ホーム > 企業情報 > 広報誌 グラフィケーション > 執筆者一覧

執筆者一覧

内藤 昌(ないとうあきら)氏

1932年長野県生まれ。東京工業大学大学院建築学専攻博士課程修了。名古屋工業大学教授、東京工業大学教授を経て、現在、愛知産業大学学長。日本建築学会副会長。専攻は都市史・建築史。日本建築学会賞、中日文化賞などを受賞。著書に『城の日本史』『江戸と江戸城』『江戸の町』『近世大工の美学』『伊勢神宮』『復元 安土城』『日本 町の風景学』など。

永井 良和(ながいよしかず)氏

1960年兵庫県生まれ。社会学者。関西大学社会学部教員。京都大学大学院文学研究科博士後期課程学修退学。専攻は都市社会学・大衆文化論、風俗研究。著書に『社交ダンスと日本人』『風俗営業取締り』『ホークスの70年—惜別と再会の球譜』『スパイ・爆撃・監視カメラ—人が人を信じないということ』『南沙織がいたころ』など。

長尾 祥子(ながおしょうこ)さん

1948年千葉県生まれ。建築家、家具デザイナー。武蔵野美術大学建築学科卒業。宍道建築設計事務所勤務の後、都立品川職業訓練校木工科で学ぶ。その後、吉村順三設計事務所を経て、「レミングハウス」を設立。主に住宅設計の分野で活躍中。軽妙洒脱なエッセイにも定評がある。現在、日本大学生産工学部教授。1987年「三谷さんの家」で第1回吉岡賞、93年「一連の住宅作品」で第18回吉田五十八賞特別賞受賞。著書に『住宅巡礼』『普段着の住宅術』『住宅読本』『意中の建築』、共著に『普請の顛末』がある。

中川 道夫(なかがわみちお)氏

1952年大阪市生まれ。写真家。東京綜合写真専門学校卒業。中平卓馬氏のアシスタントを経てフリーランスに。都市・建築と人の営みをテーマにアジア、中東、欧州各地の紀行取材を続け、時代の記憶を残す都市風景写真で注目されている。第1回写真の会賞受賞。写真集に『上海紀聞』『アレクサンドリア の風』『上海双世紀 1979-2009』がある。2016年冬に写真展「Isle:アイルランド紀聞」を開催した。

長倉 洋海(ながくらひろみ)氏

1952年釧路市生まれ。写真家。同志社大学法学部卒業。通信社カメラマンを経てフリーの写真家となる。以後、世界各地の紛争地域で生きる人々の姿を追う。その中で次第に根源的な人間の姿にひかれるようになり、近年はその対象を拡げた作品を発表している。83年に日本写真協会新人賞受賞。以後、写真集『マスード 愛しの大地アフガン』で土門拳賞、『人間が好き—アマゾン先住民からの伝言』で産経児童出版文化賞などを受賞。他の写真集に『サルバドル 救世主の国』『地を這うように—長倉洋海全写真1980-95』『その先の世界へ』『アフガニスタン—ぼくと山の学校』など多数。2016年5月から、色で世界を切りとった『世界は広く、美しい 地球をつなぐ色』(全6巻、新日本出版社)を刊行。2017年3月25日から東京都写真美術館で「長倉洋海の眼」展が開催される。

中沢 孝夫(なかざわたかお)氏

1944群馬県生まれ。福山大学経済学部教授。立教大学法学部卒業。専門は中小企業論、産業論。国内外一千社を超える企業の経営者と従業員に聞き取り調査し、成功している現場の共通性や企業の地域・社会貢献などについて鋭い分析を行っている。著書に『中小企業新時代』『すごい製造業』『仕事を通して人が成長する会社』『グローバル化と中小企業』『中小企業の底力』など。

中島 満(なかじまみつる)氏

1949年埼玉県生まれ。フリーライター、出版社「まな出版企画」代表。横浜市立大学社会学科卒業。水産業界紙編集者を経て、1995年「まな出版企画」設立し、出版活動と併行しフリーライターとして、海と漁業と食を専門に執筆活動を展開。海をめぐるさまざまな問題に取り組んでいる。ウエブサイト「MANAしんぶん」主宰。主著に『若狭の漁師、四季の魚ばなし』(聞き書き)『海の「守り人」論』(共著)『ローカルルールの研究』(共著)『「里海」って何だろう?』などがある。

中西 和久(なかにしかづひさ)氏

福岡県生まれ。京楽座主宰。1976年より小沢昭一主宰の劇団芸能座に参加。初舞台は「浅草キヨシ伝」(井上ひさし作・小沢昭一演出)。86年より自作のひとり芝居「火の玉のはなし」で全国行脚。89年より説経節ひとり芝居「しのだづま考」(91年度文化庁芸術祭賞受賞)「山椒大夫考」「をぐり考」(いずれもふじたあさや作・演出)で独自の劇世界を創造。98年には新国立劇場開場記念賛助公演を務める。近年は海外での評価も高く、「しのだづま考」で韓国、東欧二カ国、ロシアの国際演劇祭に招聘され、エカテリンブルグ国際演劇祭特別賞受賞。演劇教室やラジオ、講演、エッセイなど多方面で活躍。2013年に放映されたNHK BSプレミアム「心はものに狂わねど〜中西和久説経節ひとり芝居」は大きな反響を呼んだ。主な舞台に「しみじみ日本・乃木大将」「吾輩は漱石である」(井上ひさし作)など。映画に「親鸞・白い道」(三國連太郎監督)、著書に『中西和久ひと日記』(海鳥社)がある。

長野 ヒデ子(ながのひでこ)さん

1941年愛媛県生まれ。絵本作家。わが子のための初めての絵本『とうさんかあさん』で日本の絵本賞文部大臣奨励賞受賞。以来、絵本作家として、また絵本や童話のさし絵、紙芝居、エッセイなど幅広い分野で創作活動を続けている。『おかあさんがおかあさんになった日』で産経児童出版文化賞、『せとうちたいこさんデパートいきタイ』で日本絵本賞受賞。その他の絵本に「せとうちたいこさん」シリーズ、『海をかえして!』『狐』『ひらがなにっき』「ヒデ子さんのうたあそびえほん」シリーズ、『こねこちゃんこねこちゃん』『まんまんぱっ!』など多数、エッセイ集に『ふしぎとうれしい』がある。

仲俣 暁生(なかまたあきお)さん

1964年東京都生まれ。フリー編集者、文筆家。「ワイアード日本版」「季刊・本とコンピュータ」などを経て、2009年に「本と出版の未来を考えるウェブメディア」として「マガジン航」を株式会社ボイジャーと創刊。2015年より編集発行人となる。著書に『オンライン・マガジンを読み倒す』『再起動せよと雜誌はいう』など、共編著に『いまの生活「電子社会誕生」—日本語ワープロからインターネットまで』『編集進化論—editするのは誰か』『ブックビジネス2.0』『デジタル時代の知識創造—変容する著作権(角川インターネット講座3)』などがある。

中村 桂子(なかむらけいこ)さん

1936年東京生まれ。JT生命誌研究館館長。東京大学理学部化学科卒業、同大学院生物化学博士課程修了。理学博士。国立予防衛生研究所研究員、三菱化成生命科学研究所部長、早稲田大学人間科学部教授を歴任。生命科学を踏まえながら生命の歴史性に注目する「生命誌」を提唱、93年にはその理念を実践する生命誌研究館を創設。『自己創出する生命—普遍と個の物語』で毎日出版文化賞を受賞。その他の著書に『生命誌の世界』『「生きもの」感覚で生きる』『ゲノムが語る生命—新しい知の創出』『「子ども力」を信じて、伸ばす』『「生きている」を考える』など。

中村 達也(なかむらたつや)氏

1941年秋田市生まれ。経済学者。一橋大学大学院経済学研究科博士課程修了。中央大学名誉教授。専攻は社会経済学。社会現象から演歌まで幅広い関心領域をもとにした経済論には定評がある。書評家としても活躍中。著書に『市場経済の理論』『ガルブレイスを読む』『変貌する家族』(編著)『豊かさの孤独』『読む—時代の風音』『経済学の歴史』『地域だけのお金』『さまよう経済と社会—「時代の叫び」162冊』など。訳書に『ケインズ時代の終焉』(R・スキデルスキー)『満足の文化』(ガルブレイス)『私は、経済学をどう読んできたか』(R・ハイルブローナー)『発展する地域 衰退する地域』(J・ジェイコブズ)など。

中村 裕(なかむらゆたか)氏

1948年北海道美唄市生まれ。俳人・文筆家。俳句を三橋敏雄に師事。長く創作活動を続ける他、フリーの編集者、ライターとして多くの書籍や雑誌、辞典の企画・編集に携わる。句集に『石』、著書に『名句で味わう四季の言葉』『やつあたり俳句入門』『俳句鑑賞450番勝負』『究極の日本語クイズ』『疾走する俳句 白泉句集を読む』などがある。2017年2月逝去。

中村 陽一(なかむらよういち)氏

1957年金沢市生まれ。立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科教授(法学部教授兼任)、社会デザイン研究所所長。一橋大学社会学部卒業。NPO/NGOの実践的研究、基盤整備、政策提言に取り組み、近年はソーシャルビジネス推進に尽力している。共編著書に『21世紀型生協論』『都市と都市化の社会学』『NPO!? なんのため だれのため』『3・11後の建築と社会デザイン』『クリエイティブ・コミュニティ・デザイン』など多数。

中村 良夫(なかむらよしお)氏

1938年東京生まれ。東京大学工学部土木工学科卒業。日本道路公団技師、東京大学助教授、東京工業大学教授、京都大学大学院教授を経て現在、東京工業大学名誉教授。工学博士。専攻は景観工学、国土史、地域計画学。手がけた計画設計は太田川環境護岸(土木学会デザイン賞特別賞)、多摩ニュータウン上谷戸橋、羽田エスプラナード(土木学会田中賞)、広島西大橋、古河総合公園(メリナ・メルクーリ国際賞)など。著書に『風景学入門』(サントリー学芸賞、土木学会著作賞)『風景学・実践編』(土木学会出版文化賞)『風景を創る』『研ぎすませ風景感覚』(土木学会出版文化賞)『湿地転生の記』など。

中村 好文(なかむらよしふみ)氏

1948年千葉県生まれ。建築家、家具デザイナー。武蔵野美術大学建築学科卒業。宍道建築設計事務所勤務の後、都立品川職業訓練校木工科で学ぶ。その後、吉村順三設計事務所を経て、「レミングハウス」を設立。主に住宅設計の分野で活躍中。軽妙洒脱なエッセイにも定評がある。現在、日本大学生産工学部教授。1987年「三谷さんの家」で第1回吉岡賞、93年「一連の住宅作品」で第18回吉田五十八賞特別賞受賞。著書に『住宅巡礼』『普段着の住宅術』『住宅読本』『意中の建築』、共著に『普請の顛末』がある。

なだ いなだ氏

1929年東京生まれ。作家・精神科医。慶應義塾大学医学部卒業。フランス留学後、慶應病院、国立療養所久里浜病院などに勤務のかたわら、文筆活動を続ける。近年は日本を変えるために高齢者に何ができるかを考えるヴァーチャル政党「老人党」を立ち上げ、投票による世直しを呼びかけている。また、北鎌倉の景観を後世に伝える活動も続けている。著書に『人間、とりあえず主義』『神、この人間的なもの』『老人党宣言』『こころの底に見えたもの』『こころ医者入門』『ふり返る勇気』など。

灘本 唯人(なだもとただひと)氏

1926年神戸生まれ。イラストレーター。61年早川良雄デザイン事務所に入所、67年にフリーとなり現在に至る。都会的なセンスに溢れる粋な画風で知られるイラスト界の大御所。野球好きの氏は試合結果を早く知りたくて「ケータイ」を購入したが、「デジタル機器とのつき合いは疲れるね」ともらしている。79年講談社出版文化賞、81年ニューヨーク・ジャパン・グラフィックデザイン大賞受賞。93年紫綬褒章受章。東京イラストレーション・ソサエティ代表。

名取 弘文(なとりひろふみ)氏

1945年東京生まれ。早稲田大学文学部卒業。神奈川県藤沢市立の小学校教諭として勤務。途中で家庭科専科になり、地域の人々を巻き込んでの授業、さまざまなゲストを呼んでの公開授業など、ユニークな授業を展開して全国的に注目を集める。現在は「おもしろ学校理事長」を名乗り、各地で出前授業を行っている。著書に『通信簿と評価権』『おもしろ学校の日々』『教師という快楽』『こどものけんり』『ナトセンの脱学校びっくり授業』『悩みのタネ!』『ここまでやったぞ!ナトセン授業』『シネマの子どもに誘われて』など。

ナムーラ ミチヨさん

1948年横浜生まれ。イラストレーター。主に料理書のイラストをこつこつ30年近く描き続けている。2000年『三橋敏雄俳句いろはカルタ』を制作出版。発行所として[書肆まひまひ]を設立(http://www.shoshi-maimai.com/)。ホームページでカルタの紹介と販売を行っている。また、現代俳句の読み方を独自の姿勢で解き明かした小論文「律動する俳句空間」もこのホームページからダウンできる。作品にポエトリー・ドローイング・シリーズ「What's the matter? どうしたの?」「HUG」など。著書に『レストランへつれてって』などがある。「料理、俳句、アート、生きることって?…心と時間を砕いてきたことがらをもとに、面白い絵本を只今自主制作中」とか。

楢橋 朝子(ならはしあさこ)さん

1959年東京生まれ。写真家。早稲田大学第二文学部美術専攻卒業。1990年に自主ギャラリー「03 FOTOS」を開き、「NU・E」の連続展を開催。近年は世界各地の水際を独特の視点でとらえた作品を撮影、国内外で高い評価を得ている。日本写真協会新人賞、写真の会賞、東川賞国内作家賞受賞。写真集に『NU・E』『フニクリフニクラ』『half awake and half asleep in the water』『Ever After』がある。また写真誌「main(マン)」や小冊子「とおすぎてみえたこと」、Webマガジン「03マガジン」など自主出版も多く手掛けている。

成沢 富雄(なりさわとみお)氏

1949年横浜生まれ。ワークショップ研究家。劇団黒テントの中心的なメンバーとして活躍し、退団後は日本における演劇ワークショップの先駆者としてその普及に大きな役割を果たし、演劇—表現行為とコミュニティーの関係や可能性についてさまざまな試みを行っている。他にも世田谷パブリックシアターで「地域の物語ワークショップ」進行役、路上演劇祭Japan実行委員を務めメキシコとの交流を推進するなど、幅広く活躍している。日本大学芸術学部演劇学科講師、埼玉県立芸術総合高校講師、演劇デザインギルド理事長。

西谷 大(にしたにまさる)氏

1959年京都生まれ。熊本大学文学研究科修士課程修了(考古学専攻)。天津師範大学、中山大学人類学系に留学。現在、国立歴史民俗博物館研究部考古学系准教授、総合研究大学院大学文化科学研究科准教授。専門は中国考古学、東アジア人類史。主に中国の人と自然と食の関係について研究を続け、中国・海南島のリー族の村、雲南省紅河ハニ族イ族自治州で棚田や市場などの調査を行っている。著書に『食は異なもの味なもの』『食べ物と自然の秘密』など。

西村 幸夫(にしむらゆきお)氏

1952年福岡市生まれ。東京大学工学部教授。東京大学工学部都市工学科卒業、同大学院修了。東京大学助教授、アジア工科大学助教授(タイ)、MIT客員研究員などを経て現職。専門は都市計画。工学博士。長年、日本各地でまちづくりに関わり、都市デザインの視点から環境や景観保全の問題に取り組んでいる。世界のまちづくりの現状にも詳しい。著書に『歴史を生かしたまちづくり』『町並みまちづくり物語』『アメリカの歴史的環境保全』『環境保全と景観創造』『西村幸夫 都市論ノート』など。編著書に『都市の風景計画』『日本の風景計画』など多数。

西村 良平(にしむらりょうへい)氏

1947年東京生まれ。編集者。広報教育研究所代表。日本エディタースクール講師、実践女子短期大学講師。出版社勤務の後、独立して出版企画・雑誌編集・執筆・映像作品の制作に携わる。著書に『広報・雑誌づくりのらくらく編集術』『広報・雑誌づくりのらくらく文章術』など。

新田 樹(にったたつる)氏

1967年福島生まれ。写真家。東京工芸大学工学部卒業。写真展に「SURUMA」「樹木の相貌」「サハリン」などがある。

荷宮 和子(にみやかずこ)さん

1963年神戸市生まれ。文筆家・女子供文化評論家。神戸大学卒業。少女漫画や宝塚などを通して女性の本音を読み解き、男性中心社会で生じる歪みを鋭く批判している。著書に『宝塚・スターの花園』『宝塚・舞台を彩るスターたち』『アダルトチルドレンと少女漫画』『若者はなぜ怒らなくなったのか』『声に出して読めないネット掲示板』『バリバリのハト派—女子供カルチャー反戦論』『なぜフェミニズムは没落したか』など。

沼倉 奈美(ぬまくらなみ)さん

1998年、仮称・コミュニティFMねむろ設立準備会に参加、24時間デモ放送を実施。翌年、株式会社ねむろ市民ラジオ入社。以来「Namiの土曜はこれから♪」「金曜はこんな感じ」などを担当。若い感性を生かした番組づくりに取り組んでいる。現在アシスタント・プロデューサー。

野上 暁(のがみあきら)氏

1943年長野県生まれ。評論家。中央大学卒業。子ども文化や児童文学についての評論活動を長く続けている。日本ペンクラブ常務理事。著書に『おもちゃと遊び』『ファミコン時代の子どもたち』『ファンタジービジネスのしかけかた』『子ども学 その源流へ—日本人の子ども観はどう変わったか』『越境する児童文学—世紀末からゼロ年代へ』『子ども文化の現代史—遊び・メディア・サブカルチャーの奔流』など。

野中 章弘(のなかあきひろ)氏

1953年兵庫県生まれ。アジアプレス・インターナショナル代表。ジャーナリスト、プロデューサー、立教大学大学院教授、早稲田大学ジャーナリズム教育研究所客員研究員。80年代初頭より、アフガニスタン内戦、中国・朝鮮半島情勢、イラク戦争など第三世界の問題を取材し、新聞、テレビ、雑誌などで発表。第3回「放送人グランプリ特別賞」受賞。共編著書に『沈黙と微笑』『粋と絆』『アジアTV革命』『アジア大道曼陀羅』『ビデオ・ジャーナリズム入門』『メディアが変えるアジア』『アジア新世紀・市場』『論争いまジャーナリスト教育』『ジャーナリズムの可能性』など。

野村 仁(のむらひとし)氏

1945年兵庫県生まれ。現代美術家。京都市立美術大学専攻科修了。現在、京都市立芸術大学名誉教授。1960年代末から写真を用いた表現に取り組み、重力や時間を目に見える形で作品化し注目を集める。さらには眼差しの対象を身近な空間から、宇宙、DNAへと広げ、自然の摂理に内在する美や不思議を、写真、映像、音などを使って表現している。「野村仁:変化する相—時・場・身体」(国立新美術館)、「野村仁:身体/知覚 又は 私を「私」とおもう私」(アートコートギャラリー)など、国内外で個展を開催する。

野村 満弘(のむらみつひろ)氏

1958年根室生まれ。株式会社ねむろ市民ラジオ代表取締役。日本コミュニティ放送協会理事。北海道地区コミュニティ協議会会長。ラジオの親密なコミュニケーション力を地域再生の活力につなぐために奮闘中。

グラフィケーションに関するお問い合わせはこちらから

お問い合わせ

グラフィケーションに関するアンケートはこちらから

アンケート