企業情報 > 技術開発への取り組み > テクニカルレポート > テクニカルレポート No.23 2014年 > 音声同期スクリーンキャプチャシステムを用いた学生の主体性を引き出す反転授業の試み

音声同期スクリーンキャプチャシステムを用いた学生の主体性を引き出す反転授業の試み

グローバル化の進展やMOOCs(Massively Open Online Courses)により、誰でもいつでもどこでも高度な教育を受けられる環境が普及しつつあり、大学教育を取り巻く環境は大きく変化している。大学教育の価値を高めるためには、大学の場を生かした質の高い教育の提供が求められている。加えて、学生がグローバル社会を生き抜くためには、いかにして主体性を身につけるかが重要な要件となっている。このような課題に対処するため、富士ゼロックスと山梨大学は、教育の質の向上を目指した共同研究を行っている。ここでは、ICT技術を利用した新しい教育スタイルを導入し、他者とのコミュニケーションを通じて知識を深め、自分の考えを表現できる主体的な学生の育成を目指している。本稿では、富士ゼロックスが開発した音声同期スクリーンキャプチャ・ネット配信システムを用いた反転授業/アクティブラーニングの実証実験で、大幅な成績向上が見られたので報告する。

執筆者

  • 田丸 恵理子
    商品開発本部 ヒューマンインターフェイスデザイン開発部
  • 森澤 正之
    山梨大学
  • 日永 龍彦
    山梨大学
  • 永峯 猛志
    研究技術開発本部 インキュベーションセンター
  • 塙 雅典
    山梨大学
  • 安藤 英俊
    山梨大学
  • 平野 敦資
    新規事業開発部 事業開発センター
  • 篠崎 謙吾
    新規事業開発部 事業開発センター

DocuWork文書(.xdw)をご覧になるためには、DocuWorks Viewer Lightが必要になります。

DocuWorks Viewer Lightダウンロードページ

モバイル環境でご覧になる場合は、下記ページからダウンロードしてください。

  • 注記 App Storeは、Apple Inc.が運営するiPhone®、iPad™、iPod touch®向けアプリケーションソフトウェアのダウンロードを行えるサービスの名称です。

PDFをご覧になるためには、Adobe® Reader®が必要になります。

Adobe® Reader®ダウンロードページ