ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
ローカルメニューへ移動します
本文へ移動します

外装カバー用リン系難燃樹脂の再資源化

前山 龍一郎 技術開発本部
DfEグループ
山中 麻記子 同上
井上 沙耶香 同上
今田 亮 同上
古屋 俊江 技術開発本部
基盤技術開発部
安野 道昭 技術開発本部
DfEグループ

複写機及びプリンターに使用する外装カバーには、リン系難燃剤を配合した樹脂材料が用いられている。また、環境ラベル等で、再資源化した材料の使用割合を高める事が求められている [1]、[2]。リン系難燃剤は、樹脂の劣化を促進しやすいため、これまで材料リサイクルがほとんど進んでいなかった。

循環型社会の構築に貢献する事を狙い、回収樹脂を再資源化する過程で樹脂が特性劣化する事を防止するために、ポリマーの劣化を抑制する材料処方について検討した。その結果、バージン樹脂とは組成が異なる回収樹脂を用いても、バージン樹脂同等以上の物性と成形加工性を得る事ができる要素材料技術を確立した。

XDW(DocuWorks)形式の文書をご覧になるには、DocuWorks Viewer Lightが必要になります。
Docu Works Viewer LightDocuWorks ダウンロードページ

PDFをご覧になるためには、Adobe® Reader®が必要になります。
Get ADOBE® READER®Adobe® Reader®ダウンロードページ  [外部サイト]

目次へ戻る

このページのトップへ