ホーム > 企業情報 > 刊行物 > 情報セキュリティ報告書 > 情報セキュリティ基本方針

情報セキュリティ基本方針

富士ゼロックスおよび関連会社は、お客様をはじめとしたステークホルダーの皆さまにご安心頂ける企業を目指すため、情報セキュリティの維持・強化を図るとともに、継続的な改善に努めます。

  1. 情報セキュリティの目的

    お客様・お取引先様からお預かりした情報や自社の技術情報をはじめ、重要な情報を、漏えい・改ざん・消失などにつながる様々な脅威から守り、適切に取り扱うことを、情報セキュリティの目的とします。特に、お客様の機密情報および個人情報を扱う場合は、より厳しい管理・運用をすることにより、情報漏えい防止に万全を期します。

  2. 情報セキュリティの運用

    全社統制のもと、法令、契約および社内規程を遵守し、情報セキュリティを適切に管理・運用します。具体的には、リスクアセスメントをもとに各種施策の実施、点検、改善を行うとともに、教育・啓発により、従業者の意識醸成を図ります。

  3. 情報セキュリティ事故の管理

    万一、事故が発生した場合には、被害拡大防止等の初動対応および経営層・関連組織へのエスカレーションを迅速に実施することで、影響を最小限に抑えるとともに再発防止に努めます。

詳しくは富士ゼロックス「情報セキュリティ報告書」をご覧ください。