ホーム > 企業情報 > 広報誌 グラフィケーション > バックナンバートップ > 2014年5月号バックナンバー

2014年5月号(192号)

表紙

「自然から学ぶ」(2004年)
[イラストレーター] 山口 マオ

特集のねらい『学びの再発見』

教育と学問の違いは、どこにあるのでしょう。学問とは、人が社会生活を営むのに必要な基礎知識を身につけ、社会の発展に貢献できる地力を養うことだとすれば、教育はその学問の前提を作る、礎になるものとみられます。一律の教えを超え、幼長を問わず自ら能動的に幅広く学び自立するには何が必要か、周辺の動きを特集しました。

巻頭エッセイ

特集:学びの再発見

  • 対談:知の交差点(第132回)
    学校と社会のつながりを考える
    [おもしろ学校理事長] 名取 弘文
    [東京大学大学院教育学研究科教授] 小玉 重夫
  • 西村伊作の知恵の資産
    [作家] 黒川 創
  • 漢詩のすすめ − スーパー少子高齢単身者社会を漢詩的ホモ・ルーデンスとして生きる
    [ジャーナリスト] 岡崎 満義
  • 生涯学習としてのビオトープづくり
    [コミュニティ・スクールマイスター] 岸 裕司

インタビュー

グラビア

連載シリーズ

  • 和技を旅する(23)
    江戸と京都の木版画
    [東京新聞・中日新聞 論説委員] 桐山 桂一
  • 時代小説の中の現代(61)
    日本的死の美学を、突きやぶる
    山本周五郎 『生きている源八』 をめぐって
    [文芸・文化批評家] 高橋 敏夫
  • ガード下スピークス(11)
    時間を巻き戻す私鉄沿線の大正・昭和 —— 東向島駅高架下の東武博物館
    [現代デザイン研究室主宰] 大竹 誠
  • 地球に住む(37)
    家は緑の絨毯に潜り込むようにある — フェロー諸島
    [写真家] 小松 義夫
  • 誰も知らない熊野(16)
    太地 【後編】 — 太地は本当に鯨の町か
    [写真家・医師] 栂嶺 レイ
  • 現代科学の見方・読み方(86)
    自由研究としての副論文
    [宇宙物理学者] 池内 了

グラフィケーション・アベニュー

<デザイン> デュッセルドルフのユーロ・ショップを見る
[デザイン評論家] 柏木 博

<写真> 写真は嘘をつかないか?
[写真家] 谷口 雅

グラフィケーションに関するお問合せはこちらから

お問い合わせ

グラフィケーションに関するアンケートはこちらから

アンケート