ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
ローカルメニューへ移動します
本文へ移動します

複写機における部品リユース活動およびリユース技術

江波戸 普 生産本部ARM部
上村 恭徳 同上

1995年に「限りなく『廃棄ゼロ』を目指し、資源の再活用を推進する」という方針を掲げ、「資源循環型システム」を構築した。このシステムは「使用済み商品は廃棄物ではなく、貴重な資源である」という考えから、市場に出した商品は徹底的に回収し、回収したら使い切ることを基本にしている。

市場の商品を回収し、リサイクルするシステムが、「富士ゼロックス クローズド・ループ・システム」であり、これを部品リユース設計と部品リユーザブル技術が支えている。部品リユース設計では、長寿命設計/分離設計/分解設計/冗長設計などの各設計法を開発し、「リサイクル設計ガイドライン」として標準化した。

リユーザブル技術は、回収した機械とその構成部品をリユース可能とする技術であり、余寿命保証技術、余寿命判定/選別技術、洗浄技術などの開発を進めてきた。

最近では、リユース設計とリユーザブル技術の効果をさらに引き出すために、使用履歴情報の活用を進めている。また新規資源投入抑制のために、プラスチック材料の再活用技術開発にも取り組んでいる。

XDW(DocuWorks)形式の文書をご覧になるには、DocuWorks Viewer Lightが必要になります。
Docu Works Viewer LightDocuWorks ダウンロードページ

PDFをご覧になるためには、Adobe® Reader®が必要になります。
Get ADOBE® READER®Adobe® Reader®ダウンロードページ  [外部サイト]

目次へ戻る

このページのトップへ