ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
ローカルメニューへ移動します
本文へ移動します

自然言語処理技術による副作用関係抽出

臨床試験を経て認可を受けた医薬品は、製造販売後の使用成績調査が義務づけられている。このような調査はほとんどの場合、医薬品を販売する製薬会社が行うが、医薬品を投与し、患者の様子を報告するのは病院で診療を行う医師である。従って、この市販後調査には製薬会社に大きなコストが発生する。とりわけ、医薬品の副作用に関する項目は、医師の記憶や診療録などを参照して埋める必要があるため、診療行為で多忙な医師にも重い負担がかかる。

本研究では、用語抽出、関係抽出、表記ゆれ解消、辞書拡張など複数の異なる言語処理の要素技術を統合して、医薬品における副作用出現状況の調査を支援するシステムを構築した。このシステムは、退院時サマリーから、副作用に関して記述されている箇所を特定し、さらに、医薬品や副作用症状ごとに集計する機能を備えている。

本稿ではシステム全体の構成と個々の要素技術について解説する。

大熊 智子 研究技術開発本部 コミュニケーション技術研究所
三浦 康秀 研究技術開発本部 コミュニケーション技術研究所
外池 昌嗣 研究技術開発本部 コミュニケーション技術研究所
杉原 大悟 研究技術開発本部 コミュニケーション技術研究所
増市 博 研究技術開発本部 コミュニケーション技術研究所

DocuWorks文書(.xdw)をご覧になるためには、DocuWorks Viewer Lightが必要になります。

PDFをご覧になるためには、Adobe® Reader®が必要になります。

前のページ

次のページ

目次へ戻る

このページのトップへ