ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
ローカルメニューへ移動します
本文へ移動します

ソリューション総論

早田 宏 ソリューション本部 ソリューション開発部
鈴木 孝信 同上

富士ゼロックスは1991年より「The Document Company」という理念を掲げ、人の知が形となった時、それが「ドキュメント」と捉え、ドキュメント技術を応用したソフトウェア商品(DocuWorks、PrintXchange、ArcSuiteなど)を開発してきた。

2000年に入り、ソフトウェア商品とハードウェア商品(複合機/複写機など)を統合することで、お客様の課題解決に様々なソリューションを提供してきた。お客様に提供してきたソリューション案件を分析し、技術の観点で整理すると、(1)基幹連携出力、(2)DC-BPM(Document Centric-Business Process Management)、(3)コンテンツマネジメント、(4)セキュリティー&ネットワークの4つの機能構成パターンに分類できる。現在は、この4つのパターンを基本としモジュールを組み合わせることで、効率的なソリューションの開発を進めている。

本稿では、ここで用いられるソフトウェア技術、ソリューション技術を中心に紹介する。

XDW(DocuWorks)形式の文書をご覧になるには、DocuWorks Viewer Lightが必要になります。
DocuWorks Viewer LightDocuWorks ダウンロードページ

PDFをご覧になるためには、Adobe® Reader®が必要になります。
Get ADOBE® READER®Adobe® Reader®ダウンロードページ  [外部サイト]

目次へ戻る

このページのトップへ