ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
ローカルメニューへ移動します
本文へ移動します

診療記録統合管理ソリューション

近年、医療分野におけるIT化は、電子カルテシステムを中心に発展を続けている。電子カルテシステムは、病院内の様々な部門システムと連携して患者情報を閲覧できる。しかし、情報の実体は部門システムに分散し、紙媒体の情報が取込まれない。患者の全記録を対象にした管理や長期に閲覧可能な環境を担保するなど、診療記録を管理するための様々な問題が顕在化している。

この問題を解決するため、大阪大学医学部附属病院 医療情報部が、DACS(Document Archiving and Communication System:診療記録統合管理システム)コンセプトを提唱した。DACSとは、病院内の様々な情報をドキュメント形式にして一元管理することで、診療記録の電子保存に関する要件(真正性、見読性、保存性の担保)を満たし、長期的に診療記録を保管するシステムである。

本稿では、DACSコンセプトの説明とDACSコンセプトに基づき富士ゼロックスが開発した診療記録統合管理ソリューションを紹介する。

島崎 浩 ソリューション本部 ソリューション開発部
伊藤 恵一 ソリューション本部 ソリューション開発部
松永 英樹 ソリューション本部 ソリューション開発部
周 斌 ソリューション本部 ソリューション開発部
丸山 泰弘 ソリューション本部 ソリューション開発部
倉林 則之 ソリューション本部 医療情報開発推進室
大坪 隆信 ソリューション本部 医療情報開発推進室
矢後 友和 ソリューション本部 医療情報開発推進室

DocuWorks文書(.xdw)をご覧になるためには、DocuWorks Viewer Lightが必要になります。

PDFをご覧になるためには、Adobe® Reader®が必要になります。

前のページ

目次へ戻る

このページのトップへ