ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
ローカルメニューへ移動します
本文へ移動します

省エネ大賞受賞商品DocuPrint C1100の省エネ技術

酒井 真一 デバイス開発本部 第3デバイス開発部
沖村 直雅 同上
金井 真 デバイス開発本部 マーキングPF開発部
斉木 幹夫 同上
林 博司 コントローラー開発本部 CTPF 第3開発部
小原 丈典 富士ゼロックスエンジニアリング株式会社
エレクトリカル開発部
大江 修一 コントローラー開発本部 CTPF 第3開発部
芳野 一弘 デバイス開発本部
デバイスプラットフォーム開発部

近年、地球温暖化による急激な気候変動が多々報じられ、洞爺湖サミットでも全世界のCO2削減方針が議論されるなど、「環境」についての注目度が一層高まってきている。地球温暖化の原因とされるCO2は、機器そのものを使用するエネルギー消費や機器および使用部品を製造する際のエネルギー消費によって排出される。したがって、機器使用上の省エネ、機器の小型化は、CO2削減の上でメーカーが取り組むべき最大の課題である。富士ゼロックスではこれまで10年以上の長期にわたり、商品への環境対応について取り組んできた。この度弊社は、省エネ・小型化に対応したカラーレーザープリンターDocuPrint C1100(以下DPC1100)を発売し、省エネ大賞を受賞した。これは弊社としては9年連続で受賞商品を提供し続けたこととなり、弊社の環境への取り組みが高く評価されていることを表わしている。ここでは、このDPC1100に採用されている省エネ技術を紹介する。

XDW(DocuWorks)形式の文書をご覧になるには、DocuWorks Viewer Lightが必要になります。
Docu Works Viewer LightDocuWorks ダウンロードページ

PDFをご覧になるためには、Adobe® Reader®が必要になります。
Get ADOBE® READER®Adobe® Reader®ダウンロードページ  [外部サイト]

目次へ戻る

このページのトップへ