ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
ローカルメニューへ移動します
本文へ移動します

プラスチック高速金型一貫システムの技術

萩原 正明 モノ作り技術本部
金型部品技術部
波多江 正明 同上
田中 晃樹 同上
沼内 寿浩 同上
中里 博昭 同上
山川 泰明 同上

『開発生産力/効率』を目指す上での生産準備領域に於ける課題は、如何にTTM短縮へ寄与出来るかである。そこで、開発期間短縮のKeyを、試作および量産の金型部品(特に高難度部品)リードタイムと出来映え品質と捉え、高速金型一貫システム構築を戦略的に実施した。

このシステムは、生産設計から金型設計CAM、加工、型組、測定といった金型製作プロセスを3Dシステムで一貫化することで、高品質・短期金型製作を実現するものである。また、金型製作に必要な、知見/経験/勘といった熟練技術者のノウハウを徹底的に数値化/標準化し、先端IT技術と融合させている。

これにより、熟練技術者の思考プロセスに基づく判断の自動化、不具合の未然検知、定形作業の自動化を図ることが出来た。本稿では高速金型一貫システムを従える標準化/IT化の技術について紹介する。

XDW(DocuWorks)形式の文書をご覧になるには、DocuWorks Viewer Lightが必要になります。
Docu Works Viewer LightDocuWorks ダウンロードページ

PDFをご覧になるためには、Adobe® Reader®が必要になります。
Get ADOBE® READER®Adobe® Reader®ダウンロードページ  [外部サイト]

目次へ戻る

このページのトップへ