ホーム > 企業情報 > 技術開発への取り組み > 価値あるコミュニケーションの実現を支援する技術 > 画像認識技術 > 一意識別技術 Yoctrace®

一意識別技術 Yoctrace®

近年、さまざまな模倣品の流通が拡大しており、世界的に大きな問題となっています。また、日本国内においても、偽造商品券や偽造チケット、さらに偽造医薬品などの流通も確認されており、模倣品対策が急務となっています。

高度な画像処理と独自のアルゴリズムにより、
きわめて精度の高い照合を実現、一意識別が可能に。

富士ゼロックスでは、高度な画像処理により物体表面のパターンを識別する、一意識別技術Yoctrace®注1を開発しました。この技術は、工業製品などの物体表面に製造工程で生成されたランダムパターンを画像処理技術で識別し、独自のアルゴリズムによって、きわめて精度の高い照合を実現、一意識別を可能にします。

正規品である工業製品の物体表面のわずかなエリアをスマートフォンやデジタルカメラ、スキャナなどで取り込み、その画像情報を事前にサーバーに登録しておきます。そして、照合したい物体の同じ箇所を撮影し、あらかじめ登録した画像情報と照合させることで、その物体を、一意識別し真贋判定を行います(図1)。

図1:Yoctrace基本構成図

この技術は、画像の特徴点を抽出して照合するのではなく、製造工程で生成された意図的に再現することが難しい、物体固有のランダムパターンをもった画像全体を照合しています。このランダムパターンは、一意識別性が高く、物体固有のIDとして活用でき、きわめて高い精度で照合を行なうことが可能です。あらかじめ登録しておいた画像(登録画像)と、本物であるかを判定するために照合する画像(照合画像)を対比するために、画像そのものを比較する方法を用いています(図2)。

図2:パターン照合イメージ図

画像そのものを比較した結果から、画像の一意識別を判断しているため、精度の高い照合結果を可能にしています。このように、高いセキュリティが要求される商品券などの有価証券やIDカードの偽造防止への利用が可能です。また、物体の画像そのものを識別し、個別のシリアル番号やバーコードなどのタグを付与する必要がなく、タグ付けが難しい錠剤のような小さい物体の識別も可能です。また、高精度な画像照合を実現するためには、物体表面のランダムパターンを高解像度で撮影することが重要になります。そこで、撮影時に物体表面の濃淡や凹凸などの陰影に影響されないように、対象物に応じて、画像読み取り時の解像度やサイズ、さらに照明の方法などを適切な条件に設定しています。これにより、高い精度の照合を実現し、一意識別を可能にします。

ブロックチェーン技術などと組み合わせ、仮想通貨のセキュリティ強化に貢献

今後は、この技術の一意識別可能な特性を活かし、ブロックチェーン技術などと組み合わせ、仮想通貨のセキュリティ強化などにも応用可能です。例えば、仮想通貨において、仮想空間から完全に分離させ紙媒体にQRコード(二次元バーコード)などを印刷することで、安全に保管する方法があります。しかし、この方法では、紙媒体の情報は簡単に複写できるため偽造される懸念があります。真贋判定や一意識別を可能にするこの技術を活用すれば、対象となる紙媒体の一部の画像とQRコードを紐付け登録し、その情報と照合させて、さらに真贋判定を行なうことで高いセキュリティを可能にします。

一意識別技術Yoctraceに関する知的財産および技術ノウハウをご紹介しています。

富士ゼロックスでは、一意識別技術Yoctraceに関する知的財産および技術ノウハウをさまざまな業種・業務のお客様に活用いただくため、一意識別技術Yoctraceを個別にご紹介しています。詳細については、富士ゼロックスお客様相談センターにお問い合わせください。