ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
ローカルメニューへ移動します
本文へ移動します

Apeos iiX

安方 確 オフィスプロダクト事業本部
システム開発部
岩本 範男 オフィスプロダクト事業本部
コントローラーソフトウェア開発部
佐古 泰史 同上
高岡 聡 同上
高沢 秀幸 オフィスプロダクト事業本部
システム開発部
竹下 芳裕 オフィスプロダクト事業本部
コントローラーソフトウェア開発部
日向野 道夫 サービス技術開発本部
サービスプラットフォーム開発部
樋川 有史 オフィスプロダクト事業本部
コントローラーソフトウェア開発部
道村 唯夫 オフィスプロダクト事業本部
コントローラープラットフォーム開発部

弊社は現在二つのブランドのデジタル複合機(以下MFP;Multi Function Peripheral)を提供している。一つはDocuCentreシリーズであり、もう一つはApeosPortシリーズである。双方のMFPともコピー・ファクス・プリント・スキャンといった機能をもつが、ApeosPortは弊社とお取引頂く高度なネットワーク端末としての機能を要求する顧客層に向けて、言い換えるとMFPを顧客が使用している基幹業務システムの端末として機能させたいという要求に応えるために2005年より導入を開始したMFP である。本稿では、このApeosPortがもつ、ネットワーク上のサービスとMFPを連携させるフレームワーク「Apeos iiX(Apeos Internet Integration framework based on XML)」の目的・概要・特徴および適用事例の紹介をするものである。

XDW(DocuWorks)形式の文書をご覧になるには、DocuWorks Viewer Lightが必要になります。
Docu Works Viewer LightDocuWorks ダウンロードページ

PDFをご覧になるためには、Adobe® Reader®が必要になります。
Get ADOBE® READER®Adobe® Reader®ダウンロードページ  [外部サイト]

目次へ戻る

このページのトップへ