ホーム > 企業情報 > 技術開発への取り組み > 卓越した商品、ソリューション、サービスを支える技術 > デジタルイメージング技術 > ホワイトトナー

ホワイトトナー

業界トップクラスの低温定着ホワイトトナーを開発

プロダクションプリンターにおける印刷デザインの幅を拡張し、多彩なメディアへの印字を可能にすることで、出力物の付加価値を高めるホワイトトナーの活用が求められています。ホワイトトナーには、透明フィルムや色紙への白単色プリントだけでなく、カラー画像を印字する際の下敷層を形成できる機能が重要となります。
富士ゼロックスは、EA製法の応用により、業界トップクラスの低温定着性能と高い白色度を両立するホワイトトナーの開発に成功しました。

高い白色度を実現

ホワイト画像は、従来のカラー画像と色の発現原理が異なり、すべての色の光を屈折、または散乱させることで白色を発現します。そのため、高い白色度のホワイト画像を形成するには、高屈折率の白色顔料が画像中に高濃度で均一に分散していることが重要になります(図1)。従来の混練粉砕製法トナーでは、トナー表面に白色顔料が露出することにより、電気漏えいによる帯電不良や、感光体や転写ベルトなどの部材へダメージを与える懸念がありました。そこで、EA製法技術を進化させることにより、高濃度の白色顔料の均一分散を実現し、さらにトナー表面に形成するシェル構造を精密に制御することで、白色顔料の表面露出を制御しました。これにより、ゼログラフィーシステムへの適用を可能にし、オフセット印刷以上の高い白色度を実現しています。(図2)。

業界トップレベルの低温定着性を実現

当社のホワイトトナーには業界トップクラスの低温定着性能を有するSuper EA-Ecoトナーの技術を導入しています。シャープメルトポリエステル樹脂の微分散技術をホワイトトナー用に最適化することで、Super EA-Ecoトナー同等の低温定着性を実現しました。このホワイトトナーとSuper EA-Ecoトナーを導入したIridesse Production Pressでは、6色画像形成システム技術をベースに、業界初の1パスでのホワイト画像とカラー画像の色重ねが可能となりました。これにより、高濃度のホワイト画像の形成はもちろん、高い生産性を維持したままメディアに左右されないカラー画像形成が可能となり、印刷市場で求められる印象的でデザイン性に優れた付加価値の高い画像印刷物をオンデマンドに表現することができます(図3)。