ホーム > 商品情報 > デジタル複合機のセキュリティー対策 > ファクスの誤送信抑止

ファクスの誤送信抑止

ファクスの宛先間違いによる誤送信を防止する多彩な機能

FASEC 1マーク

ファクスの宛先間違いは、誰もが起こしうるミスである一方、取り返しのつかない重大な事態に発展しかねません。そこで、確認のために宛先を2度入力させる「宛先再入力」や、以前送信した相手先をリストから選択し送信する「手動リダイヤル」など、誤送信抑止に貢献する機能を充実させました。ビジネス用途向けファクスのセキュリティー機能のガイドライン「FASEC 1注1」に適合しています。

ファクスの宛先間違いによる誤送信を防止する多彩な機能