ホーム > 企業情報 > 技術開発への取り組み > 卓越した商品、ソリューション、サービスを支える技術 > デジタルイメージング技術 > デジタル画像位置制御技術(IReCT)

デジタル画像位置制御技術(IReCT®

高精度な画像補正

IReCT(Image Registration Control Technology)は、カラー複合機やプリンターで2,400dpiの超高精度な画像補正を可能にするデジタル画像位置制御技術です。
ゼログラフィープロセスでは、通常、シアン、マゼンタ、イエロー、ブラックの4色のトナーを重ね合わせることで、カラー画像を再現します。そのため、高画質を達成するには、各色のズレを制御することが重要です。従来、カラーデータの色ズレ補正は、機械的に処理していましたが、カラータンデムエンジンでは、画像書込み装置や感光体が各色に搭載されているため、機械的に補正するには限界がありました。画像処理カラーレジストレーション補正技術「IReCT」では、光センサーで読み取られた画像のズレ情報を高速処理し、イメージデータをデジタル信号のまま、色ごとに2,400dpiという高精度で補正します(図1)。その結果、レジストレーション精度が飛躍的に向上し、色ズレの少ない超高精度なプリント画像を提供することできます。

図1:デジタル補正

図2:IReCT概要図

高精度な表裏見当合わせ

用紙に対するプリント像のズレは、出力物の品質に大きく影響します。そこで、一部のプロダクションプリンターでは、補正量レンジを拡大することで、高精度な表裏見当合わせを実現しました。以下6項目を表裏独立させて設定することで、さまざまな用紙の表裏見当合わせを調整することが可能です(図3)。画像の書き出しのタイミングにより印字位置を調整する「印字位置調整」(1)(2)、倍率補正により出力画像の長さを調整する「倍率調整」(3)(4)、スキュー補正により出力画像の菱形変形や傾きを調整する「直角度調整」(5)、「斜行度調整」(6)があります。

図3:表裏見当合わせ調整項目

周期的色ズレ補正

一部のプロダクションプリンターでは、中間転写ベルトに対する感光体ドラムの回転スピードの変動による周期的な色ズレに対して、感光体ドラムの位相情報検出機能とIReCTを組み合わせることで、周期的な色ズレ補正をページ毎にデジタル補正で行っています(図4)。まず、4色の感光体の位相関係を一定に保つために、それぞれの基準位置に対して感光体の特定部分が通過するタイミングを個別駆動するモーター制御により一定にします。次に、その状態における色ズレ情報を光センサーで読み取り、色間の補正プロファイルを作成します。そして、画像データと感光体の位置情報をもとに、ページ毎に適したデジタル補正を行います。これにより、高精度な色合わせをデジタル補正だけで行うことができます。

図4:IReCT周期的色ずれ補正概要図