ホーム > 企業情報 > 広報誌 グラフィケーション > バックナンバートップ > 2016年12月号バックナンバー

電子版 7号(2016年12月号)

記事はアプリで提供しております。ご利用案内ページよりアプリをダウンロードください。

タブレット端末専用の記事になりますが、予備的にパソコンからもご覧になれます。

表紙

「THE KAIZOKU FOR PEOPLE」(ぼくらの海賊)
[画家・イラストレーター] スズキ コージ

— 特集 — 海賊・自由・ユートピア

海賊というとすぐにヴァイキングを思い浮かべますが、実は北欧の海洋民族の固有名詞で、一般名称はパイレーツなのだとか。日本の近海にもかつて倭寇と称する武装船団が跋扈し、現代でも世界のあちこちに出没して地域の脅威となっています。一方、彼らをモチーフにした小説や映画が古くから作られ、あの空前の大ヒット漫画も海賊が主人公、私たちがロマンを感じ魅了されるのはなぜなのか、特集で考察しました。

純友と将門と

[作家] 小沢 信男

インタビュー

海賊史観から世界を見る
[国際日本文化研究センター教授・副所長] 稲賀 繁美

ポップカルチャーとしての〈海賊〉

[評論家] 海野 弘

グラビア(1)

フィレンツェ — 凝視とその微笑み
[写真家・養豚家] 杉田 徹

だから愉しもう! — 大学はいかにして生まれるのか

[フランス文学者] 白石 嘉治

シェアリング・エコノミー時代の創作活動

[メディアアーティスト・プロデューサー] 稲蔭 正彦

グラビア(2)

PRAHA カフカとの対話
[写真家] 小瀧 達郎

連載シリーズ

グラフィケーション・アベニュー

  • 〈デザイン〉
    格差とデザイン — フィリピンのデザインを見る
    [デザイン評論家] 柏木 博
  • 〈ストリート〉
    映画の台湾を歩く
    [写真家] 中川 道夫
  • 〈ツーリズム〉
    モルディブの多様な楽しみ方
    [観光学者] 井出 明

グラフィケーション・アーカイブ

  • 《GRAPHICATION 再録》
    1975年10月号 特集「雑誌考」より
    • イエロー・ジャーナリズム小論(前田愛—立教大学助教授)
    • グラビア: 波止場(田村シゲル)
    • 対談: 同時代から(4)
      雑誌空間とフェティシズム(清水哲男—評論家/津野海太郎—演劇評論家)
    • 剣豪絵草子: 岩見重太郎(花輪和一)

ビジネス・クロスオーバー

  • 英語の学び方 — ひとり言の効用
    [上智大学言語教育研究センター教授] 吉田 研作
  • 〈メディカル・エッジ — 医療の常識が変わる(7)〉
    「かぜを治す薬をください」と頼んではいけない
    [NHKディレクター] 市川 衛
  • 〈富士ゼロックス プラザ〉
    「人間中心」というメッセージ
    — ゼロックス創業者 J.C.ウィルソンの遺産

バックナンバーへ

グラフィケーションに関するお問い合わせはこちらから

お問い合わせ

グラフィケーションに関するアンケートはこちらから

アンケート