ホーム > 商品情報 > デジタル複合機のセキュリティー対策 > 紙からの情報漏えい抑止

紙からの情報漏えい抑止

アノテーション

コピー時に、「禁複写」などのスタンプをつけて書類の重要性を知らせることができます。

アノテーション

複製管理出力(隠し文字印刷注1

管理番号や隠し文字を背景に印刷して、コピーすると文字が浮かび上がるように出力できます。不正コピーによる情報漏えいの抑止に役立ちます。

複製管理出力(隠し文字印刷)

ペーパーセキュリティー注1 注2

コピーやプリント時、複製制限コードやジョブ情報などのデジタルコードの埋め込み 注3を都度指定できます。これにより複製そのものの抑止や、出力履歴の分析が可能に。また、管理者により、デジタルコードを強制的に埋め込むように設定することもできます。

紙文書そのものにセキュリティー機能を付与し、不正コピーを防止

ペーパーセキュリティー

セキュリティープリント

第三者に見られたくない文書、機密書類などを出力する場合に、出力データを本体内に一時蓄積し、パスワード入力で出力を開始させることができます。

「無償のツールPrint Driver Customization Toolを使うことで、プリンタードライバーの設定をセキュリティープリントに固定することも可能です。

プライベートプリント注1

プリントジョブを強制的に複合機の記憶装置に蓄積、認証後に出力します。これにより放置プリントやミスプリントを抑止。さらに出力の際、部数や両面/片面、カラーモードを白黒にするなど、印刷設定の変更も可能に。ミスやムダを抑え、TCO削減に貢献します。

プリントジョブを複合機ん蓄積し、ユーザー認証後にジョブを選択して出力。利便性が向上。

プリント禁止時間帯

設定した時間帯でのプリントを禁止させる設定ができますので、オフィスに誰もいないときの放置プリント/ファクスを防止することができます。

強制アノテーション

コピーやプリント、ファクス受信文書に、強制的にユーザーIDや出力年月日時などを印字します。「いつ」「誰が」出力したかを容易に確認できるほか、4パターンあるレイアウトテンプレートをジョブごとに関連付けて設定可能。本体機能のみで利用できるため、簡単・手軽に、紙文書の適切な取り扱いを促します。

ジョブログ識別子UUID注1印字

コピーやプリント、ファクスの出力文書に、文書固有の識別子「UUID」を印字します。これにより文書の検索・特定に対応。「いつ」「誰が 注2」「どのような処理をしたか」を確認でき、万一の情報漏えい時のユーザー特定に役立ちます。