ホーム > 企業情報 > 富士ゼロックスについて > よい会社構想

よい会社構想

富士ゼロックスは、1992年度に「よい会社構想」を発表し、経営の根幹に据えています。当社は、目指すべきよい会社を「強い」「やさしい」「おもしろい」会社と定義しています。お客様に満足いただける卓越した商品・サービスをお届けし、株主にも継続的に報いることができる「強い」会社。環境、倫理、社会貢献などを含め、地域社会や国際社会に対して「やさしい」会社。従業員が仕事や人生を「おもしろい」と感じる会社。このような「強い」「やさしい」「おもしろい」をバランスよく兼ね備えた会社を目指しています。

[強い] お客様、株主への貢献 [おもしろい] 創造性を発揮できる職場、社員の成長の実感 [やさしい] 環境への配慮、地域社会や国際社会への貢献
富士ゼロックスの「よい会社構想」