ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
ローカルメニューへ移動します
本文へ移動します

コンテンツマネジメント

山下 哲也 ソリューション本部 ソリューション開発部
大下 洋 同上
高嶋 太郎 同上

本稿では、富士ゼロックスがソリューションを構築するための機能構成を分類した4つのパターンのひとつ、コンテンツマネジメントについて紹介する。

まず、DocuShare、ArcSuite Engineering、Apeos PEMaster Evidence Managerをはじめとする富士ゼロックスが提供するコンテンツマネジメント商品を紹介し、次に、コンテンツマネジメントを取り巻く課題を、ユーザー(文書の増加、コンプライアンス対応、法改正対応)とシステム(エンタープライズ対応、統合化)の双方の視点から整理する。そして、これらの課題を解決するためのコンテンツマネジメントを支える技術について、検索、アクセス権、バージョン管理といった基本的な機能に関する技術から、記録管理、ドキュメントライフサイクル管理(DLM)、デジタル著作権管理(DRM)など最新の機能に関する技術までをわかりやすく説明する。

最後にコンテンツマネジメント領域で富士ゼロックスが実践している活動を簡単に紹介する。

XDW(DocuWorks)形式の文書をご覧になるには、DocuWorks Viewer Lightが必要になります。
DocuWorks Viewer LightDocuWorks ダウンロードページ

PDFをご覧になるためには、Adobe® Reader®が必要になります。
Get ADOBE® READER®Adobe® Reader®ダウンロードページ  [外部サイト]

目次へ戻る

このページのトップへ