクト化を実現しました。広く確保した用紙排出スペースには、ホチキス止めが可能なフィニッシャーA1を装着可能。従来にない省スペース化を図れます。
        注: オプション。
      • 3way排出も可能にするインナー排出トレイ
        用紙排出スペースには、フィニッシャーの代わりに、インナー排出トレイを装着することもできます。さらにサイドトレイを追加すれば、コピー、プリント、ファクスをそれぞれのトレイに振り分けて排出することも可能です。
        注: オプション。
    • 高信頼性
      • 耐久性を考慮した設計
        新エンジン・LEDプリントヘッドは、機械的な駆動部品がないことから故障の発生を低減できます。
    • 高画質
      • 出力解像度1,200×2,400dpiの卓越した高画質
        高解像度SLEDの開発により小型1,200dpiヘッドを実現。また、新開発の小型多機能ドライバーASICにより、1チップで14,000個の発光ドットを緻密に光量コントロールし、出力解像度1,200dpi×2,400dpiを実現しました。さらに、光学特性が均一な新レンズの採用、光量むら補正技術、ドット印字位置補正との相乗効果で、卓越した高画質を提供します。
        • 多数の発光点と新レンズで高画質を実現
          1枚のチップで256ドットの発光点を有するSLEDを57枚搭載しました。また、発光点の出力光を伝達してドラム上にイメージを描画するレンズには、光学特性が均一なレンズを新採用。高精細なイメージングを実現します。
    • 環境対応
      • スリープ電力2W注1以下、待機時20dB(A)の低騒音
        消費電力の少ないコントローラーの採用や、高効率ランプ・温度制御技術などにより、省エネ性を大幅に改善し、スリープ電力2W以下を達成しました。国際エネルギースタープログラムのTEC値注2も1.69kWh/週注3で、従来機注4の約4分の1に低減。カラー機よりも厳しいモノクロ機の基準にも適合しています。また、静粛性にも優れ、待機時20dB(A)、稼働時47dB(A)注5を実現しています。
        注1: DocuCentre-III C3300 P / DocuCentre-III C2200 Pは1.5W以下。
        注2:1週間の標準的な消費電力量の試算値。
        注3:Pモデル、25枚機。35枚機では2.45kWh/週。PFモデル/PFSモデルは25枚機で1.78kWh/週、35枚機で2.56kWh/週。
        注4: ApeosPort-II C3300 / C2200、DocuCentre-II C3300 / C2200。
        注5:25枚機。35枚機では50dB(A)(ISO7779による音圧レベル)
      • 鉛フリー材料と植物成分のバイオマスプラスチック使用で環境にやさしい
        ApeosPort-III C3300 / C2200、DocuCentre-III C3300 / C2200は、シャフト(出力部の用紙搬送部品の一つ)に鉛フリー材料を採用し、特定有害物質である鉛の不使用を実現しています。また、とうもろこしの成分を重量の30%以上含むバイオマスプラスチックをドラムカバー部分に使用しました。従来のABS樹脂のプラスチックに比べ、製造過程におけるCO2排出量を約16%削減しています。また、植物成分を25%以上使用しているプラスチック製品に与えられる「バイオマスプラマーク」(日本バイオプラスチック協会認証)を業界で初めて取得。可動部に適応できるバイオマスプラスチックの開発も業界初です。
      • 各種の法令や基準をクリア
        ApeosPort-III C3300 / C2200、DocuCentre-III C3300 / C2200は、環境への配慮を徹底し、国際エネルギースタープログラムの新基準や、グリーン購入法への適合、エコマーク商品の認定など、各種法令や基準をクリアしています。また、欧州連合(EU)が、電気・電子機器を対象に、2006年7月から開始した有害物質規制であるRoHS指令にも適合。鉛、六価クロム、カドミウム、水銀、ポリ臭化ビフェニール(PBB)、ポリ臭化ジフェニルエーテル(PBDE)は同指令に定める含有率以下となっています。
        注: オプションの一部には、適合確認中のものがあります。
    • 認証から用紙補給まで、操作性と使い勝手に配慮した、ユニバーサルデザイン仕様。
      ApeosPort-III C3300 / C2200、DocuCentre-III C3300 / C2200は、ユニバーサルデザインに配慮しています。原稿読み取り部と出力部との分離設置が可能なタイプも用意し、開閉しやすいトレイやカバーを閉じるためのアシストハンドル(オプション)など、一連の操作を始めから終わりまで、一人でできるように工夫しています。
      • カラーユニバーサルデザイン認証を取得
        NPO法人カラーユニバーサルデザイン機構による、「カラーユニバーサルデザイン認証」を取得。色覚の個人差に左右されること無く、多くの人に使いやすいよう配慮された商品と認定されました。
  2. スキャン機能
    • モノクロ50枚/分、カラー45枚/分の高速スキャンを実現します
      モノクロ50枚/分、カラー45枚/分の高速スキャンを実現しました。大量の紙文書も、高画質かつスピーディに電子化します。
      注: 当社標準原稿(A4ヨコ)、200dpi、親展ボックスまで。
    • 全文検索が可能なテキスト付き文書を生成できます
      スキャンデータのE-mail送信、SMB、FTP保存時に、本体内部でOCR処理し、テキスト情報を含むDocuWorks文書やPDFの生成が可能です。情報検索やドキュメント作成時の再利用に役立ちます。
      注: オプション。サーチャブルPDFキット、イメージ圧縮キット、増設システムメモリー(512MB)が必要。
  3. プリント機能
    • USBメモリーにも対応注1。本体からダイレクトにプリントできます
      メディアをメディアリーダーに差し込んで、保存されているデータを直接プリントできます注2。デジタルカメラで撮影した画像データ注3は、本体の操作パネル上でサムネイル表示注4できるので、プリントしたい写真だけ選んで出力することができます。また、USBメモリーを本体に直接差し込んでプリントすることも可能。USBメモリーに保存した文書データ注5などをPCを介さずに出力できます。
      注1:オプション。USBメモリープリントキットが必要。
      注2:オプション。メディアプリントキットが必要。
      注3:DCF 1.0
      注4:オプション。イメージ拡張キット、増設システムメモリー(512MB)が必要。
      注5:PDF、TIFF、XPS。
ページのトップへ

【主な仕様】 (ApeosPort-III C3300/C2200)

<基本機能/コピー機能>
項目 内容
ApeosPort-III C3300 ApeosPort-III C2200
形式 コンソールタイプ
メモリー容量 768MB (最大1.5GB)
ハードディスク容量 40GB
カラー対応 フルカラー
読み取り解像度 600×600dpi
書き込み解像度 1,200×2,400dpi(多値写真)、600×600dpi(文字/文字写真/写真/地図)
階調/表現色 各色256階調(1,670万色)
ウォームアップ・タイム 30秒以下(室温20℃)
複写原稿 シート・ブック共に最大297×432mm(A3、11×17″)
複写(用紙)サイズ 最大 A3、11×17
[手差しトレイでは最大:12.6×17.7″(320×449.6mm)、12×19″(304.8×482.6mm)]
最小 A5
[手差しトレイでは郵便はがき(日本郵便製)、封筒(長形3号)(120×235mm)]
画像欠け幅 先端4mm以内、後端2mm以内、奥/手前2mm以内
複写用紙注1 トレイ 60~256g/m2
手差しトレイ 55~256g/m2
ファーストコピー・タイム 35枚機
モノクロ:5.4秒
(A4ヨコ/モノクロ優先モード時)、
カラー:7.2秒
(A4ヨコ/カラー優先モード時)
25枚機
モノクロ:6.7秒
(A4ヨコ/モノクロ優先モード時)、
カラー:8.7秒
(A4ヨコ/カラー優先モード時)
複写倍率 等倍 1:1±0.7%
固定倍率 1:0.500, 1:0.707, 1:0.816, 1:0.866, 1:1.154, 1:1.225, 1:1.414
任意倍率 1:0.25~1:4.00 (1%きざみ)
連続複写速度注2   35枚機 〔モノクロ〕、〔カラー〕 25枚機 〔モノクロ〕、〔カラー〕
A4ヨコ/B5ヨコ/A5ヨコ 35枚/分、35枚/分 25枚/分、25枚/分
A4 27枚/分、27枚/分 19枚/分、19枚/分
B5 20枚/分、20枚/分 14枚/分、14枚/分
B4 23枚/分、23枚/分 16枚/分、16枚/分
A3 20枚/分、20枚/分 14枚/分、14枚/分
給紙方式/
給紙容量注3
標準 560枚×4トレイ+手差しトレイ100枚
最大給紙量 2,340枚
連続複写枚数注4 999枚
出力トレイ容量注3 400枚(A4ヨコ)、200枚(A3)
電源 AC100V±10%、15A、50/60Hz共用
最大消費電力 1.5kW以下
スリープモード時:2.0W以下、待機時:150W
大きさ 幅640×奥行679×高さ1,126mm (自動原稿送り装置付き)
質量 131kg
機械占有寸法 幅1,046×奥行679mm(手差しトレイを最大に伸ばした時)

注1:当社推奨用紙をお奨めします。使用条件によっては正しく印刷できない場合があります。
注2:画質調整のため速度が低下することがあります。
注3:当社P紙。
注4:画質安定化処理のため、機械の動作を一時的に中断することがあります。

<プリント機能>
項目 内容
形式 内蔵型
連続プリント速度 基本機能/コピー機能に準ずる
解像度 出力解像度 1,200×2,400dpi、1,200×1,200dpi
データ処理解像度 標準:300×300dpi、高画質注1:600×600dpi、高精細注1:1,200×1,200dpi
ページ記述言語 標準 ART EX、ART IV
オプション Adobe® PostScript® 3TM
対応プロトコル Ethernet TCP/IP(lpd、IPP、Port9100、SMB)、Novel®NetWare®(IPX/SPX)、
NetBEUI(SMB)、EtherTalk注2
パラレル Compatible、Nibble、ECP
対応OS注3 標準 Windows® 2000 日本語版・英語版、
Windows® XP 日本語版・英語版、
Windows Server® 2003 日本語版・英語版、
Windows Vista® 日本語版・英語版、
Windows® XP Professional x64 Edition 日本語版、
Windows Server® 2003 x64 Editions 日本語版、
Windows Vista® 64 ビット 日本語版
オプション [Adobe® PostScript® 3TMキット]
Windows® 2000 日本語版・英語版、
Windows® XP 日本語版・英語版、
Windows Server® 2003 日本語版・英語版、
Windows Vista® 日本語版・英語版、
Windows® XP Professional x64 Edition 日本語版、
Windows Server® 2003 x64 Editions 日本語版、
Windows Vista® 64 ビット 日本語版、
Mac OS 8.6/9.2.2 日本語版、
Mac OS  X 10.3.9/10.4.10 日本語版
内蔵フォント 標準 アウトラインフォント(平成明朝体TM W3、平成角ゴシック体TM W5、欧文17書体)、ストロークフォント(日本語書体、欧文書体:HP-GL用)
オプション [Adobe® PostScript® 3TMキット]
平成2書体版:日本語2書体(平成明朝体TM W3、平成角ゴシック体TM W5)、欧文136書体
モリサワ2書体版:日本語2書体(リュウミンL-KLTM、中ゴシックBBBTM)、欧文136書体
[エミュレーションキット]
欧文81書体、シンボル35セット
エミュレーション 標準 ESC/P(VP-1000)、BMLinkS
オプション [エミュレーションキット]
PC-PR201H、HP-GL(HP7586B)、HP-GL2/RTL(HP Design Jet750C Plus)、PCL5/PCL6
インターフェイス 標準 Ethernet 100BASE-TX/10BASE-T、USB2.0注4
オプション 双方向パラレル(IEEE1284-B)

注1:高精細モードでプリント時、ドキュメントによっては、プリント速度が低下する場合があります。
注2:オプションのAdobe® PostScript® 3TMキットが必要。Mac OS 8.6/9.2.2日本語版、Mac OS 10.3.9/10.4.10日本語版に対応。
注3:最新の対応OSについては当社ホームページをご覧ください。
注4:Windows® 2000 日本語版・英語版、Windows® XP 日本語版・英語版、Windows Server® 2003 日本語版・英語版、Windows® XP Professional x64 Edition 日本語版、Windows Server® 2003 x64 Editions 日本語版、Mac OS 8.6/9.2.2日本語版、Mac OS 10.3.9/10.4.10日本語版に対応。

注:Linux OSについては、PDFダイレクトプリントを用いたオプションとして、弊社ダウンロードページからのみ、無保証のソフトウエアとして日本語版を提供します。

<スキャン機能>
項目 内容
形式 カラースキャナー
最大読み取りサイズ 基本機能/コピー機能に準ずる
読み取り解像度 600×600dpi、400×400dpi、300×300dpi、200×200dpi
読み取り階調 RGB各色10ビット入力、8ビット出力
原稿読み取り速度注1 モノクロ:50枚/分、カラー:45枚/分
[当社標準原稿(A4ヨコ)、200dpi、親展ボックスまで]
インターフェイス Ethernet 100BASE-TX/10BASE-T
ボックス保存 対応プロトコル TCP/IP(WebDAV、HTTP)
出力フォーマット モノクロ2値: TIFF、DocuWorks文書注2、PDF注2、XPS注2
グレースケール/フルカラー: TIFF、JPEG、DocuWorks文書注2、PDF注2、XPS注2
ドライバー TWAIN
ドライバー
対応OS注3
Windows® 2000 日本語版・英語版、
Windows® XP 日本語版・英語版、
Windows Server® 2003 日本語版・英語版、
Windows Vista® 日本語版・英語版、
Windows® XP Professional x64 Edition 日本語版・英語版、
Windows Server® 2003 x64 Editions 日本語版・英語版、
Windows Vista® 64 ビット 日本語版・英語版
PC保存 対応プロトコル TCP/IP(SMB、FTP)
対応OS注3 Windows® 2000 日本語版・英語版、
Windows® XP 日本語版・英語版、
Windows Server® 2003 日本語版・英語版、
Windows Vista® 日本語版・英語版、
Windows® XP Professional x64 Edition 日本語版、
Windows Server® 2003 x64 Editions日本語版、
Windows Vista® 64 ビット 日本語版、
Mac OS X 10.2.x/10.3.8/10.3.9/10.4.2/10.4.4/10.4.8/10.4.9/10.4.10日本語版・
英語版、
NetWare® 5.11J/5.12J注4
出力フォーマット モノクロ2値: TIFF(圧縮方式:MH、MMR)、DocuWorks文書、PDF、XPS
グレースケール/フルカラー: TIFF(圧縮方式:JPEG)、JPEG、DocuWorks文書、PDF、XPS、高圧縮DocuWorks文書注5、高圧縮PDF注5、高圧縮XPS注5
メール送信注6 対応プロトコル TCP/IP(SMTP)
出力フォーマット モノクロ2値: TIFF(圧縮方式:MH、MMR)、DocuWorks文書、PDF、XPS
グレースケール/フルカラー: TIFF(圧縮方式:JPEG)、JPEG、DocuWorks文書、PDF、XPS、高圧縮DocuWorks文書注5、高圧縮PDF注5、高圧縮XPS注5

注1:原稿によって読み取り速度は異なります。
注2:CentreWare InternetServices取り出し時。
注3:最新の対応OSについては当社ホームページをご覧ください。
注4:対応プロトコルはFTPのみです。
注5:オプションのイメージ圧縮キット装着時。
注6: オプションのEメールキット装着時。

<ファクス機能>
項目 内容
送信原稿サイズ 最大:A3、11×17″、長尺原稿可(最長600mm)
記録紙サイズ 最大:A3、11×17″、最小:A5
電送時間 2秒台注1
通信モード ITU-T G4注2、G3
走査線密度 標準 8×3.85本/mm、200×100dpi(7.9×3.9ドット/mm)
高画質 8×7.7本/mm、200×200dpi(7.9×7.9ドット/mm)
超高画質(400dpi) 400×400dpi(15.7×15.7ドット/mm)
超高画質(600dpi) 600×600dpi(23.6×23.6ドット/mm)
符号化方式 MH、MR、MMR、JBIG
通信速度 G3:33.6/31.2/28.8/26.4/24.0/21.6/19.2/16.8/14.4/12.0/9.6/7.2/4.8/2.4kbps G4注2:最大64kbps
適用回線 加入電話回線、PBX、ファクシミリ通信網(PSTN)、ファクシミリ通信網(ISDN)注2、ISDN網注256k/64k、最大5ポート注3(G3-3ポート、G4-2ポート)

注1:A4判700字程度の原稿を標準画質(8×3.85本/mm)、高速モード(28.8kbps以上:JBIG)送信時。画像情報のみの電送時間で、通信の制御時間は含まれていません。なお、実際の通信時間は原稿の内容、相手機種、回線の状況により異なります。
注2:オプションのISDN-G3/G4増設ポート装着時。
注3:接続可能な回線数は最大3回線。ポートとは通信可能なチャネル数。

ApeosPort-III C3300/C2200の商品紹介ホームページへ
DocuCentre-III C3300/C2200の商品紹介ホームページへ
ページのトップへ

◆ DocuCentre-III 3000/2000
DocuCentre-III 3000
DocuCentre-III 3000

【標準価格】

商品名 標準価格(税別) 備考
DocuCentre-III 2000 800,000 円 コピー機能搭載
DocuCentre-III 2000 F 1,070,000 円 コピー・ファクス機能搭載
DocuCentre-III 2000 PF 1,180,000 円 コピー・プリント・ファクス機能搭載
DocuCentre-III 3000 880,000 円 コピー機能搭載
DocuCentre-III 3000 F 1,150,000 円 コピー・ファクス機能搭載
DocuCentre-III 3000 PF 1,260,000 円 コピー・プリント・ファクス機能搭載

<主なオプション>
商品名 標準価格(税別)
フィニッシャーA1 120,000 円
フィニッシャーB1 260,000 円
フィニッシャーB1中とじユニット 130,000 円
ファクスキット 150,000 円
プリンターキット 130,000 円
スキャナーキット 60,000 円
Eメールキット 40,000 円

注: 2008年1月15日発売開始予定

<トータルサービス契約(月額プリント料金)

DocuCentre-III 3000/2000
[黒モード]
1,000枚まで
1,001枚~3,000枚
3,001枚以上
8.5 円/枚
7.5 円/枚
7.0 円/枚
[最低プリント料金] 2,550 円

注: 商品、関連するサービスなどの料金には、消費税は含まれていません。別途消費税を申し受けます。

ページのトップへ

【主な特長】
  • すっきり振り分け
    • 機能や用途に応じて3つの出力トレイに振り分け可能
      コピー、プリント注1、ファクス注1の出力がそれぞれ混在しないよう、ジョブ別にトレイを指定して出力できます。ファクス回線を複数導入している場合、回線ごとに出力先のトレイを振り分けることも可能注2です。
      注: オプションのインナー排出トレイ、サイドトレイ装着時。
      注1: オプション。
      注2: オプションのG3/G4増設ポート(またはG3増設ポートキット)、ファクスポート増設キット装着時。
  • 1枚目も高速
    • ファーストコピー・タイム4.3秒注1。自動両面原稿送り注2からも6.5秒注1
      紙送りプロセスの短縮化・高速化により、ファーストコピー・タイムが4.3秒注1、自動両面原稿送り装置注2からのファーストコピー・タイムも6.5秒注1と高速です。急いで1枚だけコピーしたい時などにも、スピーディに対応します。
      注1: A4ヨコ、1トレイ。
      注2: オプション。
  • 高速プリント
    • 両面注1も30ページ/分注2の高速連続プリントが可能
      2段階排出機構を採用し、よりスムーズな用紙の流れを実現しました。従来、用紙を反転させるたびに次の用紙の搬送を一時的にストップしていましたが、2つの排出口を設け、両面印刷時には一方を反転用、もう一方を排出用として搬送経路を分離。「反転待ち」の状態を回避することで、片面30枚/分注3、両面30ページ/分注2の高速プリントを可能にしました。
      注1:オプションの両面出力ユニット、インナーオフセット排出ユニット装着時。
      注2:A4ヨコ、DocuCentre-III 3000時。DocuCentre-III 2000は25ページ/分。
      注3:A4ヨコ、DocuCentre-III 3000時。DocuCentre-III 2000は25枚/分。
  • プッシュスキャン機能
    スキャンと同時に保存・配信・後処理を一括して効率的に処理できます。
    • モノクロ50枚/分の高速スキャンを実現します
      モノクロ50枚/分の高速スキャンを実現しました。大量の紙文書も、高画質かつスピーディに電子化します。
      注: 当社標準原稿(A4ヨコ)、200dpi/300dpi、親展ボックスまで。
    • スキャンと同時にSMB、FTPへの保存のほか、E-mail送信が可能です
      プッシュスキャンとは、スキャンと同時に、クライアントPCやFTP、SMBサーバーなどに保存したり、Emailの添付ファイルとして送信する機能です。本体で紙文書をスキャンし、そのまま外出先のモバイルPCにE-mailで送信するなど、紙と電子を融合させた、スピーディかつ効率的な情報配信を実現できます。
      注: オプション。Eメールキットが必要。
    • スキャンと同時にフォーマットを変換して保存・送信できます
      スキャンしたデータを、DocuWorks文書やPDF、XPSにし、クライアントPCやサーバーに保存したり、E-mailに添付して送信できます。また、Web表示用最適化PDFの生成も可能。生成したPDFをWebサーバーに置くと、PCからブラウザーで参照するときに表示が高速になります。
      注: XML Paper Specificationの略。
      注: E-mail送信には別途メールサーバーなどのE-mailを送信する環境とオプションのEメールキットが必要。
  • 選べるフィニッシャー
    後処理機能によって選べる2種類のフィニッシャーを用意しました。
    注: オプション。機能拡張キット(HDD)が必要。
    • フィニッシャーA1
      胴内に収まるインナータイプのフィニッシャーA1。センターで出力される用紙をホチキス止めします。
    • フィニッシャーB1/中とじユニット
      省スペース設計のフィニッシャーB1。ホチキス止めが可能です。オプションでパンチ、中とじ/折り目機能も追加できます。
  • IPv6のほか各種の通信規格に対応します
    インターネットユーザーの増加にともない、標準化が進められてきた次世代のプロトコルIPv6注1のほか、インターネットをはじめとするネットワーク層で暗号化通信を行なうためのプロトコルIPsec注2に対応しました。また業界標準の通信プロトコルSNMPv3やユーザー認証プロトコルのIEEE802.1xなど、セキュリティの強化にも貢献する各種の通信規格に対応しています。
    注1:Internet Protocol Version 6
    注2:Security Architecture for Internet Protocol
    注:オプション。プリンターキット、増設システムメモリー(256MB)が必要。
  • ファクスの誤送信抑止
    ファクスの宛先を間違えて送ってしまうことは、誰もが身近にしてしまう可能性がある一方、取り返しのつかない事態に発展しかねない重要な問題です。そこでDocuCentreには、以前にかけた相手先をリスト表示させ、ワンタッチでリダイヤルさせる「手動リダイヤル」をはじめ、ファクス誤送信を抑止する機能を充実させています。
    注: オプション。ファクスキットが必要。
    • 宛先再入力
    • 宛先表以外の送信禁止
    • 宛先確認画面表示
    • 手動リダイヤル
  • 環境対応
    • 各種の法令や基準をクリア
      DocuCentre-III 3000 / 2000は、環境への配慮を徹底し、国際エネルギースタープログラムの新基準や、グリーン購入法への適合、エコマーク商品の認定など、各種法令や基準をクリアしています。また、欧州連合(EU)が、電気・電子機器を対象に、2006年7月から開始した有害物質規制であるRoHS指令にも適合。鉛、六価クロム、カドミウム、水銀、ポリ臭化ビフェニール(PBB)、ポリ臭化ジフェニルエーテル(PBDE)は同指令に定める含有率以下となっています。
      注: オプションの一部には、適合確認中のものがあります。
ページのトップへ

【主な仕様】

<基本機能/コピー機能>
項目 内容
形式 コンソールタイプ
メモリー容量 256MB (最大512MB)
ハードディスク容量 オプション: 40GB (使用領域: 20GB)
読み取り解像度 600×600dpi
書き込み解像度 2,400dpi相当×600dpi
階調/表現色 256階調
ウォームアップ・タイム 12秒以下(室温20℃)
複写原稿 シート・ブック共に最大297×432mm(A3、11×17″)
複写(用紙)サイズ 最大 A3、11×17″
(手差しトレイでは最大:A3、11×17″)
最小 A5
[手差しトレイでは郵便はがき(日本郵便製)、封筒(長形3号)(120×235mm)]
画像欠け幅 先端4mm以内、後端4mm以内、奥/手前4mm以内
複写用紙注1 トレイ 1トレイ: 56~105g/m2、2~4トレイ: 56~215g/m2
手差しトレイ 56~215g/m2
ファーストコピー・タイム モノクロ:4.3秒(A4ヨコ)
複写倍率 等倍 1:1±0.7%
固定倍率 1:0.500,1:0.707,1:0.816,1:0.866,1:1.154, 1:1.225,1:1.414
任意倍率 1:0.25~1:4.00 (1%きざみ)
連続複写速度注2   〔DocuCentre-III 3000〕 〔DocuCentre-III 2000〕
A4ヨコ/B5ヨコ/A5ヨコ 30枚/分 25枚/分
A4 22枚/分 20枚/分
B5 17枚/分 15枚/分
B4 19枚/分 16枚/分
A3 16枚/分 14枚/分
給紙方式/
給紙容量注3
標準 500枚×3トレイ+手差しトレイ100枚
オプション 500枚×1トレイ
最大給紙量 2,100枚
連続複写枚数注4 999枚
出力トレイ容量注3 500枚(A4ヨコ/A3)
電源 AC100V±10%、15A、50/60Hz共用
最大消費電力 1.5kW以下
スリープモード時:2.3W、低電力モード時:96W、待機時:160W
エネルギー消費効率 26Wh/h
大きさ 幅640×奥行650×高さ1,028mm
幅640×奥行650×高さ1,113mm(原稿送り装置付き)
質量 80 kg (1段給紙トレイ付き)
93 kg (1段給紙トレイ、原稿送り装置付き)
機械占有寸法 幅976×奥行650mm(手差しトレイを最大に伸ばした時)

注1:当社推奨用紙をお奨めします。使用条件によっては正しく印刷できない場合があります。
注2:画質調整のため速度が低下することがあります。
注3:当社P紙。
注4:画質安定化処理のため、機械の動作を一時的に中断することがあります。

<プリント機能(オプション)
項目 内容
形式 内蔵型
連続プリント速度 基本機能/コピー機能に準ずる
解像度 出力解像度 600×600dpi、1,200×1,200dpi
データ処理解像度 標準:600×600dpi、高精細注1:1,200×1,200dpi
ページ記述言語 標準 ART EX、ART IV
オプション Adobe® PostScript® 3TM
対応プロトコル Ethernet TCP/IP(lpd、IPP 、Port9100、SMB)、Novell®NetWare® (IPX/SPX)、NetBEUI(SMB)、EtherTalk注2
パラレル Compatible、Nibble、ECP
対応OS注3 標準 Windows® 2000 日本語版・英語版、
Windows® XP 日本語版・英語版、
Windows Server® 2003 日本語版・英語版、
Windows Vista® 日本語版・英語版、
Windows® XP Professional x64 Edition 日本語版、
Windows Server® 2003 x64 Editions日本語版、
Windows Vista® 64 ビット 日本語版
オプション [Adobe® PostScript® 3TMキット注4]
Windows® 2000 日本語版・英語版、
Windows® XP 日本語版・英語版、
Windows Server® 2003 日本語版・英語版、
Windows Vista® 日本語版・英語版、
Windows® XP Professional x64 Edition 日本語版、
Windows Server® 2003 x64 Editions 日本語版、
Windows Vista® 64 ビット 日本語版、
Mac OS 8.6/ 9.2.2日本語版、
Mac OS X 10.3.9/ 10.4.10日本語版
内蔵フォント 標準 アウトラインフォント(平成明朝体TM W3、平成角ゴシック体TM W5、欧文17書体)
オプション [Adobe® PostScript® 3TMキット注4]
平成3書体版:日本語3書体(平成明朝体TM W3、平成角ゴシック体TM W5、平成丸ゴシック体TM W4)、欧文136書体
モリサワ2書体版:日本語2書体(リュウミンL-KLTM、中ゴシックBBBTM)、欧文136書体
[エミュレーションキット注5]
欧文82書体、シンボル36セット
エミュレーション 標準 ESC/P(VP-1000)、BMLinkS®
オプション [エミュレーションキット注5]
PC-PR201H、HP-GL(HP7586B)、HP-GL2/RTL(HP Design Jet750C Plus)、PCL5/PCL6
インターフェイス 標準 Ethernet 100BASE-TX/10BASE-T、双方向パラレル(IEEE1284-B)、USB2.0注6

注1:高精細モードでプリント時は、ドキュメントによってはプリント速度が低下する場合があります。
注2: オプションのAdobe® PostScript® 3TM キットが必要。Mac OS 8.6/ 9.2.2日本語版、Mac OS X 10.3.9/ 10.4.10日本語版に対応。
注3:最新の対応OSについては当社ホームページをご覧ください。
注4: エミュレーションキットと、Netware® の機能が含まれています。
注5: Netware® の機能が含まれています。
注6: Windows® 2000 日本語版・英語版、Windows® XP 日本語版・英語版、Windows Server® 2003 日本語版・英語版、Windows® XP Professional x64 Edition 日本語版、Windows Server® 2003 x64 Editions日本語版、Mac OS 8.6/ 9.2.2 日本語版、Mac OS X 10.3.9/10.4.10 日本語版に対応。

注: Linux OSについては、PDFダイレクトプリントを用いたオプションとして、弊社ダウンロードページからのみ、無保証のソフトウエアとして日本語版を提供します。

<スキャン機能(オプション)
項目 内容
形式 白黒スキャナー
最大読み取りサイズ 基本機能/コピー機能に準ずる
読み取り解像度 600×600dpi、400×400dpi、300×300dpi、200×200dpi
読み取り階調 1ビット入力、1ビット出力
原稿読み取り速度注1 モノクロ:50枚/分[当社標準原稿(A4ヨコ)、200dpi/300dpi、親展ボックスまで]
インターフェイス Ethernet 100BASE-TX/10BASE-T
ボックス保存 対応プロトコル TCP/IP(WebDAV、HTTP)
出力フォーマット モノクロ2値:TIFF、DocuWorks文書注2、PDF注2、XPS注2
ドライバー TWAIN
ドライバー
対応OS注3
Windows® 2000 日本語版・英語版、
Windows® XP 日本語版・英語版、
Windows Server® 2003 日本語版・英語版、
Windows Vista® 日本語版・英語版、
Windows® XP Professional x64 Edition 日本語版・英語版、
Windows Server® 2003 x64 Editions日本語版・英語版、
Windows Vista® 64 ビット 日本語版・英語版
PC保存 対応プロトコル TCP/IP(SMB、FTP)
対応OS注3 Windows® 2000 日本語版・英語版、
Windows® XP 日本語版・英語版、
Windows Server® 2003 日本語版・英語版、
Windows Vista® 日本語版・英語版、
Windows® XP Professional x64 Edition 日本語版、
Windows Server® 2003 x64 Editions日本語版、
Windows Vista® 64 ビット 日本語版、
Mac OS X 10.2.x/10.3.8/10.3.9/10.4.2/10.4.4/10.4.8/10.4.9/10.4.10日本語版・英語版、
NetWare® 5.11J/5.12J注4
出力フォーマット モノクロ2値:TIFF(圧縮方式:MH、MMR)、DocuWorks文書、PDF、XPS
メール送信注5 対応プロトコル TCP/IP(SMTP)
出力フォーマット モノクロ2値:TIFF(圧縮方式:MH、MMR)、DocuWorks文書、PDF、XPS

注1:原稿によって読み取り速度は異なります。
注2:CentreWare InternetServices取り出し時。
注3:最新の対応OSについては当社ホームページをご覧ください。
注4:対応プロトコルはFTPのみです。
注5:オプションのイメージ圧縮キット、増設電源キット装着時。

<ファクス機能(オプション)
項目 内容
送信原稿サイズ 最大:A3、11×17″、長尺原稿可(最長600mm)
記録紙サイズ 最大:A3、11×17″、最小:A5
電送時間 2秒台注1
通信モード ITU-T G4注2、G3
走査線密度 標準 8×3.85本/mm、200×100dpi(7.9×3.9ドット/mm)
高画質 8×7.7本/mm、200×200dpi(7.9×7.9ドット/mm)
超高画質(400dpi) 400×400dpi(15.7×15.7ドット/mm)
超高画質(600dpi) 600×600dpi(23.6×23.6ドット/mm)
符号化方式 MH、MR、MMR、JBIG
通信速度 G3:33.6/31.2/28.8/26.4/24.0/21.6/19.2/16.8/14.4/12.0/9.6/7.2/4.8/2.4kbps
G4注2:最大64kbps
適用回線 加入電話回線、PBX、ファクシミリ通信網(PSTN)、ファクシミリ通信網(ISDN)注2、ISDN網注256k/64k、最大5ポート注3(G3-3ポート、G4-2ポート)

注1:A4判700字程度の原稿を標準画質(8×3.85本/mm)、高速モード(28.8kbps以上:JBIG)送信時。画像情報のみの電送時間で、通信の制御時間は含まれていません。なお、実際の通信時間は原稿の内容、相手機種、回線の状況により異なります。
注2:オプションのISDN-G3/G4増設ポート装着時。
注3:接続可能な回線数は最大3回線。ポートとは通信可能なチャネル数。

DocuCentre-III 3000/2000の商品紹介ホームページへ
ページのトップへ

◆ DocuPrint C2250
DocuPrint C2250
DocuPrint C2250

【標準価格】

<本体>
商品名 標準価格(税別)
DocuPrint C2250 198,000 円

<関連商品>
商品名 標準価格(税別) 備考
トレイモジュール(1段) 60,000 円 560枚(P紙使用時)×1段。プリンター本体に1段まで取り付け可能。質量13.0kg。
3トレイキャビネット 150,000 円 560枚(P紙使用時)×3段。質量32.7kg。
専用キャビネット 30,000 円 キャスター付き設置台。質量17.7kg。
専用キャスター台 17,000 円 キャスター台。質量5.5kg。
両面印刷モジュール 50,000 円 自動両面印刷を可能にするユニット。質量1.3kg。
機能拡張キット(ハードディスク) 80,000 円 内蔵増設ハードディスク(40GB)。ペーパーセキュリティ機能、イメージログ機能などの拡張機能を使用する場合に必要。
セキュリティ拡張キット 24,000 円 ペーパーセキュリティ機能、イメージログ機能に対応するための拡張キット。機能拡張キット(ハードディスク)と256MB以上のメモリー増設が必要。
エミュレーションキット 50,000 円 HP-GL、HP-GL/2、PC-PR201H (カラー対応)、PCL5c、PCL6対応。PostScript® ソフトウエアキット(平成2書体)または(モリサワ2書体)との同時実装は不可。
PostScript® ソフトウエアキット
(平成2書体)
95,000 円 Adobe® PostScript® 3TM、HP-GL、HP-GL/2、PC-PR201H (カラー対応)、PCL5c、PCL6対応。エミュレーションキットとの同時実装は不可。
PostScript® ソフトウエアキット
(モリサワ2書体)
200,000 円
パラレルポート 20,000 円 IEEE1284準拠双方向パラレルインターフェイスボート。
増設システムメモリー(256MB) 70,000 円 増設用メモリー。容量は256MB。
増設システムメモリー(512MB) 80,000 円 増設用メモリー。容量は512MB。
増設システムメモリー(1GB) 100,000 円 増設用メモリー。容量は1GB。
アクセサリー設置台注1 15,000 円 IC Card Gate 2.0(for FeliCa)設置用台。
パラレルインターフェイスケーブル(PC/AT用) 2,800 円 PC/AT互換機用。
PC側D-sub25ピン。

注1: エンジニア設置となります。別途、設置調整料金が必要です。2008年2月設置開始予定。

<消耗品>
商品名 標準価格(税別) 備考
トナーカートリッジ(ブラック) 18,700 円 約7,500ページプリント可能注1
トナーカートリッジ(シアン) 16,700 円 約6,000ページプリント可能注1
トナーカートリッジ(マゼンタ) 16,700 円 約6,000ページプリント可能注1
トナーカートリッジ(イエロー) 16,700 円 約6,000ページプリント可能注1
大容量トナーカートリッジ(ブラック) 32,000 円 約15,000ページプリント可能注1
大容量トナーカートリッジ(シアン) 27,800 円 約12,000ページプリント可能注1
大容量トナーカートリッジ(マゼンタ) 27,800 円 約12,000ページプリント可能注1
大容量トナーカートリッジ(イエロー) 27,800 円 約12,000ページプリント可能注1
ドラムカートリッジ 27,200 円 約40,000ページプリント可能注2ドラムカートリッジは各色(C/M/Y/K)用として4本必要。
トナー回収ボトル 3,000 円 約25,000ページプリント可能注3

注1: A4ヨコ、像密度各色5%連続印刷時。実際の交換サイクルは印刷条件や原稿の内容によって異なります。
注2: 印刷可能ページ数は、A4ヨコ、像密度各色5%、カラープリント比率100%、一度に印刷する枚数を平均3枚連続プリントした使用条件を満たした参考値です。実際の印刷可能枚数は、印刷内容や用紙サイズ、用紙種類、使用環境などや、本体の電源ON・OFFにともなう初期化動作やプリント品質保持のための調整動作などにより大きく異なることがあります。
注3: 印刷可能ページ数は、A4ヨコ、像密度各色5%、カラーモノクロプリント比率60:40でプリントした場合の参考値です。実際の印刷可能枚数は、印刷内容や用紙サイズ、用紙種類、使用環境などや、本体の電源ON・OFFにともなう初期化動作やプリント品質保持のための調整動作などにより大きく異なることがあります。

ページのトップへ

【主な特長】
  1. LEDプリントヘッドにより1,200dpi×2400dpiの高画質と高信頼性を実現
    エンジンの露光装置には、LED(発光ダイオード)でイメージを描画する新開発の「LEDプリントヘッド」を採用。発光源として、1,200dpi自己走査型発光素子SLED注1を搭載することで、1,200dpi×2,400dpiの高解像度を実現。光路長が短い特性を生かし、プリントヘッドの小型・軽量化に成功しました。また「LEDプリントヘッド」は、機械的な駆動部品がないことから故障の発生を低減できます。
    注1: SLED:Self-Scanning Light Emitting Device…ドットを順次発光させる機能を内蔵したデバイス
  2. スリープモード時消費電力1.5W以下、TEC値1.63kWhの省エネ設計
    様々な機能を維持しながらCPUの電源をOFFにすることが可能な新開発の省エネASIC搭載コントローラの導入により、スリープモード時1.5W以下の低消費電力を実現しています。また、「国際エネルギースタープログラム」の適合基準であるTEC値注2(1週間の標準消費電力量)では1.63kWhと、前任機DocuPrint C2424比で約57%注3低減し、1週間の標準CO2排出量(換算値)注4においても約57%の削減を実現しています。
    注2:Typical Electricity Consumption。財団法人省エネルギーセンター「国際エネルギースタープログラム」適合基準。概念的1週間(稼動とスリープ/オフが繰り返される5日間+スリープ/オフ状態の2日間)の消費電力量。
    注3:DocuPrint C2424はTEC値3.81 kWh。
    注4:TEC値を環境省の原単位「1kWhあたりCO2 0.555kg」に換算し算出。DocuPrint C2424は2.1kg-CO2、DocuPrint C2250は0.9kg-CO2
  3. 環境に配慮した材料を使用
    シャフト(用紙搬送のために回転する棒状の部品)に鉛フリー材料を採用し、特定有害物質である鉛の不使用を実現しています。また、植物(とうもろこし)由来成分を30重量%以上含むバイオマスプラスチック注5をドラムカートリッジ部の一体カバーに採用し、従来のプラスチック(ABS樹脂)を使用した場合に比べ廃棄時のCO2排出量を約16%削減注6しています。植物成分を25%以上使用しているプラスチック製品に与えられる「バイオマスプラマーク」(日本バイオプラスチック協会認証)を業界で初めて取得。可動部に適応できるバイオマスプラスチックの開発も業界初です。
    注5: 有機資源(植物等)由来物質を、プラスチック構成成分として所定量以上含む、バイオマスプラスチック製品。
    注6: 当社LCA(Life Cycle Assessment)評価による。
  4. 複合機と共通のICカード認証に対応
    ICカードリーダー「IC Card Gate 2.0」および「IC Card Gate 2.0 for FeliCa」(別売)を直接プリンターに接続することで、ICカードでユーザーを認証し出力する認証プリントを実現します。プリンター内のハードディスク注7に印刷データをスプールすることもでき、従来必要であったプリントサーバーを必要としない運用が可能です。また、複合機注8と混在した環境でも、共通のICカードやドライバーを使用することで管理者はトータルに運用・管理することができます。
    注7: オプション。
    注8: 共通ドライバーに対応している機種に限ります。
  5. フルカラー25枚/分注9、モノクロ25枚/分注9の高速プリント
    フルカラー25枚/分注9、モノクロ25枚/分注9の高速連続プリントが可能です。また、用紙搬送経路の短縮化により、ファーストプリント時間はカラー8.3秒注10、モノクロ6.3秒注10を実現し、1枚目のプリントも素早く出力することが可能です。さらに、省エネルギー型高速定着器「Free Belt Nip Fuser」により、電源投入時からのウォームアップ・タイムは28秒以下を実現しています。
    注9: A4ヨコ、同一原稿連続プリント時(普通紙)。
    注10: A4ヨコプリント時(普通紙)。カラーはカラー優先モード(初期値)、モノクロはモノクロ優先モード設定時。
  6. 使いやすさを考慮した設計
    オペレーションパネルの液晶画面を従来のカタカナから「かな漢字」化し読みやすさを向上したほか、トナーの残量表示も可能です。また、印刷された用紙を認識しやすくするためのグレーの排出面や、取っ手を持つと自動的にロックが外れる開閉しやすい給紙トレイを採用しました。また、背面の電源部や配線接続部を凹ませケーブルが突き出ない設計にしたことで、背面を壁につけて設置することができます。
  7. 様々なネットワーク環境に対応
    IPアドレスを32bitから128bitに拡張するIPv6に対応しています。また、100BASE-TXおよび10BASE-Tを標準装備し、TCP/IP(LPD、Port9100、IPP、SMB)、IPX/SPX(NetWare®)、EtherTalk注11など、複数のプロトコルが混在するネットワーク環境への接続が可能です。
    注11: オプションのPostScript® ソフトウエアキットが必要です。
  8. エコマーク取得、グリーン購入法に適合
    財団法人日本環境協会エコマーク事務局より、エコマーク商品として認定され(エコマーク認定番号 第07122009号)、「グリーン購入法(国等による環境物品等の調達の推進などに関する法律)のプリンターに対する「判断基準及び配慮事項」にも適合しています。
ページのトップへ

【主な仕様】

項目 DocuPrint C2250
形式 デスクトップ
プリント方式 LEDゼログラフィー注1
定着方式 ヒートローラー(オイルレス)
ウォームアップ・タイム注2 28秒以下(電源投入時、スリープモードからは約20秒以下、室温20℃)
ファーストプリント注3 カラー 8.3秒(A4ヨコ)
モノクロ 6.3秒(A4ヨコ)
連続プリント速度注4 カラー 25枚/分注5、両面印刷時20ページ/分注6
モノクロ 25枚/分注5、両面印刷時20ページ/分注6
解像度 データ処理解像度 1,200×1,200dpi、600dpi多値、300dpi多値
出力解像度 1,200×2,400dpi、1,200×1,200dpi、600×600dpi
階調 256階調(1,670万色)
用紙サイズ 標準トレイ A3、B4、A4、B5、A5、11×17″、リーガル、レター、ユーザー定義用紙(幅139.7~297mm×長さ182~431.8mm)
オプション トレイモジュール(1段):A3、B4、A4、B5、A5、11×17″、リーガル、レター、SRA3(320mm×450mm)、12×18″、ユーザー定義用紙(幅139.7~320mm×長さ182~457.2mm)
3トレイキャビネット:A3、B4、A4、B5、A5、11×17″、リーガル、レター、ユーザー定義用紙(幅139.7~297mm×長さ182~431.8mm)
手差しトレイ A3、B4、A4、B5、A5、A6、B6、11×17″、リーガル、レター、9×11″、12×18″、5×7″、11×15″、SRA3(320mm~450mm)、はがき、往復はがき、定形封筒(長形3号)、ユーザー定義用紙(幅88.9~320mm×長さ98.4~1,200mm)
両面印刷注7 A3、B4、A4、B5、A5、B6、11×17″、リーガル、レター、9×11″、12×18″、 11×15″、SRA3(320mm~450mm)、ユーザー定義用紙(幅128~320mm×長さ139.7~457.2mm)
像欠け幅 先端/後端/両端 4.1mm
用紙種類注8 標準トレイ 普通紙/再生紙(60~105g/m2)、厚紙1(106~169g/m2)、厚紙2(170~256g/m2)、コート紙1(106~169g/m2)、コート紙2(170~256g/m2)、ラベル用紙(106~169g/m2)、OHPフィルム注9
オプション トレイモジュール(1段)/3トレイキャビネット:普通紙/再生紙(60~105g/m2)、厚紙1(106~169g/m2)、厚紙2(170~256g/m2)、コート紙1(106~169g/m2)、コート紙2(170~256g/m2)、ラベル用紙(106~169g/m2)、OHPフィルム注9
手差しトレイ 普通紙/再生紙(60~105g/m2)、薄紙(55~59g/m2)、厚紙1(106~169g/m2)、厚紙2(170~256g/m2)、コート紙1(106~169g/m2)、コート紙2(170~256g/m2)、ラベル用紙(106~169g/m2)、OHPフィルム注9、郵便はがき(日本郵便製)注10、往復はがき(日本郵便製)、封筒
両面印刷注7 普通紙/再生紙(60~105g/m2)、厚紙1(106~169g/m2)、コート紙1(106~169g/m2)
給紙容量注11 標準 標準トレイ:560枚、手差しトレイ:100枚
オプション トレイモジュール(1段):560枚(560枚×1段)、
3トレイキャビネット:1,680枚(560枚×3段)
出力トレイ容量注11 400枚(フェイスダウン)
両面印刷機能 オプション
CPU MPC8349E-667MHz
メモリー容量注12 標準 256MB、メモリースロット2個(空スロット1個)
オプション 256MB、512MB、1GB増設メモリー(最大1.5GB)
内蔵ハードディスク オプション:40GB注13
搭載フォント 標準 日本語2書体(平成明朝体TMW3、平成角ゴシック体TMW5)、欧文30書体
オプション注14 日本語2書体(平成:平成明朝体TMW3、平成角ゴシック体TMW5)+欧文136書体、日本語2書体(モリサワ:リュウミンL-KLTM、中ゴシックBBBTM)+欧文136書体、ストロークフォント:欧文、日本語、その他:OCR-Bフォント注15、バーコードフォント注15注16
ページ記述言語 標準 ART-EX
オプション Adobe® PostScript® 3TM
エミュレーション注17 標準 ART IV、ESC/P注18、TIFF、PDF、XPS、BMLinkS®
オプション
(PostScript® ソフトウエアキット/エミュレーションキット)
HP-GL注19、HP-GL/2注19/RTL注19(HP DesignJet 750C Plus)、PC-PR201H(カラー対応)、PCL5c、PCL6
対応OS注20 標準 日本語版 Windows® 98注21/98SE注21/Me注21、Windows NT® 4.0注21、Windows® 2000、Windows® XP、Windows® XP Professional x64Edition、Windows Server® 2003、Windows Server® 2003 x64 Edition、Windows Vista®、Windows Vista® 64ビット、Mac OS X 10.3.9注21、10.4.10注21
英語版注21 Windows® 2000、Windows® XP、Windows Server® 2003、Windows Vista®
オプション(PostScript® ソフトウエアキット) 日本語版 Windows® 98注21/98SE注21/Me注21、Windows NT® 4.0注21、Windows® 2000、Windows® XP、Windows® XP Professional x64Edition、Windows Server® 2003、Windows Server® 2003 x64 Edition、Windows Vista®、Windows Vista® 64ビット、Mac OS 8.6、9.2.2、Mac OS X 10.3.9、10.4.10
英語版注21 Windows® 2000、Windows® XP、Windows Server® 2003、Windows Vista®
インターフェイス Ethernet 100BASE-TX/10BASE-T、双方向パラレル(IEEE1284準拠):オプション、USB 2.0(Hi-Speed)注22、×2、EP-A
対応プロトコル TCP/IP(lpd、SMB、Port9100、IPP)、IPX/SPX(NetWare®)、EtherTalk注14注23
電源注24 AC100V±10% 15A、50/60Hz共用
動作音注25 稼動時:(本体のみ) 6.9B 、54.5dB(A)
待機時:(本体のみ) 4.3B 、25.5dB(A)
消費電力 最大:1,230W、スリープモード時:1.5W以下、
平均:待機時100W、稼働時 カラー連続プリント450W、モノクロ連続プリント400W
大きさ 幅640×奥行665×高さ399mm注26
質量 63kg(消耗品を含む)
使用環境注27 使用時 温度:10~32℃ 湿度:15~85%(結露による障害は除く)
非使用時 温度:-10~40℃ 湿度:5~85%(結露による障害は除く)

注1:LED+乾式電子写真方式。
注2:社団法人ビジネス機械・情報システム産業協会(JBMIA)標準測定基準に準拠。スリープモード時からの立ち上がりは、スリープモード状態から6時間以内に再起動をかけた場合。ただし、ご使用条件によっては20秒を超える場合があります。
注3:印刷動作が始まってから1枚目の用紙が排出されるまでの時間。A4ヨコ、カラーはカラー優先モード(初期値)、モノクロはモノクロ優先モード設定時の値となります。
注4:はがき、OHPフィルムなどの用紙種類、サイズやプリント条件によっては、プリント速度が低下します。また、画質調整のためプリント速度が低下する場合があります。
注5:A4ヨコ、普通紙、同一原稿連続プリント時。
注6:A4ヨコ、普通紙、連続プリント時。
注7:オプションの両面印刷モジュールが必要です。
注8: 推奨用紙をご使用ください。用紙の種類(紙質、サイズ等) によっては、正しく印刷できない場合があります。インクジェット専用用紙は使用しないでください。「かもめーる」や年賀状などの再生紙はがきは使用できない場合があります。使用済み用紙の裏面や事前印刷用紙への印刷や、使用環境が乾燥地・寒冷地・高温多湿の場合、用紙によってはプリント不良などの品質低下が発生する場合がありますので、ご注意ください。使用される用紙の種類や環境条件により印刷品質に差異が生じる場合がありますので、事前に印刷品質の確認をお奨めします。
注9:OHPフィルムは、モノクロ用(商品コード:GAAA5224)を使用してください。
注10:インクジェット用郵便はがきは使用できません。
注11:当社P紙(64g/m2)使用時。
注12:出力データの種類や内容によっては、記載されるメモリー容量でも出力画像を保証できない場合があります。
注13:実際のハードディスク容量と異なる場合があります。
注14:オプションのPostScript® ソフトウエアキット(平成2書体)または(モリサワ2書体)が必要です。
注15:OCR相当印刷やバーコード印刷の読み取りに関しては、OCR-B装置、バーコードスキャナーでの評価が必要です。あらかじめご確認されることを推奨します。
注16:CODE39、JAN、NW-7(CODABAR)、CODE128、ITF(interleaved 2 of 5)、ベアラーバーあり/なし、カスタマーバーコードに対応。
注17: PostScript® ソフトウエアキットとエミュレーションキットを同時に搭載することはできません。
注18:VP1000エミュレート+カラー対応。
注19:HP-GLはHP7586Bを、HP-GL2/RTLはHP DesignJet 750CPlusをそれぞれエミュレーションしていますが、全てのコマンドに対応しておりませんので、事前の出力検証を推奨します。
注20:最新の対応OS については当社ホームページをご参照ください。
注21:英語版ドライバーおよび、日本語版Windows® 98/98SE/Me、Windows NT® 4.0、Mac OS X 日本語ドライバーは、当社ホームページからダウンロードできる予定です。なお、標準対応のMac OSX日本語版ドライバーおよび、Windows® 98/98SE/Me、Windows NT® 4.0日本語版ドライバーは、機能制限版ドライバーです。機能制限の詳細は、Readmeをご覧ください。
注22: Windows® 98SE/Me、Windows® 2000/XP、Windows Server® 2003、Windows Vista®、Mac OS [8.6、9.2.2]、Mac OS X [10.3.9、10.4.10]に対応。
注23:Mac OS [8.6、9.2.2]、Mac OS X [10.3.9、10.4.10]に対応。
注24:推奨コンセント容量。機械側最大電流12.5A。
注25:ISO7779に基づく。単位B:音響パワーレベル、単位dB(A):放射音圧レベル(バイスタンダ位置)。
注26:手差しトレイを折りたたんだ本体のみ。
注27:使用直前の温度、湿度の環境。プリンター内部が設置環境になじむまで、使用される用紙の品質によってはプリント品質の低下を招く場合があります。

DocuPrint C2250の商品紹介ホームページへ
ページのトップへ

◆ 4112、4112/4127 Light Publisher
4112
4112

【主な特長】
  • 4112、4112/4127 Light Publisherの特長

    1. 基本機能
      • 片面・両面125ページ/分の高速出力により高生産性を実現
        片面/両面ともにA4 125ページ/分の高速コピー・プリントを実現。納期の厳しい出力スケジュールにも優れた生産性で対応します。
        注: 4112、4112 Light Publisherは片面/両面ともにA4 110ページ/分。
      • 長時間の連続出力に応える大容量スタッカー
        平積みの大容量スタッカーを選択すれば、長時間のジョブによる大容量出力に対応できます。5,000枚収容可能なオフセット機能搭載のスタッカートレイに加え、給紙容量500枚の排出トレイも装備。大容量スタッカー使用時には、サンプルプリント機能が使用でき、あらかじめ決められた3つのタイミング、もしくは出力中の任意の場所で排出トレイにサンプル出力ができます。また、次工程への用紙運搬を容易にするスタッカーカート(台車)も標準で装備しています。
        注: オプション。
        注: 大容量スタッカーを本体に接続するには、別売のインターフェースモジュールが必要です。
      • 多彩な後処理を可能にするフィニッシャーを用意
        2種類のフィニッシャーと紙折りユニットをオプションでご用意しました。ホチキス、パンチ機能搭載の「フィニッシャーD3」、中とじ、2つ折りの機能を加えた「中とじフィニッシャーD3」を目的に応じて選択できます。さらに、「紙折りユニットD3」を追加で装備すれば、Z折りや三つ折りも自動化できます。
      • 表裏レジストレーション精度の向上
        たとえば、両面冊子のページ番号の位置ズレや枠囲みページの枠線位置の相互ズレなどは仕上がり品質に大きな影響を与えます。4112、4112/4127 Light Publisherは紙送り方向・紙送りと直角の方向、どちらに対しても調整メカニズムを強化。高いレジストレーション精度を実現しています。加えて、プロダクションカラー機で実績のある画像処理方式で、縦倍率、横倍率、直角度が独立して調整できます。すべての調整は、表・裏面に対して独立で可能ですから、両面の画像ズレもキメ細かく補正。集中出力センターに求められる整った仕上がりをそのユーザーに提供します。
      • 重送検知機構
        DocuTechで実績のある磁気角度センサーによる重送検知装置を標準装備しました。トレイにセットされた用紙厚を自動的に記憶し、万が一の重送発生時に出力を停止します。各トレイごとに用紙厚を記憶するため、表紙、合紙等を使った複数用紙を使用するジョブにも対応が可能です。成果物であるアウトプットへの白紙混入を未然に防止し、検品負担を軽減します。
    2. カラースキャン
      • 高速のカラースキャナーを標準装備
        モノクロ複合機でありながら、モノクロ100枚/分、カラー50枚/分の高速スキャンを実現。スキャンデータの閲覧時や再活用時に、カラーで情報共有できるので、より一層文書の意図が伝達しやすくなります。また、大量の紙文書を電子化することで、文書をデータとして保存でき、効率的な文書管理が可能になります。
        注: A4ヨコ、200dpi、親展ボックスまで。
      • 全文検索が可能なテキスト付文書を生成
        スキャンデータのE-mail送信、SMB、FTP保存時に、本体内部でOCR処理し、テキスト情報を含むDocuWorks文書やPDFの生成が可能です。情報検索やドキュメント作成時の再利用に役立ちます。
        注: オプション。サーチャブルPDFキット、イメージ圧縮キット、増設システムメモリー(512MB)が必要。
    3. 自動化されたジョブフローが、ビジネスのさらなる効率化を可能に。
      • 紙文書の電子化や配信もシンプルな操作で実現
        4112、4112/4127 Light Publisherは、紙文書の電子化や配信といった一連の定型化した流れを“ジョブフロー”として登録し、ネットワーク環境や業務に合わせて効率的に活用することができます。たとえば、1回のスキャンで複数のPCやサーバーへ保存したり、E-mailに添付して送るなど、ダイナミックかつスムーズな文書配信を実現します。また、別売ソフトウエア「ApeosWare JF Pool Service」を利用すれば、複数の4112やApeosPort間で共通のジョブフローを活用することも可能です。
        注: 2008年春対応予定。
      • 空いている複合機からプリント可能
        PCから出力指示した後、空いている4112、4112/4127 Light Publisherを選んで出力することも可能です。別売ソフトウエア「DocuHouseオンデマンドプリント」を利用すれば、クライアントPCから送られたデータを一旦サーバーで保留し、対応する複合機やプリンター側からあらためて指示を出すことで出力を開始できます。蓄積されたデータを確認できるのでムダなプリントを抑えられるうえ、出力されたまま放置された文書を第三者に見られたり、持ち去られる危険性も低減できます。
        注: オプション。外部アクセスキットが必要。
        注: 2008年春対応予定。
    4. 次世代ネットワークに対応
      • IPv6のほか各種の通信規格に対応
        インターネットユーザーの増加にともない、標準化が進められてきた次世代のプロトコル「IPv6注1」のほか、インターネットをはじめとするネットワーク層で暗号化通信を行なうためのプロトコル「IPsec注2」に対応しました。また業界標準の通信プロトコル「SNMP v3」やユーザー認証プロトコルの「IEEE802.1x」など、セキュリティの強化にも貢献する各種の通信規格に対応しています。
        注1: Internet Protocol Version 6
        注2: Security Architecture for Internet Protocol
    5. エコロジー
      • エコマーク事務局認定・エコマーク商品
      • 国際エネルギースタープログラムに適合
      • RoHS指令準拠
4112の商品紹介ホームページへ
4112/4127 Light Publisherの商品紹介ホームページへ

  • Microsoft®、Windows®、Windows NT®、Windows Server®、Windows Vista® は、Microsoft Corporationの米国および他の国における登録商標です。
  • PostScript®、PostScript® 3TM は、アドビシステムズ社の各国での登録商標または、商標です。
  • その他の社名または商品名等は、それぞれ各社の商標、または登録商標です。
  • XEROX、The Document Company、および“デジタルX”のマークは、商標または登録商標です。
ページのトップへ

ここまで本文

このページのトップへ