富士ゼロックス広島 > 企業情報 >地域貢献

地域貢献

弊社では地域貢献として、様々な活動をしております。

外国人旅行者向け観光案内所 - Tourist Information Center

English
Tourist Information Center Map
開館時間:
   平日 9:30~17:00 (11:50~12:50閉館)
   土曜・日曜・祝日 閉館
電話番号:
   082-568-6300(代表)
住所:
   〒732-0827
   広島市南区稲荷町2-16
   広島稲荷町第一生命ビル1F
アクセス:
   市内路面電車『稲荷町』電停下車徒歩1分
   広島駅から徒歩15分
設備・サービス:
   ・広島観光マップ・パンフレット(各種言語版)
   ・公衆無線LAN(無料)
   ・インターネット接続PC(使用料無料)
   ・対応者 - 常時1名(英語対応可)

 弊社ショウルームの一角を、外国人旅行者向け観光案内所(Tourist Information Center)として開放しています。

 弊社創立30周年を記念した地域貢献の場として2010年7月20日に開館しました。

 広島駅から紙屋町・平和公園へ向かう動線上にあるという立地を活かし、2016年7月6日現在、50を超える国と地域から約1,500人の来館者をお迎えしています。

担当者より

 一民間企業として自分達にできることで広島にお返しを、との思いから始まった弊社観光案内所は、 外国人旅行者の皆様はもちろん、県外からお越しの日本人旅行者の皆様、そして「海外・県外の知人に 広島を案内したい」という地域の皆様、多くの方々にご利用いただいています。

 広島にお越しくださった皆様に充実した時間を過ごしていただき、良い思い出を持ち帰っていただく、 この場所がそのお役に少しでも立てましたら幸いです。どうぞお気軽にお立ち寄りください。

トラベルパル・インターナショナル

TRAVELPAL

 広島市は、広島市を訪れる外国人旅行者の満足度の向上を図り、"広島ならでは"のおもてなしを体感いただけるよう、2012年12月に外国人旅行者向け街角観光案内所「トラベルパル・インターナショナル」を開設するとともに、各案内所間のネットワーク化を目指す「トラベルパル・インターナショナルネットワーク推進協議会」を設立されました。

 弊社「 Tourist Information Center 」も広島市より「トラベルパル・インターナショナル」として認定いただいております。

ひろしまナビゲーター - 外国人旅行者向け街角観光案内所「トラベルパル・インターナショナル」

来館者数

1,500th visitor! Congratulations!

 富士ゼロックス広島 Tourist Information Centerでは、2016年7月6日、開館以来1,500人目の来館者をお迎えしました。

 記念すべき1,500人目となった英国マンチェスターからのご旅行者お二人に、当所より宮島しゃもじストラップなどの記念品をプレゼントさせていただきました。

 休暇を利用しての初めての日本観光で、富士登山も楽しまれたというお二人は、記念写真撮影に元気に応じてくださいました。

あいサポート運動

広げよう!愛サポート運動

 広島県では、障害の有無にかかわらず、誰もが暮らしやすい共生社会を実現するため、2011年10月から「あいサポート運動」を推進しています。

 「あいサポート運動」は、県民の皆さんに、

   1. 障害の内容・特性
   2. 障害のある方が困っていること
   3. 配慮の仕方やちょっとした手助けの方法

などを知っていただき、実践していただくことを目的にしています。

 広島県は「あいサポート運動」に取り組む企業を募集し、弊社も2013年3月19日(火曜日)広島県庁にて認定式が行われ、湯崎知事より認定証を授与いただきました。

広島県ホームページ - 「あいサポート運動」の実施について

くるみん

くるみん

 富士ゼロックス広島は、従業員が、男女を問わず仕事と育児および家庭生活とのバランスをとりながら、安心して仕事に取組み、その能力を十分に発揮できる職場環境の整備を目標とする2年6か月間の一般事業主行動計画を策定し、取組を推進してまいりました。

 この度、行動計画に定めた目標を達成し、その他の認定基準を満たしたことから、次世代育成支援対策推進法第13条に基づき、2013年10月、「子育てサポート企業」として厚生労働大臣の認定(くるみんマークの認定)を受けました。

富士ゼロックス広島株式会社 次世代育成支援対策推進法に基づく行動計画

計画期間:

   2015年4月1日~2020年3月31日

計画内容:

   ・従業員の育児参加を支援するため、諸制度の周知を行う
   ・働き方の見直しを通して、所定外労働時間の削減に取り組む

くるみんマーク・プラチナくるみんマークについて(厚生労働省ホームーページ)
広島労働局管内くるみんマーク認定企業名一覧(厚生労働省ホームーページ)

献血サポーター

献血サポーター

 富士ゼロックス広島は、社会貢献活動の一環として「献血サポーター」*1へ参加しています。

 今年も、9月29日に本社のある広島稲荷町第一生命ビルにて日本赤十字社の献血バスによる献血を実施しました。

*1 【献血サポーター】 医療に必要な血液を献血によって安定的に確保するために、献血に積極的に協力している企業・団体のことを「献血サポーター」と言います。

緑の募金

 富士ゼロックス広島および、富士ゼロックス広島の社員で構成されている「 富士ゼロックス広島エコセーブシステム*1 」は2016年3月24日、 公益社団法人広島県みどり推進機構*2 」の「緑の募金」への寄付を13年連続で行いました。

 弊社では「地球環境の保全活動の推進」、「地域社会への貢献」を合言葉に、環境保護推進活動を行っています。

 「緑の募金」は、豊かで住みよい故郷「ひろしま」とするために「地域住民による森づくり」、「学校や身近な公共施設の緑化」、「緑の少年団育成」などの活動に役立てるほか、東日本大震災復興事業の支援に使われています。

*1 【富士ゼロックス広島エコセーブシステム】
弊社社員による環境活動サークルで「身近な自然を大切に」を合言葉に、植林や自然観察会、自然環境保護推進団体への寄付などのさまざまな活動をしています。

*2 【公益社団法人 広島県みどり推進機構】
「緑の募金」として寄せられた寄付金により、「みどり」の多様な機能についての普及啓発活動と「県民参加のみどりづくり」を行っています。

公益社団法人 広島県みどり推進機構ホームページ

インターンシップ

 2016年8月25日(木)から8月31日(木)までの5日間、5大学10名の学生をインターンシップで受け入れいたしました。

 インターンシップでは、様々な実務体験を中心とし、社会人との交流に重点を置いた研修となるよう計画をしています。今回はお客様先へ営業担当者やカストマーエンジニアと同行実施やテレフォンセンターでの電話業務体験を行いました。

 また、社長・若手社員との対話の機会を設け、社会人として必要な能力や姿勢、就職への意識を醸成する場としています。

 短い期間ですが、学生の方々が充実した就業体験を得られるよう、多くの社員が「かかわり」を持つようにしています。また、弊社にとっても、学生への支援を通じて新たな気づき、私たちへの評価を得る機会といった相乗効果もあります。

 今後も社会貢献活動の一環として、学生に就業体験を通じて社会や企業に対する理解を深めていただけるよう、継続してインターンシップを実施していきたいと考えております。

ウインターインターンシップ

 2016年2月17日(水)から2月19日(金)までの3日間、4大学12名の学生をウインターインターンシップで受け入れいたしました。

夏に実施するインターンシップとは少し趣を変えて

   ・富士ゼロックスおよび関連・販売会社が社会に提供してきた価値を考える
   ・富士ゼロックスおよび関連・販売会社の歴史、そして未来を知る
   ・ドキュメント&コミュニケーションの本質を知る
   ・BtoBにおけるソリューションを体感する

など、ワークショップや実習を通じてより富士ゼロックスグループを理解して頂く場を学生の皆様に提供しております。また社会人として必要な能力や姿勢、今後の就職活動への意識を醸成する場としても、学生の皆さんにご参加頂く事を期待しております。

スペシャルオリンピックス

「スペシャルオリンピックス日本 全国バスケットボール大会in広島」ボランティア参加!

 2015年9月18日(金)から20日(日)の3日間、広島サンプラザにて「2015年 第2回 スペシャルオリンピックス日本 全国バスケットボール大会」が開催され、弊社社員もボランティアとして参加しました。

【NPO法人スペシャルオリンピックス日本・広島】
広島市を含む県下6市で、知的障がいのある方々に、日常的にスポーツのプログラムとその発表の場である競技会を提供し、17年活動している団体です。

NPO法人スペシャルオリンピックス・日本 広島 ホームページ

障がい者就労支援施設様とのコラボ活動

『ふたば楽しいカレンダー2015』原画展

 富士ゼロックス広島 Tourist Information Centerでは、地域社会へより一層の貢献ができる場を目指し、2015年より、地域の方々の創作活動を紹介するミニギャラリーを設置しています。

 昨年たくさんのご来館者の目を楽しませた「『ふたば楽しいカレンダー2015』原画展」に続き、本年も、「NPO法人ふたば 就労継続支援B型*1事業所ふたば」で働く方々が新しく制作されたカレンダー原画、計14点を展示しています。

 1月22日、作品を制作された皆さんが揃って展示会へお越しくださり、2回目とあって打ち解けた雰囲気の中、見学や記念撮影を楽しまれました。  また、当所では、ふたば様から購入した「2016年ふたば楽しいカレンダー」を、ご来館者のうちご希望の方々へプレゼントしています。千羽鶴再生紙でできたカレンダーが、広島からヨーロッパや南米へと旅立っています。

 弊社へお越しの際には、「『2016年ふたば楽しいカレンダー』原画展」をぜひご鑑賞ください。

*1 【就労継続支援B型】
通常の事業所に雇用されることが困難な就労経験のある障害のある方に対し、生産活動などの機会の提供、知識および能力の向上のために必要な訓練などを行うサービスです。(独立行政法人福祉医療機構 HPより抜粋)

各種イベントへの協賛

リアル桃鉄

 2016年10月1日(土)から2日(日)までの2日間で行われた「リアル桃太郎電鉄あきの広島編 ~ぶちぶち!ノリ乗り!クイズの旅~」に協賛いたしました。

 コンピュータゲーム「桃太郎電鉄」を広島市内電車で再現する参加型イベントで、スマートフォンの専用サイトに表示されるサイコロの出た目の数だけ電停を進むすごろく形式でゲームが進行します。

 当社は稲荷町電停のチェックポイントとして「Tourist Information Center」を開放し、クイズやアトラクションなどを行いました。

 イベントは「一般の部」だけでなく「婚活の部」として広島県「こいのわPROJECT」の一環として開催されました。