ホーム > 商品情報 > デジタル複合機のセキュリティー対策 > 複合機の利用者制限

複合機の利用者制限

認証機能

認証機能を運用することにより複合機の使用を許されていないユーザーの操作や不正なアクセスを抑止。ジョブ履歴からユーザーごとの利用実績の集計も可能です。

IC Card Gate 3 / 本体内蔵ICカードリーダー

本体内蔵ICカードリーダー

複合機に、ICカードリーダーをプラスするだけで、ICカードによる認証機能を実現します。出力機器の利用制限をはじめ、さまざまな機能と連動。ドキュメントのセキュリティー管理強化と利便性の向上を両立します。

ICカードリーダーは、読み取りフォーマットに応じた2種類のIC Card Gate 3、もしくは本体内蔵ICカードリーダーの合わせて3タイプからお選びいただけます。

外部サーバー認証

ICカードの情報をActive Directory®やLDAP注1サーバーに属性情報として登録することで、サーバーが管理するユーザー情報を複合機やプリンターの利用時のユーザー認証に活用することができます。

万が一ICカードを忘れた場合は、ユーザーIDとパスワードの入力で利用可能。ネットワーク上の多様なリソースをActive Directory®で管理するお客様においては、出力機器も同様に一元管理が行え、管理の手間を軽減します。

複合機とソフトウェア活用によるドキュメントセキュリティー

複合機・プリンターとドキュメントの運用を管理する統合ソフトウェア「ApeosWare Management Suite」との連携により、総合的にセキュリティー環境を構築できます。

詳しくは、下記ページをご覧ください。