ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
ローカルメニューへ移動します
本文へ移動します

イメージ差分抽出技術

製造、土木・建築などの設計・開発業務おける図面改訂時の検図作業や、マニュアル・パンフレットなどの文書作成・印刷における校正作業では、改訂前後の図面や文書同士を比較し、その変更箇所を抽出する必要があるが、業務効率向上のために、正確に(漏れ無く)かつ短時間に抽出することが求められる。

そこで、紙原稿をスキャンさせ、画像同士を比較することにより、差異箇所を抽出することが考えられる。しかし、自動原稿送り装置(オートドキュメントフィーダー)を用いて紙原稿をスキャンさせると、原稿ごとに傾きや左右上下斜め方向への位置のズレが生じる。そのため、二つのスキャン画像同士を比較する際には、スキャン時に発生する位置ズレを事前に補正しておく必要がある。さらに、複合機や普及型スキャナーなど、特性の異なるスキャナーに共通して対応できる処理が必要である。

本稿では、スキャン画像に対して、その差異箇所を抽出することができる、イメージ差分抽出技術について紹介する。

小山 俊哉 研究技術開発本部 顧客価値デザインセンター
足利 英昭 研究技術開発本部 顧客価値デザインセンター

DocuWorks文書(.xdw)をご覧になるためには、DocuWorks Viewer Lightが必要になります。

PDFをご覧になるためには、Adobe® Reader®が必要になります。

次のページ

目次へ戻る

このページのトップへ