ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
ローカルメニューへ移動します
本文へ移動します

2013年5月号バックナンバー

表紙
表 紙 「金色夜叉」(2013年)
[イラストレーター] 下谷 二助
執筆者名をクリックするとプロフィールが表示されます
(レギュラー執筆者 :レギュラー執筆者)
特集のねらい 『お金について考える』

お金は使うものであって、使われてはならないとの一般論には、誰もが頷くところでしょう。しかし周りを見渡せば、あらゆる価値がお金に換算され、支配を受けている私たちの姿がありはしないか、大変に気掛かりです。金銭的な多寡だけで勝ち負けを見るような、殺伐とした風潮が強まることの無いように、お金との付き合い方を考えてみました。

巻頭エッセイ
お化けがでた!(31) 家族
[作家・評論家] 松山 巖レギュラー執筆者
特集:お金について考える
対談 : 知の交差点(第126回)
おカネと人生ドラマを語る
[ドイツ文学者・エッセイスト] 池内 紀
[作家] 小沢 信男
零円札の旅
[作家・美術家] 赤瀬川 原平
お金の民主主義的な未来?
[経済評論家・ゲゼル研究会主宰] 森野 榮一
社会の終焉とベーシックインカム——ウォール街占拠の問いかけから
[静岡県立大学国際関係学研究科助教] 白石 嘉治
江戸時代はお金の世の中
[経済史家] 鈴木 浩三
グラビア
PARIS———エリック・ロメールのように
[写真家] 小瀧 達郎
グラビア
このページのトップへ
連載シリーズ
● 和技を旅する(17)
端午を彩る甲冑の世界
[東京新聞・中日新聞 論説委員] 桐山 桂一レギュラー執筆者
● 時代小説の中の現代(55)
渡世人の足音はサタサタとひびいた
——校條剛『ザ・流行作家』をめぐって
[文芸・文化批評家] 高橋 敏夫レギュラー執筆者
● ガード下スピークス(5)
映画「雨月物語」のように 【新橋篇】
[現代デザイン研究室主宰] 大竹 誠レギュラー執筆者
● 地球に住む(31)
最果ての島のスペイン様式の家——バタネス諸島
[写真家] 小松 義夫レギュラー執筆者
● 誰も知らない熊野(10)
十津川の廃仏毀釈——人は本当に仏教を捨てたのか?
[写真家・医師] 栂嶺 レイレギュラー執筆者
● 現代科学の見方・読み方(80)
科学者とお金
[宇宙物理学者] 池内 了レギュラー執筆者
グラフィケーション・アベニュー
<デザイン> 気になるデザイナーたちの室内 [デザイン評論家] 柏木 博レギュラー執筆者
<写真> 「いいね!」 に流される写真の現実 [写真家] 谷口 雅

このページのトップへ