富士ゼロックス北海道株式会社 > 企業情報

「2017冬季アジア札幌大会」の運営をサポート札幌市内の地図や会場へのアクセス情報を印刷した多言語表示レンチキュラーシートを提供

英語部分が韓国語・簡体中国語に変化

2017年2月17日

富士ゼロックス北海道株式会社(本社:札幌市、社長:山根 義明)は「2017冬季アジア札幌大会注1」(2月19日(日)~26日(日)に開催)のオフィシャルスポンサー(契約カテゴリー:ドキュメントサービス・複合機)として、アジア各国の選手や観客・観光客、大会関係者などが札幌市内と大会会場をスムーズに移動できるよう、札幌市内の地図や会場へのアクセス情報を印刷した多言語表示レンチキュラーシート注2を提供いたします。

このサービスは富士ゼロックスの企業風土変革活動である「バーチャルハリウッド・プラットフォーム注3」から生まれたサービスで、提供するシートは 1.札幌プリンスホテル周辺地図と 2.札幌駅から各大会会場へのアクセス情報を表示したもの計4種類で、いずれも角度を変えると日本語部分や英語部分が韓国語や簡体中国語に変化します(イメージ図参照)

イメージ図イメージ図

  1. 札幌プリンスホテル周辺地図は、コンビニエンスストアや郵便局などの主要施設が表示され、英語、韓国語、簡体中国語に変化します。同ホテルに宿泊の選手団に計200枚配付します。
  2. 各大会会場へのアクセス情報は、日本語は常時表示、英語が併記されており英語部分が韓国語、簡体中国語に変化するほか、QRコードによって、詳細情報が掲載された各言語のWebサイトへアクセスできます。札幌駅案内所で3種類計3,000枚配付します。

富士ゼロックス北海道は大会運営スタッフ内外の情報共有を促進し、大会の円滑な運営を強力に支援しており、ドキュメント共有を支援するクラウド技術を使ったドキュメントサービス「Working Folder注4」で大会事務局と各競技会場や選手村にある医務室・救護室を連携します。診察記録を「Working Folder」にアップロードすれば、各競技会場医務室・救護室、選手村ホテル、大会事務局などにおいてセキュアな環境で情報共有ができ、選手を搬送する病院の選定や病院での迅速な処置が可能になります。

また、コピーのような手軽さで翻訳を支援する「スキャン翻訳サービス注5」の提供によって大会運営スタッフ内外のコミュニケーションを促進したり、大会マスコットキャラクターのエゾモンを表現したオリジナルネイルアートシールをプレゼントする企画があります。

当社は各種ドキュメントサービスを通じて安全かつ円滑な大会運営をサポートし、成功に貢献するとともに、スポンサー企業や異業種の方々とのコラボレーションにより、大会の盛り上げ支援と新たなビジネスモデルの創出にチャレンジしてまいります。