ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
ローカルメニューへ移動します
本文へ移動します

2014年1月号バックナンバー

2014年1月号(190号) バックナンバーへ
トップページへ
表紙
表 紙 「見逃した天井桟敷」(2013年)
[イラストレーター・版画家] ささめや ゆき
執筆者名をクリックするとプロフィールが表示されます
(レギュラー執筆者 :レギュラー執筆者)
特集のねらい 『70年代の文化エネルギー (II)』

1970年代を現代日本社会の原点に見立て振り返ろうという試みの後編です。前号は“新宿”を舞台に選びましたが、今回は70年代に大きく変貌した都市“渋谷”に焦点を当ててみました。当時、国の成長が端的に現れる象徴としての都市論が盛んに展開されていましたが、都市の活力とはどこから生まれ、どこへ移っていくのか。その行方を、渋谷に拠点をおいた「天井桟敷」の主宰者であり、いまなお注目を集める寺山修司の活躍を通して探ってみました。

巻頭エッセイ
お化けがでた!(35) お見合い
[作家・評論家] 松山 巖レギュラー執筆者
特集:70年代の文化エネルギー (II)
対談:知の交差点(第130回)
70年代の都市文化と寺山修司
[評論家] 海野 弘
[映像作家・エッセイスト] 萩原 朔美
「成長の限界」からオタク世代へ
[思想史研究家・評論家] 関 曠野
70年代の論壇を振り返る
[社会学者] 杉山 光信
グラビア
70年代の記憶から
[写真家] 中川 道夫
グラビア
「風景」から都市へ
[写真家] 中川 道夫
インタビュー
私のスタイリスト修業——原宿、ロンドン、ニューヨーク
[スタイリスト] 高橋 靖子
このページのトップへ
連載シリーズ
● 和技を旅する(21)
「人形の家」の幻想
[東京新聞・中日新聞 論説委員] 桐山 桂一レギュラー執筆者
● 時代小説の中の現代(59)
「勧強懲弱」時代に突き刺さる「勧弱懲強」物語へ
和田 竜 『村上海賊の娘』 をめぐって
[文芸・文化批評家] 高橋 敏夫レギュラー執筆者
● ガード下スピークス(9)
佐伯祐三が好んだ風景 ——目白駅近くのガード下篇
[現代デザイン研究室主宰] 大竹 誠レギュラー執筆者
● 地球に住む(35)
貝殻の島と陸地を木の橋で繋ぐ — セネガル、ジョアル・ファデユー
[写真家] 小松 義夫レギュラー執筆者
● 誰も知らない熊野(14)
太地 【前編】 — クジラの何が日本の文化か
[写真家・医師] 栂嶺 レイレギュラー執筆者
● 現代科学の見方・読み方(84)
1970年代の科学と技術 (下) — 各分野の具体的な展開
[宇宙物理学者] 池内 了レギュラー執筆者
グラフィケーション・アベニュー
<デザイン> 70年代、「文字の力」の復活 [デザイン評論家] 柏木 博レギュラー執筆者
<言語生活> 時代の空気を伝えるもの [俳人] 中村 裕

このページのトップへ