ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
ローカルメニューへ移動します
本文へ移動します

フラッシュ定着カラートナー技術

中村 安成 プロダクションサービス事業本部
IOT開発部
片桐 善道 同上
戸野本 好弘 同上

新聞印刷やService Bureauなどの大量印刷市場向けの超高速フラッシュ定着電子写真システムに適用し、優れた高速印刷特性を発揮するフラッシュ定着カラートナーの技術開発を行った。本カラートナーは高いフラッシュ定着特性と広い色再現性を示す。

フラッシュ定着用トナーは、従来の電子写真システムで一般的に用いられているヒートロール定着器からの熱伝導による接触加熱にて溶融されるのではなく、フラッシュランプから発光される光エネルギーにより自己溶融して定着される。このため、カラートナーには、フラッシュランプの発光強度の強い近赤外領域に、光吸収特性を有する近赤外線吸収剤を添加する必要がある。この吸収剤の吸収スペクトルは比較的ブロードなため780nm以下の可視光をわずかに吸収し、色にごりとなって色再現域を狭めていた。このため、フラッシュ定着用のカラートナーは定着性と色再現性の両立が大きな課題となっていた。

本論文では、トナー吸光効率を最大限アップする目的で、近赤外線吸収剤に対する吸光シミュレーションを行い、吸光効率の高い近赤外線吸収剤の組み合わせを見出した。また、着色剤についてはフラッシュ定着に特有の分解や昇華防止を考慮した高耐熱の材料設計を行った。得られたカラートナーは900ppmを越える超高速印刷評価機にて高い光定着性と広い色再現性が得られることを確認した。

XDW(DocuWorks)形式の文書をご覧になるには、DocuWorks Viewer Lightが必要になります。
Docu Works Viewer LightDocuWorks ダウンロードページ

PDFをご覧になるためには、Adobe® Reader®が必要になります。
Get ADOBE® READER®Adobe® Reader®ダウンロードページ  [外部サイト]

目次へ戻る

このページのトップへ