ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
ローカルメニューへ移動します
本文へ移動します

省エネ性と利便性を両立した「RealGreen」なIH定着技術

今回我々は二つのタイプのIH定着器(急速立上IHと高生産IH)を同時開発した。急速立上IHは世界最速の3秒の急速立ち上げを可能とし、富士ゼロックスが目指す「RealGreen」を実現した。これは薄膜の非磁性発熱層を有した小熱容量IHベルトを他の構成部品に熱伝導させることなく集中して加熱する技術思想により実現できたものである。また本定着器をベースに、温度ドループ制御技術として蓄熱体をベルト内部に設けた高生産IH定着器は、立上げ時間13秒でフルカラー50/白黒55ppmの高生産性を実現した。これら二つのIH定着技術は、カラー複合機ApeosPort-IV / DocuCentre-IVシリーズに挿入されており、平成21年度省エネ大賞(機器・システム部門)において、独自のIH定着技術がきわめて独創的であり、利便性に配慮しながら省エネ性能を向上させた点が評価され、経済産業大臣賞を受賞している。さらに本技術は、地球環境保全への貢献が高く評価され、2010年日経地球環境技術賞の最優秀賞を受賞している。

上原 康博 デバイス開発本部 デバイス開発企画グループ
岩井 清 デバイス開発本部 第一マーキングプラットフォーム開発部
内藤 康隆 デバイス開発本部
次世代マーキングプラットフォーム開発部
馬場 基文 商品開発本部 第三商品開発部
伊藤 和善 デバイス開発本部
次世代マーキングプラットフォーム開発部
為政 博史 画形材開発本部 機能部材開発部
佐藤 満 モノ作り技術本部 自動化・マーキング生産技術部

DocuWorks文書(.xdw)をご覧になるためには、DocuWorks Viewer Lightが必要になります。

PDFをご覧になるためには、Adobe® Reader®が必要になります。

前のページ

目次へ戻る

このページのトップへ