ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
ローカルメニューへ移動します
本文へ移動します

語彙機能文法に対するGlue意味論に基づいた
日本語解析器の実装

梅基 宏 研究本部 未来ワーク研究所

本論文ではGlue意味論に基づく日本語解析器の実装について述べる。この解析器はいわゆる言語学的に深い解析を行い、テキストの意味的妥当性の検証や冗長性・整合性などの論理的・推論的な関係の検出などに利用できる。特長としては、分野に依存しない設計になっており、ストレージなどの付加的な機構なしに意味的に曖昧な文を処理でき、スコープ付きの高階内包論理式を生成する。本解析器は、英語版の語彙機能文法(LFG)に対するGlue意味解析器を元に構築され、LFGの言語類似性により、比較的少ない構築労力で高い解析カバー率を達成できた。本稿ではこの解析器を概説し、日本語特有の表現である、浮遊量化子の分配読みと累積読み、二重主語構文、副助詞の解析について説明する。また、構文的には対応する英語表現と同一だが意味的に異なる表現である、従属節中の相対時制に関する解析結果を示す。今後は、営業や医療といった分野のドメイン知識と組み合わせたテキストからの知識抽出などに応用することを検討していきたい。

XDW(DocuWorks)形式の文書をご覧になるには、DocuWorks Viewer Lightが必要になります。
Docu Works Viewer LightDocuWorks ダウンロードページ

PDFをご覧になるためには、Adobe® Reader®が必要になります。
Get ADOBE® READER®Adobe® Reader®ダウンロードページ  [外部サイト]

目次へ戻る

このページのトップへ