ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
ローカルメニューへ移動します
本文へ移動します

ゼログラフィーの5つのプロセス

プリント

プリントの原理 ゼログラフィーの5つのプロセス カラー複合機内の動き

ゼログラフィーによるプリントのコピー原稿完成例

ゼログラフィーによるプリントの5つのプロセスを、 単純なコピー原稿の例で見ていきましょう。

1.帯電 → 2.露光 → 3.現像 → 4.転写 → 5.定着

1.帯電

高圧電流をかけたワイヤーを用いてマイナスの電荷を帯びたイオンを送り、感光体全体にマイナスの電荷を帯びさせます。

帯電イメージ

2.露光

マイナスの電荷を帯びた感光体に、コピー原稿のイメージに基づいたレーザー光を照射します。光を当てた場所にはプラスの電荷が発生し、マイナスの電荷がなくなります。
こうして感光体上にマイナスの電荷によって描かれたコピー原稿イメージの鏡像ができあがります。

露光イメージ

3.現像

マイナスの電荷を帯びさせたトナーを感光体に近づけます。マイナスの電荷同士で反発しあう性質を利用し、トナーを感光体上のマイナスの電荷が帯びていない場所に付着させます。
こうしてトナーによって描かれたコピー原稿イメージの鏡像が感光体上に現像されます。

現像イメージ

4.転写

プラスの電荷を帯びた紙を感光体に近づけます。プラスの電荷とマイナスの電荷が引き合う性質を利用し、マイナスの電荷を帯びたトナーを紙へ吸着させます。
こうしてトナーによって描かれたコピー原稿のイメージが紙の上に転写されます。

  • 実際の複合機では、転写のためのローラーがあり、紙の裏側から電気的な力を与えて転写しています。

転写イメージ

5.定着

転写された直後のトナーは紙の上に乗っているだけなので、すぐに剥がれてしまいます。そのため、定着ロールで熱と圧力をかけ、トナーを溶かして紙に染み込ませることにより、剥がれないように定着させます。
こうしてコピーが完成します。

定着イメージ

このページのトップへ