ホーム > 企業情報 > 広報誌 グラフィケーション > バックナンバートップ > 2015年9月号バックナンバー

2015年9月号(200号)紙版最終号 次号より電子マガジンで発行

表紙

「WILDER MANN」(2015年)
[画家・イラストレーター] スズキ コージ

特集のねらい『非文化文字の魅力』

『GRAPHICATION』は、Graphic communicationを基にした合成語です。文字、記号、絵画、デザイン、写真、マンガ、映画、テレビなど、さまざまなイメージ(像)によって情報を伝達する方法を総称したもので、視覚、聴覚、触覚、空間認識や時間意識までも含み、人間のトータルな知覚と創造力を獲得する手段と捉えています。今回は、紙の雑誌として最後の発行を締めくくる特集として、本誌の原点ともなる非文化文字の魅力について考察しました。

巻頭エッセイ

特集:非文化文字の魅力

  • 対談:知の交差点(第138回)
    文様と装飾の世界 — かたちの始原を訪ねて
    [美術文明史家] 鶴岡 真弓
    [作家・評論家] 松山 巖
  • 絵を組み合わせて文字に読ませる
    [フリーライター・絵本作家] 又重 勝彦
  • 話し言葉で知る名工や工匠たちの技
    [作家] 小関 智弘
  • 東京チンドン日記
    [東京チンドン倶楽部主宰] 高田 洋介

インタビュー

グラビア

連載シリーズ

  • 和技を旅する(31)《最終回》
    さすらい人の芸能
    [東京新聞・中日新聞 論説委員] 桐山 桂一
  • 時代小説の中の現代(69)《最終回》
    時代小説作家の「戦争」
    山本周五郎と藤沢周平
    [文芸・文化批評家] 高橋 敏夫
  • ガード下スピークス(19)《最終回》
    アール・ヌーヴォーのなごりをとどめる街:パリ・セーヌ左岸のメトロ6号線高架下篇
    [現代デザイン研究室主宰] 大竹 誠
  • 地球に住む(45)《最終回》
    長い独立闘争の歴史がしのばれる — インド・ナガランド
    [写真家] 小松 義夫
  • 誰も知らない熊野(24)《最終回》
    畝畑 — 日本の暮らしの過去と未来
    [写真家・医師] 栂嶺 レイ
  • 現代科学の見方・読み方(94)《最終回》
    歌から言語が始まった
    [宇宙物理学者] 池内 了

グラフィケーション・アベニュー

〈デザイン〉 視覚の楽しみ・驚異のインテリア
[デザイン評論家] 柏木 博

〈ストリート〉 周五郎を通してみるヨコハマ
[写真家] 中川 道夫

グラフィケーションに関するお問合せはこちらから

お問い合わせ

グラフィケーションに関するアンケートはこちらから

アンケート