ホーム > 企業情報 > 富士ゼロックスについて > 沿革 > 経営の歩み

経営の歩み

1962年

  • 富士写真フイルムと英国ランク・ゼロックス社との合弁により「富士ゼロックス株式会社」創立。資本金2億円(出資比率50:50) (写真)
  • 業界初の普通紙複写機「富士ゼロックス914」国内販売開始

1965年

1971年

  • 富士写真フイルムから竹松工場、岩槻光機から岩槻工場を譲り受け、製造販売一貫体制を確立 (写真)
  • 海老名工場操業開始

1974年

1977年

1979年

1980年

  • 優れた品質管理を認められ「デミング賞実施賞」を受賞 (写真)

1982年

  • 教育事業に進出
  • 海老名事業所内に総合研究所を設立
  • 鈴鹿富士ゼロックス株式会社 設立 (写真)
  • 富士ゼロックス流通株式会社 設立

1984年

1985年

1988年

1989年

1990年

1991年

1992年

1994年

1995年

  • 新しい事業展開に向けた新CIを導入
  • 研究の独立性を強化し、総合研究所を中井町に新設 (写真)
  • 中国 広東省シンセンに、プリンター生産子会社設立

1996年

  • 「産廃ゼロ」をめざして、回収したパーツを再生し生産ラインに投入(初の資源循環型生産ライン) (写真)

1997年

1998年

1999年

2000年

  • ソニー・テクトロニクスからプリンター事業を買収し、「フェイザー・プリンティング・ジャパン」設立
  • 日本カーバイド工業から、重合トナー事業を買収し、富山県滑川市に新プラント建設着工。併せて、富士ゼロックスイメージングマテリアルズ株式会社 設立 (写真)
  • アクセス認証サービス事業の株式会社アクセスチケットシステムズ 設立
  • 「廃棄ゼロ」システムを全国規模で構築し、再資源化率99.97%を実現
  • 中国での事業権を米国ゼロックスより取得

2001年

2002年

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

2010年

2011年

2012年

2013年

2014年

2015年