ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します

ページ下部の使用許諾条件を必ずお読みください。

この条件に同意された場合のみ、本ページに登録されているソフトウエアをご利用になれます。


Windows® 95/98/Me
Windows NT® 4.0
Windows® 2000/XP
Microsoft® Windows ServerTM 2003
ネットワークスキャナー ユーティリティ 2 Ver.4.5.1



登録名称 ns451.exe
ネットワークスキャナー ユーティリティ 2
登録日 2004.08.25
VERSION 4.5.1
対象機種
Fuji Xerox

Able 3405/3350/3351/3250(プリンター機能搭載機)
Able 1405/1350/1351/1250/1251(ファクス機能およびプリンター機能搭載機)
Able 3150(プリンター機能搭載機)
Able 3150 FS
DocuCentre 280/230(ファクス機能およびプリンター機能搭載機)
DocuCentre 280CF/230CF(プリンター機能搭載機)
DocuCentre 280FS/230FS
DocuCentre 250/251/350/351/400/401(ファクス機能およびプリンター機能搭載機)
DocuCentre 250CF/251CF/350CF/351CF/400CF/401CF(プリンター機能搭載機)
DocuCentre 250FS/251FS/350FS/351FS/400FS/401FS
DocuCentre 402/352(ファクス機能およびプリンター機能搭載機)
DocuCentre 402CF/352CF(プリンター機能搭載機)
DocuCentre 402FS/352FS
DocuCentre 450/451/550/551/600/601(プリンター機能搭載機)
DocuCentre 450CP/451CP/550CP/551CP/600CP/601CP
DocuCentre 450-MD/451-MD(プリンター機能搭載機)
DocuCentre 450 CP-MD/451 CP-MD
DocuCentre 505/506/605/606/705/706(プリンター機能搭載機)
DocuCentre 505CP/506CP/605CP/606CP/705CP/706CP
DocuCentre 508/507/608/607/708/707(プリンター機能搭載機)
DocuCentre 507-MD(プリンター機能搭載機)
DocuCentre 508CP/507CP/608CP/607CP/708CP/707CP
DocuCentre 559/659/719(プリンター機能搭載機)
DocuCentre f285/f235/a285/a235
DocuColor 1250/1250 CP(Document Gate/Document Gate 2/Document Gate 3搭載機)
DocuCentre Color 500/500 CP(Document Gate 3搭載機)
DocuCentre Color 400 CP/320 CP(ファクス機能またはスキャナー機能搭載機)
DocuCentre Color 240 CP(ファクス機能またはスキャナー機能搭載機)
DocuCentre Color 160 CP(ファクス機能またはスキャナー機能搭載機)
DocuCentre Color f450/f360/f250/a450/a360/a250(ファクス機能またはスキャナー機能搭載機)
DocuScan Color 1950NW
DocuWide 6050MF/6050EC(DocumentGate-Wide搭載機)
DocuWide 6030MF/6030EC(DocumentGate-Wide搭載機)
DocuWide 5070MF/5070EC(DocumentGate-Wide搭載機)

動作環境 日本語Microsoft® Windows® 95
日本語Microsoft® Windows® 98
日本語Microsoft® Windows® Me
日本語Microsoft® Windows NT® 4.0
(Terminal Server Editionには対応しておりません。)
日本語Microsoft® Windows® 2000
(ターミナルサービスには対応しておりません。)
日本語Microsoft® Windows® XP
(リモートデスクトップには対応しておりません。)
日本語Microsoft® Windows ServerTM 2003
FILE形式 自己解凍形式 (DOSのEXE形式)
FILESIZE 2,090,962 バイト
転載条件 転載、再配布、商行為は一切禁止
著作権者 富士ゼロックス株式会社

このページのトップへ



[ソフトウエア紹介]

スキャナードライバーは、スキャナー装置本体の親展ボックスに蓄積されたスキャン画像をWindows®上で稼動するTWAINインターフェイスに対応したアプリケーションに取り込むためのドライバーです。
親展ボックスビューワー2は、親展ボックスを定期的にアクセスし、新規文書の到着を知らせる親展ボックスユーティリティです。

  • 本ドライバーをご使用になる場合には、コンピューターに128MB以上のメモリーを搭載することを推奨します。
  • 本ドライバーをご使用になる場合には、コンピューターに65,000色以上の色を表示できるディスプレイを使用することを推奨します。
  • 本ドライバーのVer.3.6.2以降をCentreWare Flow Serviceにてご利用になる場合は、CentreWare Flow Service 1.1以降をご使用ください。
  • DocuWorks 5.0をご利用になる場合は、スキャナードライバーVer.3.0.4以降をご使用ください。

[DocuWorks 5.0を利用したネットワークスキャン時のエラーメッセージ表示について]

  • ネットワークスキャナーユーティリティとDocuWorks 5.0を連携して、親展ボックスからDocuWorks Deskへスキャン画像を取り込む際、以下のメッセージが表示され、取り込みができない場合があります。

    「TWAIN通信エラーが発生しました。」

    この場合は、ネットワークスキャナーユーティリティ2 Ver.3.0.4以降をインストールしていただくことで、正しく取り込みが行なわれます。

[Adobe® Acrobat® 6.0J を使用して、文書を取得する場合の注意事項]

[パーソナルファイアウォール系ソフトと同時に使用する際の設定方法]

[前バージョンからの変更点]

 [Ver.4.3.0からの変更点]

  • DocuCentre f285/a285/f235/a235シリーズに対応しました。
  • 「文書名または相手先」を選択した場合に、文書名と相手先のいずれを優先してファイル名やフォルダ名に付加するかを、文書タイプによって決定するようにしました。
  • インストール中、稀にPCがフリーズすることがある不具合に対応しました。

[メディアの作成方法]

  1. フォーマット済みのフロッピーを2枚用意します。
  2. ダウンロードしたファイルを解凍します。ファイルは自己解凍形式になっていますので、ダブルクリックなどにより実行することで自動的に解凍します。
  3. 2.で解凍したファイルのうち、[Disk1]フォルダ内のファイルを1.で用意したフロッピー1枚にすべてコピーします。次に[Disk2]フォルダ内の全てのファイルを2枚目のフロッピーにコピーします。
    以上で更新されたドライバーフロッピーが作成されます。
  4. Readme.txtの記述に従い、3.で作成したフロッピーを使用してドライバーをインストールします。はじめに1枚目のフロッピーをセットし、指示にしたがって2枚目のフロッピーをセットしてください。

    注:

    Readme.txtは、解凍したファイルのReadmeフォルダの中にあり、OS毎に異なります。
    Windows® 95/98/Me → Readme9x.txt
    Windows NT® 4.0 → Readme40.txt
    Windows® 2000/XP、
    Windows ServerTM 2003 → Readme2k.txt

[ソフトウエアの履歴]

2004.08.25 Ver.4.5.1
2004.05.14 Ver.4.3.0
2004.03.10 Ver.4.1.2
2004.01.30 Ver.4.0.0
2003.10.15 Ver.3.8.3
2003.08.22 Ver.3.7.1 (README.TXTの更新)
2003.08.11 Ver.3.7.1
2003.06.09 Ver.3.6.3
2003.05.07 Ver.3.6.2
2003.03.31 Ver.3.6.1
2003.02.12 Ver.3.6.0
2003.01.15 Ver.3.5.1
2002.11.29 Ver.3.5.0
2002.11.14 Ver.3.4.2
2002.10.07 Ver.3.3.0
2002.07.26 Ver.3.0.4
2002.07.10 Ver.3.0.2
2002.03.13 Ver.1.3.4op
2001.12.12 Ver.1.3.2

このページのトップへ


ソフトウエアダウンロード

ソフトウエアダウンロード

使用許諾条件に同意し、HTTPでダウンロード

本サービスに登録されているソフトウエア(以下、提供ソフトウエアといいます。)をダウンロードする前に、以下の「使用許諾条件」を必ずお読みください。使用許諾条件に同意された場合のみ、ソフトウエアをダウンロードして使用することができます。

■ 使用許諾条件 ■

  1. 提供ソフトウエアの著作権は、富士ゼロックス株式会社(以下、富士ゼロックスといいます。)ならびに原権利者に帰属します。
  2. 提供ソフトウエアは、各提供ソフトウエアに対応する富士ゼロックス製品を利用する目的で日本国内においてのみ使用することができます。
  3. 提供ソフトウエアを使用するにあたっては、各提供ソフトウエアに関して富士ゼロックスが本サービスで明記する注意制限事項等を遵守してください。
  4. 提供ソフトウエアの全部または一部を修正、改変し、またはリバースエンジニアリング、逆コンパイルあるいは逆アセンブル等により解析することを禁止します。
  5. 提供ソフトウエアを通信回線を利用し頒布すること、フロッピーディスク、磁気テープ等の他の媒体に複製し第三者に譲渡、販売、貸与、使用許諾することを禁止します。
  6. 富士ゼロックス、富士ゼロックスの販売会社、特約店および提供ソフトウエアの原権利者は、提供ソフトウエアを本サービスで明記する注意制限事項等で特定する以外の機器あるいはプログラムと組み合わせること、また提供ソフトウエアを改変することに起因して生じた損害、損失等に関し責任を負うものではありません。
  7. 富士ゼロックス、富士ゼロックスの販売会社、特約店および提供ソフトウエアの原権利者は、提供ソフトウエアに関し何らの保証責任および賠償責任も負うものではありません。

以上

このページのトップへ

ここまで本文

このページのトップへ